休日が少ないと疲弊しやすい!?休みの少ない会社から脱出する方法

休みが少ない企業で働くと年齢を重ねるごとにつらくなってきますよね。

若いうちは、キャリアやスキルを伸ばす意味もあってバリバリ働く!と前向きにとらえることもできますが、子どもが産まれてプライベートの時間がもっと欲しかったり、体力が衰えて休みがもっと欲しいと考えるようになります。

この記事では、休みが少ない会社に勤めている人が休みを増やすにはどうすればいいのかを解説します。仕事ばかりの人生にならないように、休みをしっかりとってプライベートを充実させてください。

会社の休日をいまよりも増やすためには、転職をするしか解決策はありません。

あなたの会社の休みは他の会社と比べて多い?

あなたの会社は、どのくらいの日数が休みとして設定されていますか? もし完全週休二日制よりも休日が少ない会社に勤めており「休みが少ない」と感じているのであれば、転職活動を進めたほうがいいでしょう。

まだ転職までは…と考えていても転職サイトを眺めて休みの多い会社を探したり、他の会社では自分のスキルは通用するのかチェックするだけでも意識が変わってきます。

・週休一日制
・隔週休二日制

上記2点の休日形態は、よく「休みが少ない」とイメージされるものです。さすがに、週休一日制の会社は、見かけにくくなりましたが店舗や自動車販売業などでは業界的にみな週休一日制をとっている会社もまだあるようです。

現時点で、休日に不満もなく、充実した社会人生活を送れているのであれば、問題はないでしょう。ただ「今の会社は休みが少なくて、早く脱出したい」と考えているのであれば、完全週休二日制の会社を目指して転職活動をすることをおすすめします。

今の会社に、「休みが多くなること」を求めるのは無駄

「今の会社の休みが多くなる」ということに、期待してはいけません。もちろん、社長に「休みを多くしてほしいこと」を、頼むことはできるかもしれません。しかし、まず「今の会社の休みが多くなることはない」といっても過言ではありません。

おそらく、多くの休みが少ない会社は、ギリギリの人材で経営を行っているのではないでしょうか。そして、このようにギリギリの人材で経営を行っている場合、社員の休みを多く設けてしまっては、経営が成り立たなくなってしまうことになりかねません。

・休みが少ない会社→ギリギリの人材で経営を行っている
社員の休みを多くすると、経営が成り立たない→休みが多くなることは期待できない

ということです。したがって「今の会社に休みが多くなることを求める」ということは期待できないのです。

休みを解決するには、転職しかない!

「今の会社に休みが多くなることを求める」ということは無理だとわかりました。だからこそ「休みが少ない会社から脱出したい」と考えるのなら、転職をすべきなのです。

もちろん、自分に自信があるのなら、独立や開業するのもいいのかもしれません。しかし、やはり「休みが少ない会社から脱出したい」と考えた場合、多くの人は転職が一番の選択肢になるはずです。

休みが少ない会社から脱出するには?

・独立…自信があるのなら、独立をすることで、休みが多い状態で働くことができる
・転職…多くの人は転職が一番の選択肢になるはず

実際に「休みが多い会社で働きたいです」という相談を受けることは、たくさんあります。そして、ほとんどの人が、「休みが多い会社への転職」を目指して、転職活動を進めています。積極的に行動をするとともに、正しい転職活動を行えた人は、けっこう「休みが多い会社への転職」に成功しています。

休みが少ない会社のデメリット

では実際に休みが少ないとどのような問題があるのでしょうか?

・疲労がたまりやすい
・歳を重ねるに連れて、体力を合わせるのが難しくなってゆく
・プライベートの時間を確保しにくい
・会社側に余裕がない場合が多く、酷使されやすい

などが、休みが少ない会社のデメリットの、代表的な例です。これらのデメリットは、休みの多い会社に転職することで、解決できる場合があります。特に、「歳を重ねるに連れて、体力を合わせるのが難しくなってゆく」という点は、厄介なことです。

歳を重ねるに連れて、転職が難しくなることも考えられますからね。今現在は体力に問題がない人も「今後40代50代になっても、今の会社で働いてゆけるのか」という点を考えてもらいたいものです。

休みが多い会社のメリット

・疲労を感じにくい
・歳を重ねても、問題なく働くことができる
・プライベートの時間を確保しやすい
・経営状況に余裕のある会社である可能性が高い
・家庭を大事にできる

というのが、休みが多い会社のメリットの、代表的な例です。特に、「経営状況に余裕のある会社である可能性が高い」という点は大きいのではないでしょうか。特に、「歳を重ねても、問題なく働くことができるという点」は、将来への安心につながるため、休みが多い会社に勤めるがゆえの大きな恩恵であるのではないでしょうか。 

完全週休二日制の会社に勤めると世界が変わる?

例えば、Aさんは現在のところ隔週休二日制の会社に勤めており、休みの少なさが不満で、休みが多い会社への転職を考えているとします。そんなとき、Aさんが完全週休二日制の会社に転職をしたら、世界が変わる可能性も大いにあります。

・隔週休二日制…4週6休
・完全週休二日制…4週8休

確かに、隔週休二日制は4週6休、完全週休二日制は4週8休と、4週間で比べてみると、2日しか休日日数は変わりません。しかし、完全週休二日制は1週間に必ず2日の休みがあるのに対し、隔週休二日制は1日しか休みがない週があります。

・週休二日制…1日しか休みがない週がある
・完全週休二日制…1週間に必ず2日の休みがある

このように比べてみると、いかに完全週休二日制が恵まれた状況であるのかということが、わかるのではないでしょうか。

休みが多い会社は、競争率が高い?

・A社=週休一日制
・B社=隔週休二日制
・C社=完全週休二日制

上記3社(A社・B社・C社)を比べてみてください。もちろん、休日以外にも、さまざまな要素が、競争率の要因になります。しかし、仮に休日のみで比べた場合、C社に人気が集まることはいうまでもありません。

「休みが多い会社は、競争率が高くなりやすい」と考えることもできます。ただ、世の中には、それ以上に完全週休二日制の求人がたくさん出ているので心配はありません。時間があるときに、ハローワークで求人検索をしてみてください。

きっと、「完全週休二日制の求人はすごく多い」ということに気付くことができるはずです。確かに、休みが多い会社は、競争率が高くなるかもしれません。しかし、休みが多い会社はたくさんあるわけですから、「休みが多い会社に入社するチャンス」は大きくあるのです。

休みが多くても、残業が多い会社は懸念したい

ただ、転職活動において求人票を見るときに、「休み」ばかりに着目をしてはいけません。いくら、休みが多い会社であるとしても、残業も多かったらあまり意味がないでしょう。そのため、「休みが多いこと」に加えて「問題なくこなせる程度の残業時間」をクリアしている求人に応募をすることが大切です。

また、業種・職種はもちろんのこと、給料や退職金制度など、さまざまな角度から求人票を確認してもらいたいものです。せっかく、転職を考えているわけですから、「より素晴らしい会社」への転職を目指してくださいね。

まとめ

今の会社に勤め続けても、「会社の休みが多くなる」ということは考えられないでしょう。そのため、「今の会社は休みが少なくて、早く脱出したい」と考えているのであれば、完全週休二日制の会社を目指して、転職活動を行うことをおすすめします。

やはり、完全週休二日制の会社に勤めると、さまざまな恩恵を受けられるため、毎日の充実度が変わるものですよ。確かに、完全週休二日制の求人は、とても人気です。しかし、意外なほどに、完全週休二日制の求人は多く存在します。

「転職しても変わらない」「どこも同じだよ」と嘆く前に、積極的に正しい転職活動を行えば「休みが多い会社」への転職のチャンスが大きく広がります。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする