仕事を辞めたい女性はとりあえず辞めてしまうより転職した方がいい理由

「今の仕事がきついな」「仕事を辞めようかな…」と考えたとき、とりあえず仕事を辞めてのんびりしようかな?後のことは少しゆっくりして考えよう…と思いますよね。

しかし、女性の場合は特に「とりあえず辞職」よりもしっかり転職した方があとあとのメリットが大きいのです。

この記事では、女性が会社をやめたいときに会社を辞めてしまうよりも、転職をした方がメリットが大きい理由について説明します。

安易に辞職してしまって後悔することがないように覚えておいてください。

仕事を辞めたい女性は転職した方がいい理由

女性が仕事を辞めたいと考えたとき、その理由のほとんどはプライベートを重視したいということです。例えば、結婚して家事や子育てに集中したいとか、現在の仕事では、独身でも忙しすぎてデートの時間、婚活する時間が取れないので、婚期が遅れそうなため仕事を辞めたいという理由が多いのです。

プライベートと仕事は両立可能

もしあなたが、このようなプライベートを充実させるという理由で仕事を辞めるなら、もったいないことになります。なぜなら、プライベートと仕事を十分に両立させられるという求人は幾つもあるからです。

それに、いったん仕事を辞めてしまうと、キャリアに空白が出来るので、再び働き始めるときに不利になってしまいます。反対に、プライベートの時間がきちんと取れる仕事へ転職するならキャリアは途切れませんし、さらに今までの経験を無駄にすることなく実績を積んでいけるでしょう。

最近では、働き方の改革が叫ばれているので多くの企業が残業時間を減らしたり、休暇の取得をしやすいシステムを採用しています。「仕事はどこに入社しても同じで忙しい」と諦めずに、プライベートを優先できる仕事を探してみてください。

女性が早く転職するメリットとは?

今すぐ転職活動をすることが可能であれば、女性の転職活動は早めに行なった方が有利です。特に20代前半での転職だと、企業は第二新卒と見なしてくれ、中途採用とはいえ、それほどキャリアを重視せずポテンシャルを見てくれるので内定がでやすくなります。

第二新卒は完全に新卒ではありませんが新卒に準ずる人とされ、大学卒業後3年くらいまでとされています。

女性の第二新卒は人気が高い

一度企業に入社してから転職する第二新卒は、企業の中では人気の人材です。なぜなら最初の就職先で、既にビジネスマナーなどの研修を受けているため、ある程度の社会人としての常識を身につけているとみなされるためです。

企業としては、学生から社会人へと変わるための研修の費用を浮かせられますし、まだ若いので年収もそれほど高くなく、これからの会社を担ってくれる人材と会社は見てくれるのです。

30代女性の転職は経験が大事

30代に入ってから転職をすると、企業としても即戦力を必要とするため、経験者を採用したい企業に転職先が絞られます。

これが、20代であれば、未経験の分野でも採用される確率が高いので積極的に転職していっていいでしょう。そういう意味でも、新しい業種、職種にトライしてみたいときには、20代のうちの転職を考えてください。

女性が転職を成功させる方法

女性が転職を成功させるには、どんな方法を覚えておくと良いでしょうか。以下のようなポイントが女性が転職を成功させるために大事なことです。

 ・将来設計をしっかり持っておく
 ・優先順位を明確にする
 ・徹底したリサーチをする
 ・自分のアピールポイントを知っておく

将来設計をしっかり持っておくとスムーズに転職しやすい

転職を成功させている人の多くは自分の将来設計がきちんとできています。結婚をせずに仕事でキャリアを積んでいくのか、結婚も視野に入れて家庭と仕事を両立するのかをしっかりと決めておくことが大切です。

もし結婚を考えていないなら、選ぶ企業は、多少のハードワークがあっても問題ないでしょう。しかし、結婚を視野に入れているなら、プライベートの時間を取りやすかったり、育児に対して支援制度が充実しているといった柔軟性のある企業を選ぶ必要があります。

優先順位を明確にすると仕事選びもラクになる

家族との時間を優先するのか、年収を優先するのかによっても、転職の成功率は変わってきます。自分の中で何を優先するのかをよく考え、どれを優先するのかの方針が決まっていると転職先を絞り込みやすくなります。

家族を優先するなら、できるだけ通勤しやすい自宅から近い企業が良いですし、年収を優先するなら、多少の時間的な犠牲はやむを得ないでしょう。仕事が決まった後でも、仕事と家庭の優先順位が定まっていると、会社の期待と自分の現状とのズレがなくなるためストレス無く働けます。

転職するなら徹底したリサーチをする

入社する会社のリサーチを徹底的にしていると、入社してから「こんなはずではなかった!?」という理想と現実のギャップが少なく、ストレスがなく長く働き続けられます。

特に、求職票だけで企業を判断してしまうと思っていたのと違うことが多く、せっかく転職できたのに、また一から転職活動をしなくてはならないということにもなりかねません。

リサーチする方法としては、企業のホームページを調べる、口コミを調べる、面接で疑問をあいまいにしておかない、転職エージェントに確認するなどの方法があります。

企業を調査して、自分の中でどのように働くかイメージができます。その結果として、スムーズに仕事ができるので経験や実績を着実に積めてキャリアアップをしていく可能性が開かれます。

自分のアピールポイントを知っておく

また、自分自身をよく分析して、アピールポイントをきちんと理解していると、転職を成功させやすいでしょう。履歴書でも自己アピールがしやすいですし、面接でも無駄なく自分のことを相手に知ってもらえます。

アピールポイントが分かっていないと、ポイントが曖昧な履歴書になったり、説得力の無い面接でのプレゼンテーションになってしまったりします。

女性が転職すべきタイミングは?

女性が転職すべきベストのタイミングは、27歳と言われています。なぜならある程度社会に出て経験が溜まっている上に結婚して退職するまで、まだ時間があると企業側は考えてくれるからです。

30歳前半~中頃だと、採用したとしても仕事を覚える前に結婚や出産で退社してしまうとか、婚活や妊活などで仕事に集中してもらえないと考えられてしまうこともあります。27歳前後は、女性が一番働ける時とも言われています。女性の雇用を支援する助成金の仕組みなどがありますので、女性の転職は成功しやすくなっています。

そう考えると女性の転職適齢期というのは、とても短い期間です。バリバリと働けるときに転職をして、スキルやキャリアを積んで年収を上げていきましょう。

転職のために使ってみたい求人媒体

女性が転職をするときに役立つのが、転職サイトや転職エージェントです。

スマートフォンで簡単に求人情報が探せますし、自分のプロフィールを入力すると、自分に合った求人をおすすめしてくれるサイトもあります。

転職エージェントは、案件の紹介だけでは無く、模擬試験のサポートまでしてくれます。効率的に転職活動をしたいときには、転職サイトや転職エージェントが大いに役立ちます。仕事を辞めたい女性は、すぐに仕事を辞めるのでは無くて、転職の可能性が無いかどうかまず考えましょう。

転職して良かったと感じている人が多いので、先ずは自分の希望にかなう転職先が無いかリサーチしてみて下さい。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする