ホワイト企業に勤めているけど辞めて転職しても大丈夫?

自分の会社はブラックか?ホワイトか?内部にいるとそれを判断するのは難しいかもしれませんが、残業が少なく休日や給与が人並みにあればホワイト企業といえるのではないでしょうか。

さて、ホワイト企業に勤めているというだけでとても恵まれているといえるでしょう。しかし、たとえホワイト企業に勤めているとしても、仕事は待遇だけではありません。中には「辞めたい」と考える人もいるでしょう。

そこで、この記事では「ホワイト企業を辞めたい」と思っている人に向けて、「本当に退職すべきか」「辞めないで会社に残るべきか」という点を考えたいと思います。

なぜホワイト企業を退職したいのか

一時的に仕事でいやなことがあって、感情に身を任せて退職をしてしまう人は、とても多くいます。あなたも、感情に身を任せて、退職をしてしまおうとしていませんか?もし、そうなのであれば、今一度「なぜ退職したいのか」ということをまとめてみるべきでしょう。

・仕事内容がつまらない
・会社の人間関係が疲れる
・ストレスを感じてしまう

など、ホワイト企業に勤めていたとしても、仕事や人間関係で嫌な点はたくさんあることでしょう。今一度、冷静になって「なぜ転職したいのか」ということをまとめてみてください。

まとめてから冷静に内容を見てみると「辞めるほどのことではないな」「もう少し頑張れるかな」「これは、辞める正当な理由になる」など一時的な感情ではなく落ち着いて判断することができます。

「退職したい!」を解決できないか?

さらに、なぜ退職したいかまとめた後に、それを解決できないのかを考えてみてください。

・仕事内容がつまらない→今の業務についての理解を深めてみる(興味を抱ける努力をする)
・会社の人間関係が疲れる→信頼のできる上司に相談してみる
・ストレスを感じてしまう→ストレスの原因を取り除くことができないか考えてみる

など考えてみると、案外「なぜ転職したいのか」という点を解決できる場合もあります。

この作業は、おそらく数分から数十分程度で行えるはずです。この、数分から数十分程度の作業を行うとことで、「感情に任せてホワイト企業を辞める」という状況を避けることができるので、ぜひとも行ってください。

ホワイト企業とブラック企業の違いを改めて理解する

ホワイト企業の環境は、ブラック企業などの劣悪な環境で働いている人から見ると、とても恵まれていることでしょう。そして、ホワイト企業を退職して、ほかの会社に入社するわけですから「ブラック企業に入社するリスク」というのも考えておかなければなりません。

ホワイト企業を退職する場合は「ホワイト企業の恩恵」と「ブラック企業の実態」とを理解して、「本当にホワイト企業を退社しても問題ないのか」「次の環境が今よりかなり待遇が悪いかもしれない」という点も考えておいてください。

ホワイト企業の恩恵とは

ホワイト企業の恩恵は、なんといっても労働環境に大きくあります。また、ホワイト企業の場合は、職場環境も優れている場合が多いです。

・定時出勤と定時退社ができる
・「早く帰るべき」という雰囲気がある
・労働内容に見合った給料が支払われる
・残業、休出の賃金もきちんと払われる
・有給も問題なく取得できる

上記5点は、私がホワイト企業で働いていたときに、大きく感じた「ホワイト企業の恩恵」です。私もホワイト企業から転職をした経験がありますが、その転職先は「ブラック企業とはいかないまでも、人手不足で忙しい零細企業」でした。

やはり「人手不足で忙しい零細企業」に勤めてみて、改めて「ホワイト企業って恵まれていたんだな」ということを感じることができたのです。中にいるとなかなか感じられませんが、一度外から自分の会社で受けている恩恵を考えてみてください。

ブラック企業の劣悪な環境を理解する

ホワイト企業の恩恵を考えるのはもちろんのこと、ブラック企業の劣悪な環境についても理解しておいた方がいいでしょう。もちろん、世の中のほとんどの会社がブラック企業と言いたいわけではありません。

しかし、今後転職をするにあたって、「ブラック企業に入社するリスク」を完全に取り除くことはできません。であるならば、ブラック企業の劣悪な環境についても、先に理解しておくべきでしょう。

・残業ばかりの毎日である
・「残業をしなければならない」という空気
・労働内容に見合った給料が支払われない
・残業代や休日出勤手当などがでない
・有給が自由に取得できない
・人間関係がギスギスしている

などが、ブラック企業の劣悪な環境の主な例です。「ブラック企業の劣悪な環境の例」を、文字にして書くことは簡単です。しかし、実際にブラック企業に入社をしてみると、心身ともにかなりのダメージを受けてしまいます。

もちろん、ブラック企業に入社してしまったならすぐに辞めて転職してしまってもいいでしょう。しかし、自分の意図になくブラック企業に入社してしまった時点で、ショックで心身のダメージを受けてしまうということは十分にありえます。

ブラック企業で心身にダメージを受けた友人

実際に、私の友人はブラック企業に、3ヶ月程度の期間勤めていました。そして、心身ともにボロボロになってしまい「働くこと」に恐怖を感じてしまったようです。結果として、3年程度、社会に出ることができなくなってしまいました。

ぜひとも、今の会社を転職しようと考えているのなら、ブラック企業についても理解してください。そして「今のホワイト企業の恩恵を捨ててまで退職をすべきか」という点を、自分に問いかけてみてください。

ホワイト企業を捨てる意思は固いですか?

今まで説明してきたことを考慮しても「ホワイト企業の恩恵を捨ててでも退職したい!」という意思が、全く揺らぐことがないのなら、退職をしても問題ないでしょう。ホワイト企業を捨ててまで転職してやりたいことがあるなら、それは幸せなことです。

・新しい分野の仕事に挑戦したい
・より経験の積める会社に入社したい
・将来は独立をしたいから、独立に有利な会社に転職したい

など、いわゆる「転職に前向きな理由」であれば、「ホワイト企業の恩恵を捨ててでも退職したい」と思うのはごく自然なことなのかもしれません。「ホワイト企業を辞めて苦しい毎日になったとしても、自分で決めたことだから後悔しない」と思えるくらいの退職理由ならば、この先どんな仕事がきつくてもやっていけるでしょう。

ホワイト企業からの転職:まとめ

この記事では、「ホワイト企業を辞めたい」と思っている人に向けて、「本当に退職すべきか」という点を一緒に考えてきました。まずは、感情的な退職にならないためにも、「なぜ退職したいのか」という点をまとめて、それを解決できないのかを考えることが大切です。
 
次に、ホワイト企業の恩恵と、ブラック企業の実態を、改めて理解しておきましょう。ホワイト企業を辞めたいと考えている以上は「ホワイト企業の恩恵」を理解して、「本当に辞めてもいいのか」と自分に問いかけてみることが大切です。

また、転職をするということは、「ブラック企業に入社してしまう可能性」も捨てきれないということです。そのため、「ブラック企業の実態」もきちんと理解して、「それでもホワイト企業を辞めたいのか」ということを確認しましょう。

最後に、「本当にホワイト企業の恩恵を捨ててでも退職したいのか」ということを考えます。この時点で「本当にホワイト企業の恩恵を捨ててでも退職したい」という意思が揺らがないのなら、退職しても問題ないでしょう。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする