転職後に仕事がつまらないと感じる人は多い!やりがいがある企業に転職するには

今よりもやりがいのある仕事をしたいと転職しても少し経つと「あれ?意外に仕事がつまらないな」と感じていないですか?

せっかく転職するのだから、やりがいのある仕事をバリバリとこなしたいですよね。

この記事では、転職後につまらないと感じる原因とやりがいのある企業に転職する方法について紹介します。絶対にやりがいのある企業に転職した方が、その後の生活に覇気がでるのでしっかりと覚えておいてください。

仕事がつまらなくなる原因

まずは、「転職後の仕事がつまらない」と感じてしまう原因について、紹介します。「転職後の仕事がつまらない」と感じてしまう場合、つまらないと感じる原因があるのです。まずは転職後につまらなくなった原因をみてみましょう。

適職に就くことができなかった

自分にとっての適職に就くことができなければ、「仕事がつまらない」という気持ちになってしまう可能性は高まるものです。

・事務職
・営業職
・看護職
・総合職
・介護職

など、世の中には、たくさんの職種がありますね。そんな、たくさんの職種のなかから、自分の適職を理解することは大変重要なのです。例えば、人間関係において、自分に合わない人と接するときは、いろいろと気を使ってしまいますよね。

「自分に合う人」と「自分に合わない人」とを比べた場合、「自分に合う人」と接する時間のほうが、楽しい時間になりやすいことはいうまでもありません。仕事も人間関係と同じで、「自分に合う仕事」と「自分に合わない仕事」とを比べた場合、「自分に合う仕事」のほうが、楽しい時間になりやすいのです。

活躍できる職場環境を理解していなかった

世の中にはさまざまな会社があり、それぞれ個性を持っています。つまり、自分に合う会社もあれば、自分に合わない会社もあるのです。

・社員全員で協力することを美徳とする会社
・1人1人に裁量が任されている会社
・社員数が多く、出世競争が激しい会社
・残業が少なく、プライベートの時間を充分に確保できる会社

など、世の中にはさまざまな会社があり、例を挙げてもキリがありません。そして、世の中にさまざまな会社がある以上、自分に合わない会社も存在してしまうのです。

例えば、「仕事においては、裁量を大きく任され、我流に仕事を進めてゆきたい」と考えている人がいるとしましょう。この人が、「社員全員で協力することを美徳とする会社」に入社してしまった場合、仕事にやりがいを感じられない可能性が大きく高まります。

このように、自分の仕事観に合っていない会社を選択してしまうと、つまらないと感じざるを得なくなってしまうのです。

転職後の仕事に対して、真剣に向き合えていない

もしかしたら、転職後の仕事に対して、真剣に向き合えていないのかもしれません。この場合は、改めて仕事に真剣に向き合うことが大切です。あなたが、今の会社に転職をした理由はなんですか? きっと、転職をした理由が、なにかしらあるはずです。

おそらく、転職(採用)が決まった当初は、「心機一転して頑張るぞ!」という気持ちになっていたのではないでしょうか。転職(採用)が決まった当初の気持ちを思い出して、初心に戻ることで、再び仕事に真剣に向き合うことができるかもしれません。

仕事に飽きないための対策

ここからは、「転職後の仕事がつまらない」と感じてしまわないための対策について紹介します。仕事は、人生の大半を占めるはずです。そのため、仕事がつまらないものであると、人生自体も覇気が失われてしまうことになってしまいます。

適職を見極める

自分の適職を見極めることで、つまらないと感じる仕事に就く可能性を低めることができます。やはり、「自分に合わない仕事」というのは、それだけつまらないと感じてしまいやすいのです。したがって、適職を見極めて、「自分に合う仕事」に就くことをおすすめします。

・適職診断
・第三者からの意見
・自分の得意なこと

などを参考にすることで、適職を見極めてゆくことができるはずです。確かに、適職を見極めることを、面倒に感じられるかもしれません。しかし、適職を見極めることで、今後の仕事を楽しいものにできる可能性を高めることができるのです。

少々面倒ではありますが、きちんと適職を見極めて、今後の仕事を楽しいものにしてもらいたいものです。

「どんな職場環境が自分に合っているのか」熟慮する

自分の仕事観をきちんと見極めて、「自分の仕事観に合う会社」に入社することが大切です。「自分の仕事観に合う会社」に入社することができれば、つまらないと感じる可能性を低めることができるでしょう。

・「協力的な会社」or「堅実な会社」 どっちが好きなのか
・「社員数が多い会社」or「社員数が少ない会社」 どっちが好きなのか
・「残業をしてでも給料がほしい」or「残業代よりも定時に帰りたい」どっちを希望するか

など、さまざまな角度から、自分の仕事観について理解してください。そして、理解した自分の仕事観を基準に、「自分の仕事観に合っている会社」を選択することが大切なのです。

転職後の仕事に集中してみる

ここまで、「転職後の仕事がつまらない」と感じてしまったときの対策について紹介しました。ここまで紹介した点は「転職活動における対策」なので、今後転職活動を行ったときにしか、役立てることはできません。

一方で、「転職後の仕事がつまらない」とは感じているが、仕事自体は続けてゆきたい、と考えている人もいるのではないでしょうか。最後に、「転職後の仕事がつまらない」とは感じているが、仕事自体は続けてゆきたい、と考えている人に向けて、対策法を提案してゆきます。

「転職後の仕事がつまらない」とは感じているが、仕事自体は続けたい、と考えている場合、仕事自体に集中してみてはどうでしょうか。

仕事に集中してみることで、やりがいを感じることができ、「転職後の仕事がつまらない」という状況から脱出することができるかもしれません。

・手を抜いていると思える部分を、全力になって取り組んでみる
・どのようにすれば大きな利益を上げられるか、真剣に考えてみる
・就いている職種や業種に関する資格取得を目指してみる

など、工夫次第で、仕事に集中する術を見つけることができるのではないでしょうか。せっかく、今の仕事に携わっているのです。そして、「今の仕事を辞めたくない」と感じているのです。

であるならば、「今の仕事と巡りあえたのはなにかの縁である」と前向きに捉え、仕事に対して真剣に向き合ってみてもいいのではないでしょうか。

転職エージェントを活用する

転職活動においては、転職エージェントを活用することで、「仕事がつまらない」という気持ちから逃れることができるかもしれません。転職エージェントは、あなたとの面談をもとに、あなたにとって最適な求人を紹介してくれます。

また、転職エージェントは、さまざまな人の転職を成功させた実績があります。そんな、実績ある転職エージェントが、最適な求人を紹介してくれるのは、とても心強いことなのではないでしょうか。ぜひ、転職エージェントという、転職支援実績が豊富な第三者の力も活用して、転職活動を優位に進めてゆきたいものです。

・悩み相談
・面接アポの代行
・応募書類添削
・面接練習
・退職手続きのアドバイス

ちなみに、上記に紹介したように、転職エージェントを活用することで、さまざまな角度から転職支援を受けることができます。

多くの転職エージェントは、無料で利用することができますので、ぜひ気軽な気持ちで登録をしてみてください。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする