【トラブル対処法】女性同士の人間関係:職場に嫌いな女性の同僚がいる場合は

職場における、女性同士の人間関係トラブルは、意外と多くあります。一般的に男性は激しく怒ったりする割に後を引くことが少なく、女性は恋人の有無や自分との比較などで感情が左右されやすいので、女性同士でトラブルになるとスッパリと解決することが難しいといわれます。

実際に、女性同士の人間関係トラブルに巻き込まれてしまうと、どうすればいいのかと悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。ただ、女性同士のトラブルといっても上手に対処法を練ることでトラブルを遠ざけることができるでしょう。

女性同士のトラブルを回避する方法

基本的に人間は相手の言動や行動を変えることはできません。そのため、大きく分けると「自分が気にしないように変わる」、「第三者に入ってもらって解決をしてもらう」、「職場を変える」のどれかしかありません。では、具体的にどのようにすればトラブルを回避できるのでしょうか。

気にせず仕事に集中する

仕事をしている以上「嫌いな人」というのは確実に現れます。つまり、この「嫌いな人」と、どのように接していくかが重要です。

まずは、嫌いな人は気にせずに、仕事に集中してみてはどうでしょうか。無理に雑談をしたり媚びる必要はありません。仕事でどうしても必要なときだけ会話をすればいいのです。

・職場の嫌いな女性同僚を気にすることなく、仕事に集中する
・必要なときなだけ会話をする(会話をするときは嫌いオーラを出さないように)

このことをイメージするだけでも職場の嫌いな女性同僚と楽に接することができます。

受け入れてみる

人間の性格は、なかなか変わりません。つまり、現に職場に嫌いな女性同僚がいたとしても、その女性の性格が変わることを期待すべきではないのです。

・悪口ばかりいう
・嫉妬深い
・自分には甘いのに、人には厳しい

などなど、さまざまな性格の女性がいることでしょう。そして、そんな女性の性格は、誰かが注意してもなかなか変わることはできないのです。であるならば、そんな女性の性格を受け入れることも大切なのではないでしょうか。まるで、子どもの悪事を許すように「女性の性格」も許してみるのです。

相手の心理を分析する

人間関係トラブルの多くの原因は、心理的な部分にあります。つまり、人間関係のトラブルで悩んでしまったのなら、心理の観点から「なぜトラブルに陥ってしまうのか」ということを考えてみるといいでしょう。

・心理学セミナーを受講してみる
・本やネットで、心理学を学んでみる
・カウンセラーに相談をしてみる

といったように、相手の心理を分析する手段は、たくさんあるはずです。職場の嫌いな女性同僚の心理を分析するというのは、少々苦しいことかもしれません。しかし、心理を分析することで、人間関係トラブルを起きにくくすることができるかもしれません。

時間と心に余裕がある場合は、相手の心理を分析して、どのようにすれば問題を解決できるか探ってみてください。

あえて近づいてみる

「嫌いな人だと思っていたけど、付き合ってみたらいい人だった」というパターンは、よくありますよね。もしかしたら、あなたの職場の嫌いな女性同僚も親しくないから知らないだけで「付き合ってみたらいい人」であるかもしれません。

もし、「いい人」であることに気付かずに、「嫌いな人」だと思い続けたとしてたら、とてももったいないことです。職場の嫌いな女性同僚を誘える雰囲気があるのなら、食事や遊びに誘ってみてもいいのではないでしょうか。


・食事
・カフェ
・仕事終わりの映画
・数時間程度の遊び

など、ぜひ職場の嫌いな女性同僚を、誘ってみてください。もしかしたら、あなたが想像しているよりもずっと「いい人」であるかもしれませんよ。

社会人生活における試練だと考える

年齢を重ねるに連れて、より責任感のある仕事を任されるようになることでしょう。もしかしたら、多くの部下をまとめるようなポジションに、身を置くことになるかもしれません。

・少しの気の緩みが、会社の利益を大きく左右する仕事
・大型注文につながるかもしれない接待
・多くの部下をまとめるポジション

など、今後思いもよらないような責任感のある仕事を任されたとしても、何ら不思議ではありません。そして、より責任感のある仕事を任させるようになると、そのぶん人間関係が複雑になってくるかもしれません。つまり「職場の嫌いな女性同僚」以上に、複雑な人間関係トラブルに陥ってしまうかもしれないのです。

もし、まだ前向きな気持ちになることができるのなら、職場の嫌いな女性同僚との人間関係トラブルは「今後成長するための試練」だと捉えてみてもいいのではないでしょうか。

仲間をたくさんつくる

根本的な対処法にはつながらないかもしれませんが、職場に嫌いな女性同僚がいる場合、仲間をたくさんつくってみることもおすすめです。言うまでもなく、仲間がたくさんいたほうが、人間関係のストレスにおいても負担は少なくなります。

気軽に相談できる人がいるということは、それだけ心強いことなのです。もちろん、職場の嫌いな女性同僚に悩んでいるわけですから、職場内にその人以外のたくさんの仲間をつくりたいものです。

信頼のできる上司に相談をする

職場に嫌いな女性同僚がいるのなら、信頼のできる上司に相談をしてみてもいいでしょう。あくまでも「信頼のできる上司」に相談をすることが大切です。口が軽かったり、対処の仕方が悪い上司だと、逆に問題が大きくなってしまうこともあるので慎重に進める必要があります。

・職場の嫌いな女性同僚の実名を出して相談する
・実名は伏せて相談する
・具体的なトラブル内容を伝える
・「人間関係で悩んでいる」ということを曖昧な表現で伝える

など、相談の仕方はさまざまなことでしょう。しかし、信頼のおける上司であれば、あなたが悩んでいることを理解してくれて、きちんと相談に応じてくれるはずです。

専門機関に相談をする

職場の嫌いな女性同僚で悩んでいるのなら、専門機関を活用してみてもいいでしょう。調べてみると、さまざまな専門機関があることがわかりますよ。

・労働相談センター
・弁護士
・労働基準監督署(労働基準法に反するようなトラブルを受けている場合)

などなど、職場の人間関係トラブルについて相談できる専門機関は、たくさんあるものです。ネットを使えば、「自分の地域の労働トラブルを相談できる専門機関」を見つけることができるはずです。

少々敷居は高く感じられますが、どうしても解決しにくい職場の人間関係トラブルで悩んでいるのなら、専門機関の活用も検討したいものです。

転職をする

転職をすれば、職場の嫌いな女性同僚から逃れることができます。転職をするということは、最終的で確実に問題が解決できる手段でもあるのです。確かに、職場の嫌いな女性同僚のために転職をするというのも、少々悔しいものでしょう。

しかし、人間関係トラブルにおいて、ほんとうに辛くて心が病んだ状態が続いてしまってはいけません。心が病んだ状態が続いて、人間不信になったり、病気になってしまえば、社会復帰すらできなくなってしまうかもしれません。

自分の心と、今後の社会人生活を守るためにも、ときには逃げることも必要なのではないでしょうか。ただ、転職活動においては、行わなければいけないことがたくさんあり非常にエネルギーを使うので軽い気持ちで行うことはおススメできません。

勢いや感情任せで転職するのはNG

決して感情的に転職活動を進めてはいけません。よく「早く今の職場から逃げたい」と思って、感情的に転職活動を進めてしまう人がいるんですよね。しかし、感情的に転職活動を進めたとしても、あまりいい結果は期待できないでしょう。

せっかく転職を目指すのですから、落ち着いて転職活動を行い「よりよい条件の働きやすい職場」を見つけてください。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする