【地方から首都圏への転職】必ず採用されるための転職活動のポイントとは

地方から首都圏へ転職をする場合は、やはり難しい点がたくさんあります。ただ、地方から首都圏への転職を実現している人も、たくさんいます。この記事では、そんな「地方から首都圏へ転職を目指す人」へ向けて、転職活動の実態や必ず採用されるためのポイントについて紹介します。

首都圏に近いほど転職は有利

首都圏への転職はやはり首都圏に近い県の方が有利に働きます。例えば、静岡県や福島県など、いわゆる関東地方に近い県であれば、比較的気軽に都心に出ていきやすいので転職活動もしやすいでしょう。

しかし、沖縄県や北海道などから東京などの都市部に転職活動をする場合は、遠いぶんだけ不利になってしまいます。

なぜなら、面接を行う方の企業も、わざわざ遠くから来てもらって不採用だったら交通費もかかるし申し訳ないな。遠くからくるとスケジュールも合わせにくいし、実際にこっちに引っ越すまで時間もかかるし面倒だなと思われてしまうこともあるのです。

首都圏への会社を希望するなら、やはり会社に行って面接を受けなければいけないわけです。運よく、1社目の面接で内定をもらえれば問題はないでしょう。しかし、複数社の面接を受け、首都圏への行き来が多くなってしまうほど、遠い場所は経済的にも時間的にも大変です。

現職を続けながら転職活動をした方がいいの?

首都圏への就職活動は、現職を続けながら転職活動を行えるのであれば、そうするに越したことはありません。万が一、どこからも内定を得ることができなかったとしても、現職を続けていれば、最悪の場合でも給料をもらい続けることはできるからです。

ただ、首都圏から遠い地方に住んでいる場合は現職を続けながら転職活動を行うということは、なかなか難しいかもしれません。首都圏に面接にくるにも1日2日かかってしまいますし、そのたびに現職を休むことになるからです。

そのため、首都圏からかなり遠い地域にいる人は一度、現職を辞めて首都圏に上京してから転職活動を進めなければいけません。

「現職を辞めて、転職活動をする」ということは、なかなかリスクが高いものです。そのため、首都圏から遠い地方に住んでいる場合は「首都圏に転職すること」に対して慎重に考えるべきです。

「転職活動における期間と費用の上限」を決める

地方から首都圏へ転職をしようと考えている場合、どうしても転職活動がダラダラとしてしまいがちです。ただ、やはり転職は自分の人生を左右する大切なものなので、けじめをつけるべきです。そのため、地方から首都圏へ転職をしようと考えている場合は、

・転職活動の期間の上限
・転職活動で使う費用の上限

上記2点を、ある程度は決めておくべきです。
「転職活動の期間の上限」「転職活動で使う費用の上限」を決めておくことで、けじめのある転職活動を進めることができます。
 
「転職活動の期間の上限」「転職活動で使う費用の上限」は、転職活動を進める段階で、変わってくることもあります。ただ、変わったとしても「転職活動の期間の上限」「転職活動で使う費用の上限」が明確になっている以上は、それに達するまでは本気で転職活動を進めてください。

転職活動においては、妥協をすることも大切です。特に、現職を続けながら転職活動を進める場合、いつまでも転職活動を続けるわけにはいかないことでしょう。ときには、首都圏への転職を諦めなければいけない状況になってしまうかもしれません。

しかし、ダラダラと転職活動を進めてどうにもならなくて仕方なく諦めるよりは、けじめのある転職活動を続けてスッパリと諦めるほうが、後悔しないことはいうまでもありません。

なぜ首都圏へ転職したいのか?

地方から首都圏への転職をする場合には、ほとんどの面接官は「なぜわざわざ地方から出てきて首都圏で仕事をしたいのか」と質問してくるでしょう。

・「この人は地方で散々なことをやらかしたのかもしれない」
・「この人は転職癖がついており、もう地方では仕事が見つからないのかもしれない」
・「都会の会社は緩いと考えているのかもしれない」

など、地方から首都圏へ転職を目指す人に対して、ネガティブな思いを描いてしまう面接官もいるかもしれません。そのため、きちんと面接官を納得させられるような、「首都圏へ転職したい理由」を考えておくべきです。

首都圏以外にも都市は多い

あなたはなぜ、首都圏へ転職したいのですか。「首都圏へ転職したい理由」を、今一度考えてみてください。もし「首都圏ではなくても、都市に転職できれば問題ない」と考えているのなら、首都圏以外の都市への転職も考えてみるべきでしょう。

・政令指定都市
・県庁所在地

など、あなたの住んでいる地方の周りにも、都市と呼べる場所はあるのではないでしょうか。近い都市であればあるほど、転職活動も進めやすいはずです。首都圏以外の都市でも問題ないのであれば、政令指定都市や県庁所在地など、さまざまな選択を考えてみたいものです。

首都圏の転職に強い転職エージェントを活用

地方から首都圏へ転職をしようと考えた場合、どうしても転職活動における時間配分が難しくなってしまいます。当然、面接に臨むためにも移動時間がかかってしまうわけですから、極力時間を効率的に使いたいですよね。そんな、地方から首都圏への転職の手助けとなってくれるのが、転職エージェントです。

転職エージェントを活用するときは「首都圏の転職に強い転職エージェント」を活用するのがいいでしょう。大手の転職エージェントは、首都圏の転職にも地方の転職にも強いので、首都圏ではなく近くの都市に変更したいと希望をを変えるときにもエージェントを変更せずに活用できるという利点もあります。

・最適な求人を紹介してくれる
・面接のアポイントメントをとってくれる
・転職活動におけるさまざまなアドバイスをくれる

などが、転職エージェントを活用して得られる、主なメリットでしょうか。特に、「面接のアポイントメントをとってくれる」という点は、時間が鍵を握る転職活動においては、かなり助けになるものですよ。ぜひ、地方から首都圏への転職を考えている場合には、転職エージェントも活用してみてください。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする