低学歴だと転職できない?低学歴でも確実にキャリアアップして給与を増やす方法

転職してキャリアアップしたいけど「低学歴だから自分には無理だろう」とやる前から諦めてしまう人が多くいます。日本の就職活動のように学歴が重んじられる社会にいると、低学歴の人にはまったく浮上するチャンスが無いように感じます。

しかし実はそんなことはありません。低学歴であっても、着実にキャリアアップをしていく方法はあるのです。どのようにしていったら、低学歴でも転職を成功させられるのか考えてみましょう。

低学歴でも転職する方法とは?

では、低学歴の人の場合、確実に転職してキャリアアップする方法とは何でしょうか。

 ・今の会社よりも、ほんの少し上のレベルを狙う
 ・自分の実績を評価してくれる会社に絞る

転職をするときに、いきなり今の会社よりもかなり上位のレベルの企業を狙っても、採用される確率は低いでしょう。しかし、ほんの少し上のレベルの企業なら、転職が成功する確率は高いと言えます。現実的な選択をして、転職を成功させられたなら、またその会社から1ランク上を狙っていけます。

特に仕事で著しい実績を上げているならば、2ランク上げていくことだって可能です。数年を掛けて、低学歴でも着実に、キャリアを積んでいけるでしょう。そうして、ランクアップしていけば年収を少しずつ上げていく事が出来ます。

学歴よりも資格や実績を重視する企業も

企業によっては、学歴よりも、資格や実績を重視します。特に創業してそれほど長くないようなベンチャーなどの新興企業は、ネームバリューよりも実力主義的な面が強いです。そのため、会社の利益になるとされる人には、今までの会社で積んだ経験や実績を、評価してくれることが多いでしょう。

個人の力を重視してくれる企業は、成果主義なので、入ってから十分な実績を上げることができないと厳しいこともあるでしょう。しかし、学歴は重視せずに仕事の成果だけを見るので、しっかりと実績を上げればキャリアは着実に上がっていくので、努力するだけの価値はあります。

どんな業界が転職に有利なの?

個人の力を重視してくれるのは、どんな業界でしょうか。ベンチャー企業や外資系企業が、成果主義の傾向が強いです。新しく立ち上がったベンチャー企業は、ITの分野が多くなっています。学歴よりも、エンジニアとしての実績や、スキルを重んじてくれます。

個人の協調性や行動力、そして組織力などを、評価してくれる企業も多くあります。大企業に比べて、学歴などに左右されない、柔軟な採用システムを持っているので、低学歴でも転職のチャンスがあります。

外資系企業は実力がものをいう

外資系企業も、実力主義を前面に出していますので、学歴によってふるい落とされる確率が小さくなります。営業職などで実績を積んできたなら、その実績をアピールすると、採用の確率が上がるでしょう。

英語力も大きな武器になります。TOEICのスコアなどが高いなら、その点もアピールしましょう。低学歴であっても英語のスキルが高いなら、それはアピールできるので、自信を持ちましょう。

ただ、英語が話せなくても、外資系企業は後から覚えれば良いという考え方をしているので、あまり心配する必要はありません。外資系企業の特徴として、契約社員や派遣社員などが、正社員と社内で区別されていることはあまりありません。

誰がどんな雇用体系か、ぱっと見では分からないことがほとんどです。それほど実力主義が浸透しているので、やりがいがあります。高卒であったとしても、幾つかのプロジェクトで成果を出していくと、着実に年収もアップしていくでしょう。

低学歴でもアピールポイントはある

低学歴であっても、自分の実績をアピールしていくことで転職も昇進も可能です。その際に注意することは、学歴を重視せず実力を見てくれる会社を選ぶことです。今まで自分が積んできた経験を、これからの会社で活かすと、相手にどんなメリットがあるかを上手にプレゼンテーションして下さい。

スキルや実績だけでは無く、コミュニケーションスキルもアピールポイントになります。企業としては、学歴が高くてもコミュニケーションスキルが足りない人よりは、低学歴でも協調性が有り、チームとして成果を出してくれる人を必要としています。

面接で自分をアピールする

面接の時には、転職先の会社でも必要な実績について、自分が今までに周りと協力しながら、どんなプロジェクトを達成してきたかをアピールしましょう。面接先の企業がこの人は戦力になりそうだ、採用してみたい、この人と働いてみたいと思わせるようにして下さい。

転職を確実に成功させる方法

低学歴であっても転職を確実に成功させるには、どんなポイントに注意しておけばよいでしょう?。

 ・今勉強していることを伝える
 ・企業を良くリサーチしていると思わせる
 ・転職エージェントを利用する

今勉強していることを伝える

転職を確実に成功させるには、今取り組んでいる勉強や、資格について伝えるのは効果的です。低学歴など関係なく、自分は向上心が有り、意欲的に物事に取り組んでいる人間であると、相手に伝えられます。

取り組んでいる資格が、相手の企業の業務と関係あるものであると、なお良いでしょう。

企業を良くリサーチしていると思わせる

転職したいと思う企業やライバルなどもしっかりとリサーチすることも重要です。一般的に採用担当者は、自分の企業や業務内容について良くリサーチしてきた人を、意欲のある人と見なします。

面接を受ける会社や、活動内容について、きちんと調べていきましょう。

転職エージェントを利用すると転職成功の可能性が高まる

転職エージェントを利用すると、低学歴であっても、好条件の求人を紹介してくれます。今までの会社よりもランクが上の企業でも、転職エージェントの担当者の推薦があるので、相手企業が採用してくれるケースもあります。

低学歴だと転職できないというのは、勘違いです。たとえ低学歴であっても、転職してキャリアアップしていく方法は幾つもあります。ここで取り上げた情報を活用して、着実にキャリアを積み重ねていきましょう。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする