今までの仕事では大したスキルがない!それでも転職は可能?

今まで特別なスキルや経験を積むことがなく仕事の年数だけが増えていくことに不安を抱えているという人は多くいます。特に業界や会社の先行きが不透明だと、会社がつぶれたら転職できるのか?スキルも資格もない自分を雇うところはあるのか?と不安が募ります。

実際に、私のところにも「大したスキルはないけど転職をしたいです。」と相談をしにくる人が何人かいました。一人ひとり状況やいままでの経験は異なりますが、大したスキルがないとしても転職してこれからスキルを高めていくということは十分に可能です。

そこで、この記事では武器になるようなスキルがなくても転職をすることができるのか、どうやったらスムーズに転職できるのかについて紹介します。

スキルがなくても転職できる可能性は大いにある!

大したスキルがなくても、工夫や転職するタイミングによっては転職できる可能性は大いにあります。したがって「転職したけど大したスキルがない」と悩んでいたとしても、諦めずに転職活動を行うことが大切だといえます。

・今までの仕事は単調でアピールできるポイントがない
・今の仕事以外にも人に認められる資格やスキルがない
・異業種や異職種に転職したいが、その業種の知識やスキルがない

キャリア転職よりは不採用になりやすい

スキルや経験に乏しくとも工夫次第で転職は可能ですが、中途採用を行う企業が即戦力を求めていることは当たり前なので、前職の経験を活かして転職する「キャリア転職」と比較をすると、不採用になりやすい傾向にあります。

大したスキルがない人が、不採用になりやすいということは仕方のないことなので、そこは割り切って考えなければなりません。

これは企業の考えですので、受け入れるしかありません。「企業が即戦力をほしがる気持ち」は、採用する側に立って考えれば当然のことでしょう。そのため、不採用を受け入れつつ、諦めずに転職活動を行うことが大切なのです。
 

転職においては、若さが大きな武器になる?

もし、あなたが20代~30代前半であるのなら、その年齢が大きな武器になります。転職において、若さは「新しいことを多く吸収できる」「給与が比較的安い」「体力があり仕事を頑張れる」と取られることが多く大きな武器になることは、いうまでもありません。

もちろん、仕事のスキルや人間性なども、大きく採用には左右されます。しかし「20代~30代の転職」「40代~50代の転職」と、年代のみを比較してみた場合、やはり「20代~30代の転職」のほうが有利であると感じられるのではないでしょうか。

若さをアピールすることで採用の可能性は高まる

もし、あなたのスキルや経験が少ないとしても若いことで、伸びしろがある、これから頑張ることがアピールできれば、よほどスキルが必要な業種でなくとも、少なくとも門前払いされることはないでしょう。

今の職場で働いていて、特にアピールできるスキルがないと不安や焦りがあるなら、すぐに転職して新しい業界でのスキルや経験を増やすしかありません。職を変えることが早ければ早いほど成功する可能性は高くなります。

意欲を最大限にアピールすることを心がけたい

大したスキルがない場合、なかなか現職での仕事実績をアピールするのは難しいでしょう。そのような場合は、意欲を最大限にアピールすることが大事です。選考の段階で、「私はあなたの会社で働く意欲が多いにあります」ということを、アピールするのです。

履歴書、面接で「私はあなたの会社で働く意欲が多いにあります」とうことを、うまく伝えてみてください。「面接後にお礼状を送る」など、些細な対応も、意欲をアピールできる大きな機会です。

応募企業と現職との仕事内容の類似点を、無理にでも見つけるべき

転職活動において、職務経歴書を出さなければいけない場合もあることでしょう。ただ、大したスキルがないわけですから、職務経歴書になにを書いていいのか悩んでしまうものです。私は、無理にでも、応募企業と現職との類似点を見つけることを、おすすめしています。

「応募企業と現職との仕事内容の類似点がない人」よりも、「応募企業と現職との類似点がある人」のほうが、企業側が採用したいと思うのは、いうまでもありません。
きっと、「現職の仕事内容」と「応募企業の仕事内容」を照らし合わせることで、なにかしらの類似点が見つかるはずです。

ぜひ、応募企業と現職との仕事内容の類似点を見つけて、それをアピールしてみてください。

資格などを取って、スキルを身につけていきたい

現時点では、大したスキルは、ないのかもしれません。しかし、大したスキルがないのなら、スキルを身につけてることも大切なのではないでしょうか。

・資格取得
・技術習得
・転職したい分野についての学習

などを行うことで、スキルを身につけることができるはずです。確かに、現職を持っている以上は、時間をつくるのは難しいのかもしれません。しかし、時間に少しでも余裕があるのなら、スキルを身につけるための行動をとってもらいたいのです。

スキルを身につければ、履歴書や面接でアピールできることもあります。つまり、より採用されやすい状況に近付けることができるのです。

スキルがない場合、転職における給料アップは見込めない

大したスキルがない人の転職の場合、大きく不利になるのが給与面です。やはり、即戦力ではないことから企業としても、まだ会社に慣れず戦力にならない最初のうちは給与をできるだけ抑えたいと思うのは当然です。

そのため、転職における給料アップは、なかなか見込むことができません。もし、今後給料を大きく上げてたいと考えるのなら、「転職後にどうすれば給料が上がるか」ということに留意して、転職活動を進めてください。

つまり、「転職時に給料を上げる」のではなく、「転職後に給料を上げる」ことを考えるということです。それには、当然転職先の企業を見極めることも大切になってきます。スキルをつければ給料が上がるのか?年数で上がっていくのか?スキルさえつけば再度転職して給与アップできるのか?など、どのようにすれば給料が上がるのかを考えておかなければいけません。

転職活動において、ブラック企業であるかを見極める

大したスキルがない人が、転職活動を行う場合、ブラック企業であるかを見極めることも、大変重要になってきます。大したスキルがない人の場合、応募しやすい求人は、誰でも入れるブラック企業である可能性が高いのです。

・未経験可
・やる気次第
・成長できます

このようなキーワードを謳っている求人には、惹かれてしまいますよね。「自分は未経験だけどやる気はある! この求人に応募しよう」という具合です。確かに、「未経験可」「やる気次第」「成長できます」などを謳われていても、ほとんどの会社は、ブラック企業ではないのかもしれません。

しかし、「未経験可」「やる気次第」「成長できます」というキーワードは、ブラック企業の求人票に載っている、典型的なキーワードでもあるのです。また、「未経験可」「学歴不問」「年齢不問」など、採用幅が広いのにも関わらず、給料が高額である求人も、注意が必要です。

転職活動を行う際には、ブラック企業であるかの懸念も抱くようにしてください。

転職エージェントに相談してみてもいい

転職エージェントを頼ってみるのも、転職活動を優位に進めるためには大変重要です。転職エージェントは、あなたのような「大したスキルのない人の転職」を成功させた実績も、たくさん持っているはずです。

ぜひ、自分が抱いている悩みを転職エージェントに打明けてみてください。きっと、あなたが悩んでいることをフォローしつつ、素晴らしい転職を実現させるために、尽力してくれることでしょう。また、転職エージェントという、転職の味方がいるだけでも、心強いものですよ。

ただし、転職エージェントと言えどもブラック企業を紹介してきたり、入社後に給料がどのように伸びるかまでは把握していなかったりと完璧ではありません。そこは、転職エージェントに頼りっきりにならないように、自分でもキチンと調べたり今後のプランをシミュレーションしてください。

スキルがなくとも転職する方法:まとめ

この記事では、大したスキルがなくても、転職をすることができるのかについて、紹介してゆきました。確かに、キャリア転職と比べると、大したスキルがない場合の転職は、難しいといえるでしょう。ただ、大したスキルがないとしても、転職を実現させることは大いに可能です。

大したスキルがない場合は、特に「若さ」「意欲」「応募企業と現職との仕事内容の類似点」をアピールして、転職活動に挑んでゆきたいものです。また、資格などを取得して、スキルを身につけてゆくことも、大切なことでしょう。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする