将来性のある仕事とは?これから伸びる業界に転職したい場合はどうすればいいのか

転職をする際、一番重要になってくるのは、その業界や仕事の将来性。いくら楽しい職場でも、一時的に給与が高い職場でも、楽な職場であっても、将来に不安がありいつまでそこで働けるかわからないのでは、意味がありません。

そうはいっても、将来性のある仕事や業種というものが簡単には見つからないのも現実です。そもそも将来性とはどういうことで、どうすれば将来性のある仕事につけるのか?今回は、そんな将来性のある仕事や業種を探す方法について検証してみましょう。

将来性とはそもそも何だ?

さて、転職の際には将来性のある仕事や業種を探すのが重要と言いましたが、では、将来性とは何でしょう。これからも安定して好景気であり続ける仕事でしょうか、それとも今後ぐんと勢力を拡大するだろう職種でしょうか。

きっとそれは、どちらも将来性のある仕事であり業種と言えます。しかし、それはあなたにとっての将来性とリンクしているでしょうか?

あなたの将来性と業界の将来性とは別物

そうです、社会にとって将来性のある仕事や業種と、あなたにとって将来性のあるそれは別物なのです。たとえば、確かにその業種は右肩上がりで成長を続けているかもしれませんが、もし、あなたがその業種の仕事内容にみじんも興味が持てない場合、それはあなたにとって将来性があると言えるでしょうか。

言えませんよね、きっと、あなたはその会社を辞めたくなるはずです。もし、その会社に、嫌々ながらも石に噛り付くようにして縋り付いたとしても、まちがいないく出世やキャリアアップは見込めません。であればそれは、あなたにとって将来性のある転職だったとは言えないはずです。

つまり将来性とは、社会とあなたとの両方にとって先の未来まで業績が伸びて働いていける仕事や業種のことを言うのです。

自分で将来性を探す

では、社会にとってもあなたにとっても将来性のある仕事や業種を、自らの力で探すポイントをここでお教えしましょう。

株価や経済など知らない分野で考えない

良く将来性のある仕事や業種を探すとき、企業の株価を頼りにする人がいます。もちろんあなたが経済と株価に詳しく、毎日数時間かけて経済新聞を穴が開くほど読んでいるのならば、それでも構いません。

しかし、株で先が読めるなら株でもうけた方が転職よりも楽です。そして、穴が開くほど経済新聞を読んでいる人でも、株で絶対もうかる方法がないように、株で成長産業を完全に見分けることは不可能です。

あくまで予想で将来的に伸びそうだな、とかこの会社の財務体質は安心できるなといった程度でしょう。自分がその業界でやっていけるか、興味をもって取り組めるかは株価ではわかりません。ですので、株価を頼りにして自分がまったく知らない分野に首を突っ込むのはやめておいた方がいいでしょう。

あなたの好きな分野について調べる

あなたにとって、好きなもの、時間を忘れて楽しめるものは何ですか。ついつい、雑誌のを読んでいて目を通してしまうような興味のある分野が、だれしも一つや二つあるはずです。そして、そういったものがあるなら、まずはその分野の現在について調べてみましょう。

これにより、よくわからない分野に首を突っ込んで知識不足から失敗する事もありませんし、その結果探し当てた仕事や業種があなたにとって面白みのない物になるはずがありません。まずは自分の好きなものについて、徹底的に調べ、常に情報を手に入れる癖をつける。そんな生活を続けてみてください。

具体的に何を調べるのか

では、そんな興味のある業種や仕事の何を調べるのかですが、これには三つのポイントがあります。それは「消費動向」「需要」そして「社会の注目度」です。言い換えれば、今同じものが好きな人たちはどんなものを欲しがっているのか、今その分野では何が一番売れているのか、そして、その分野においてマスコミやネットで何が一番取り上げられているのか。です。

つまり将来性とは、今の状況の変化から生まれてくるものですから、こういったモノの調査は必須。常に雑誌やネット上で、そう言った観点からものを見つめ、社会の中で自分が興味のある分野がどのように扱われどう変化していこうとしているのかを、しっかりと見極める必要があります。

その業界・職種に求人はあるのか

さあ、ここまできて初めて求人を見ます。この求人の見方は、ハローワークでもいいですし求人情報誌でもいいですし、ネット求人でも構いません。とにかく、あなたが、自分の好きな分野において豊富な知識をもって、これが社会の欲求にかなっているなと思った業種の求人をチェックしてみてください。

もしここで、求人があまり出ていなければ、あなたの目測は外れています、もう一回考え直しましょう。しかし、もし、求人がたくさん出ていて、しかも求人案件の募集日時が新しいし案件が並んでいるようなら、それはほぼ間違いなくビンゴです。

あなたの目論見と合致するように、社会もまた、そこに将来性を感じて多くの労働力を求めている証拠ですから、将来性の高さがうかがえます。

専門家の意見を参考に将来性を探す

ここまでは、自力で将来性のある仕事や業種を探すポイントについて書いてきました。しかし、自信のない人も少なくないはずです。そういう時は、プロの目で自分自身を判断してもらい、自分に合った将来性ある仕事や業種を探してもらうのも一つの方法です。

それが、転職支援サイトのキャリアアドバイザーです。ではそんなキャリアアドバイザーにアドバイスを求めることの利点は何なのか、説明していきましょう。

「転職のプロである」

転職サイトのキャリアアドバイザーは当然転職におけるプロフェッショナルです。転職における様々なノウハウ、または失敗例や成功例を山のように見てきている、転職にウおいては有能な秘書であり先生にもなり得る職業です。ですので、ただ転職についての質問をするだけでも、きっとあなたのプラスになるでしょう。

「求人市場の最前線にいる」

キャリアアドバイザーは、常に求人市場の最前線にいます。という事は、現在どの業種や業界にどのような求人が多く、また、転職希望者に人気があるのかという、最新の社会動向の情報をいち早く手にしているのです。転職先を知ることや業種の将来性を知るのに、これほど頼もしい存在はいません。

「求職者を見る目がある」

キャリアアドバイザーは、数多くの転職希望者を見てきた存在です。ですので、転職者ひとりひとりの情報から、その人に適した仕事やその人が望む仕事や業種を割り出し、査定することができます。また、その性格や経験に合わせた適職を探すのも、その仕事のうちの一つ。

社会の将来性だけでなくあなた自身の将来性についても、深く考えてくれる存在です。

これから伸びる業界に転職する方法:まとめ

いかがでしたか、将来性のある仕事や業種の探し方。もちろん自分で探すのもいいですし、専門家にゆだねるのもいいでしょう。しかしオススメなのは、どちらも同時並行で行う事です。

自分が興味を持てるか続けていけるかという想いと専門家の意見を照らし合わせて考えれば、より正確にそして明確に将来性のある仕事や業種を探すことができるのです。ただ、転職サイトのキャリアアドバイザーには質の良しあしや合う合わないがあります。必ず複数のサイトに登録することを、オススメしておきます。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする