今の会社の社風が合わないなら自己分析が大切!自分に合う会社を見つける方法

会社への不満というものは様々あります。おおむね、それは転職動機になるのですが、例えば仕事内容が自分に合わない、給料が低い、もしくは仕事のレベルが合わないなどがよくあります。

しかし中には、仕事も給与も満足だが社風が合わないという方もいるはずです。家族的なアットホームな職場が過干渉で気に食わないという人もいれば、また同じような環境がぴったりだという人がいるように、社風というものは、人で言えば性格に当たるものです。

それは良し悪しではなく、合う合わないの範疇ですから、転職もやむなしです。しかし、転職先の社風が再度自分に合わなければ、転職も意味がありません。しかも、給与や仕事内容とは違って、なかなか社風というものはわかりにくいものです。

というわけで、ここでは、そんな社風に合わせた転職のノウハウに迫ってみたいと思います。

目次

まずは自分を知ること

転職先の社風と自分との相性は合うのか。これを知るためには、まず自分がどんな人間なのかについて、知っておかなければいけません。これは、今あなたが思っている主観的なものではなく、第三者的分析を経てわかる自分です。人間は自分のことを冷静に客観的に見ることが不得意ですから、必要な過程なのです。

嬉しい事ではなく、嫌なことを思いだす

社風選びに関しての自己分析は、自分は何が好きかではなく、何が嫌いなのかを考えます。というのも、結局社風に合うというは「いやな職場ではない」というのが最低のボーダーであり、これさえクリアしておけば、あとは慣れと適応でどうにでもなるからです。

ですから「好きな職に転職する」のではなく「嫌ではない職に転職する」という前提をまず頭に入れて置きましょう。そしてその認識の中で、あなたがこれまで勤めていた会社などで経験した、嫌な事を思いつく限り思いだしていきましょう。嫌な事というのは忘れにくいものです、きっとたくさん出てきます。

というわけで、まずはメモ帳でも何でもよいので、あなたが今の職場で嫌なことを書き出してみることから始めます。

耐えられるのか、耐えられないのか

次に考えるのは、その嫌な事は、耐えられのか耐えられないのかです。まず、しっかりと認識しておかなければならないのは、転職に関して転職先が自分にとって何のストレスもない最高の職場であることはごくごくまれで、ほぼ宝くじレベルであるという事です。

そうであれば、今の職場に耐えられないあなたが転職先として選ぶのは、耐えられる職場だという事。ですので、あなたが嫌だと思うことが、耐えられるのか耐えられないのかは、大きな要素として関係してくるのです。

ここであなたが認識する、あなたにとって耐えられることが転職先選びにおける最低ラインであり、耐えられなことが転職を断念する指標になります。先程書きだした嫌なことを、耐えられると耐えられないに分類してみましょう。

理想の職場のイメージを高める

最後に、自分が理想と思う職場のイメージを高めておきましょう。前述したとおり、社風に耐え切れず転職しようとする先は、耐えようと思えば耐えられるのレベルになる事が多いのが現実です。しかし、もしかすると稀な幸運があなたの上に降りかかる可能性はゼロではないのです。

ですから、万が一幸運に恵まれたときそのチャンスを逃がさないように、自分の理想とする職場の具体的なポイントも押さえておきましょう。
高望みは禁物ですが、理想を知っておくというの大事内自己分析です。

社風を読むために必要なこと

では、社風を読む為のノウハウを実践しましょう。常に自分が分析した、耐えられること(最低ライン)と耐えられないこと(NGライン)を想定しながら、こなしていきます。

面接前に読める社風

企業サイトの社長情報

社長は言うまでもなくその会社の社風を決定づける、一番大きな要因です。まず読んでおくべきは社長のあいさつなどの社長メッセージ。この部分に、豪快で体育会系なメッセージを書いているのか、それとも理知的で論理的なメッセージを書いているのかなどの違いがそのまま社風の判断につながります。

求人の売りを見る

次に見るのは求人情報の「売り」です。そこには「暖かい職場」や「やればやるだけ成果が出る」などと、求人元の会社のPRが書かれています。会社のPRはその会社が理想としている社風の目標値のようなもの。数値や条件だけでなく、文面から読み取れるものをしっかり読み取っておきましょう。

面接で読める社風

スケジュールを聞く

面接においては、一日・一月・四半期くらいの大まかなスケジュールを聞いておきましょう。例えば、一日のスケジュールに朝礼やラジオ体操が入っていることが分れば何となくその会社の社風は見えてくると思います、社歌斉唱などが入っていたら、さらに特定できます。

他にも社員旅行が頻繁だったり、研修や交流会などの行事が多い会社も、わかりやすいはずです。

残業について

あとは、残業についてはマストで聞いておくべきです。残業のあるなしではなく、残業というものに対して肯定的か否定的かというのは、社風を測る上で大きなポイントになりますので、しっかり聞いておきましょう。

その他の情報から読む

転職サイトで情報を得る

転職サイトに登録し、そのサイトのエージェントやコンサルタントに情報を求めるのはかなり有効な手です。そういった職種の人は、相手企業とも密接なつながりがある上に、志望する会社に転職をあっせんし、うまくいった人いかなかった人のデータも持っています。

どのような方法で社風を調査するにしても、転職サイトへの登録は必須かもしれません。

自分に合う会社を見つける方法:まとめ

いかがでしたか?

社風狙いの転職に重きをおいた自己分析においては、理想より最低ラインを見極めることが重要になります。そしてその最低ラインのボーダーを見極めたうえで、少しでも良い会社を探していくといいでしょう。

そう、要は、欲張らないこと。今の会社が耐えられないほどに自分に合わないわけですから、最高でなくとも、我慢できるレベルの会社への転職でも間違いなくプラスですし、耐えられるのなら慣れることもできるものです。自分をしっかり把握して、転職に挑んでみてください。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする