【転職活動の失敗談】せっかく転職できた会社から内定取り消しになってしまった!

私は、文系の大学卒業後、簿記の資格を生かしてある会社に就職しました。

初めて入社した会社は自宅から電車で5駅と近かった上に求人では簿記の資格も活かせ将来的には税理士や会計士にもなれるということだったので喜んで入社しました。

業務が求人とは全く異なり絶望

実際に入社してから3か月間は業界についての研修が主でした。大学を出てから社会のことがなにもわからなかったので

「会社ってこんなもんなのか」

と最初のころは余裕がありました。

あやしいなと感じ始めたのが入社して半年が過ぎたころです。研修期間が終わってから配属されても一向に仕事らしい仕事がなかったのです。

具体的な仕事内容は上司へのお茶くみやコピー、訪問客の接待など、私のもっていた資格なんて全く関係ない仕事ばかり。

「もう少しがんばれば専門的な仕事ができる」

そう自分に言い聞かせてがんばっていましたが、一向に状況は改善されずまるで短期で雇ったアルバイトのようでした。

ついに我慢ができずに上司に直談判

入社して7か月目のことです。

私はもう我慢ができずに上司に

「お茶くみばっかりでなく、専門的な業務をさせたください!」

と訴えました。私は気が強い方ではないので心臓はドキドキです。

しかし、あまりにもやりがいのない仕事ばかりで我慢していたのでありったけの勇気を振り絞って必死に訴えました。

上司の返事は「もう少し頑張ればそのうち仕事をさせる」といったありきたりなものでした。実は、この言葉は日々の業務をしている折に上司がみずから言っていたもう何度も聞いていたのです。

内心「またか…」と思いました。

もうこの時点で上司のことが信用ができなくなっていたのです。

とはいっても上司の他には相談する人もおらず、困ってしまいました。

そのままずるずると不満を持ちながら働いていましたが、結局1年経っても何もかわらなかったので転職を決意しました。

初めての転職活動は勝手がわからず四苦八苦

私は転職は初めてだったので、最初は特に手順が分からず戸惑いました。ハローワークやネットの転職サイトの存在もしらなかったのでまずはネットで情報収集をしまくりました。

転職の方法としては転職サイト、転職エージェントなどいろいろありますが、私は自分で探す転職サイトを活用することに決めました。

最初はやり方もよくわからなかったのですが、続けるうちに勝手がわかってきたので、とにかく希望に合う求人を探し、希望を出しては面接を受けるということを何回か繰り返しました。

年齢が若かったのと給与がもともと高くなかったためか、条件を絞れば希望に合う求人はたくさんありました。

そして、幸運なことに3度の面接を経て資格が活かせそうなある会社に雇ってもらえることになりました。

失敗!退職の意思を伝えるのが遅すぎた!

私の最大の失敗は辞意を伝えるタイミングでした。

とにかく転職先を決めなければと必死になっていたので、今の会社のことなどすっかり頭から抜け落ちていたのです。

上司に新しい会社が決まったから辞めさせてほしいと願い出たものの、退職まで1週間という今考えれば赤面してしそうなくらい無謀でした。

雑用とはいえ、会社の一員ですから人数が足りなくなり新たな人員を補充するのは当然です。当時の私はそんなこともまったくわからなかったのです。

結局、何度かの話し合いの上、退職日は1か月後ということになりました。さらにまずかったのは、転職先の会社にもすぐに行けると言っていたので転職先にも迷惑をかけてしまったのです。

結局手続きが終わって無事に退職はできましたが、新しい会社からは内定を取り消されてしまいました。

私の心の中では転職先が決まらなくても最悪やめなければいいやという思いがあったため、わざと辞意を遅らせた所もありました。まさに、一兎を負うものは二兎を得ずということわざ通りの結果になってしまったのです。

再度転職活動を再開

先日まで次の転職先もきまってウキウキしていた私ですが、内定を取り消されて一気に崖下に突き落とされたようなショックを受けました。

しかし、落ち込んでいる暇はありません。前の会社を退職してしまったので収入が途切れてしまい生きていけなくなるのです。

心を入れなおして再度就職活動を始めましたが、前回の経験もあったためか比較的スムーズに進みました。何社かの面接を受け、ついに新しい就職先が決まりました。このまま無職になったらどうしようと心が沈むことも多々あったので本当にホッとしました。

現在の仕事は、やりがい重視で探したので大学で得た資格をしっかりと生かせています。業務が終わって帰宅するのが毎日遅くかなり忙しいのですが、やりがいのある仕事なのでまったく苦になりません。

転職活動の反省点

転職活動の反省点としては、会社を辞めることに関して、知識がなさ過ぎたこと、軽く考えすぎていたことです。

就職のときには、企業研究や面接の仕方などいろいろ勉強したのに転職については、とにかく転職先を探さなければという考え方にとらわれすぎてしまいました。

まずは、元の会社を完全に退職し失業保険をもらいながらじっくりと転職活動を行った方がよかったのかなと思います。

次に転職を決意することは無いと思いたいですが、この経験を生かせるよう慎重に行動したいと思います。

今回の失敗のポイント

失敗の原因

退職を伝えるタイミングが悪かった

転職に関わる知識がなかった

転職を軽く考えすぎていた

どうすれば上手に転職できたのか?

ひろしくん
辞めるっていってすぐに退職はできないんですね。
ぴよ先生
会社が許せば辞めれるけど、通常は任されていた仕事の引継ぎがあるから辞める日の1か月前には退職の意思を伝えておきたいね!
ひろしくん
法律では14日前じゃなかったですか?
ぴよ先生
期間の定めのない場合はそうだね。でも相談もせずに「法律で決まってるから14日きっかりで辞めます!」なんて普通はいえないだろ? それに、月給制の場合は1ヵ月前、年俸制だと3ヵ月後と定められているんだよ。
ひろしくん
えー?そんなにかかるんですか!?
ぴよ先生
法律ではね。会社が認めればいつでもいいんじゃよ。でも会社の方も「法律で決まってる!」なんて強くでれば、在籍している社員の噂にもなってしまうので、よっぽどの理由がなければ1ヵ月ぐらいなら大抵は認めてくれるよ。
ひろしくん
まあ、お互い揉めてやめてもいいことありませんからね!
ぴよ先生
そう、「立つ鳥跡を濁さず」。転職しても前の会社と関わることもないとは言えないからできるだけキレイに辞めた方が結局は得なんだよ。

退職の失敗をなくすためにも転職エージェントを活用

転職時にスムーズに退職するために転職エージェントを活用することも可能です。転職エージェントは、退職時の引き留め対策や退職に関するノウハウもあるのでスムーズに転職⇒退職をするかプロの目線からアドバイスしてくれます。

また、当然ながら転職時には大いに活用できます。面接や書類が苦手でも合格するためのコツを伝授してくれるので1人で転職活動をするよりも転職に成功する確率が高くなります。

連絡は基本的にはメールを使うので会社にバレる心配もなく、早く転職先を決めたい場合でもうまくスケジューリングしてくれます。転職エージェントの料金は相手先の企業が負担するので無料ですべてのサービスが受けられます。

はじめて転職活動をする人は、大手のリクルートエージェント、DODAの2社に登録して、中小規模の専門系のエージェント1社に登録すればベストです。転職エージェントの担当者がすべて自分のスタイルに合うわけではないので、そのなかから自分が活動しやすいエージェントを選ぶのがいいでしょう。

1社だけだと基準がないので、なんとなくコンサルタントに引きずられて思っていたのと違う会社に転職してしまった!ということもあります。必ず複数の転職エージェントに登録して選択していきましょう。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする