SEやプログラマを辞めたい女性が転職する方法や転職するならいい業種とは?

IT化が進む社会で、外からみると華形職業であるIT系企業ですが、他の業種と比べて残業が多かったり、特にSEやプログラマは納期前には徹夜になることもあるので女性が働き続けるのが厳しい職業です。

今はどこもSEやプログラマが人材不足なので転職や再就職には困りませんが、実際にSEやプログラマになってみると理想と現実のギャップに苦しみ、別の業界へ転職を考えている人も少なくありません。

ではSEやプログラマをしていた女性がIT業界から職種を変えるとしたら、どういう業種が向いているのでしょうか。また、女性がSEを辞めたいと思った時、どのように行動すればいいのでしょうか。

今回はSEやプログラマといったIT系の技術職から異業種へ転職したいと考えている女性の転職先についてご紹介します。

女性がSEを辞める理由とは

SEから転職したいと考える理由については、人それぞれですが理由をきちんと把握しなければ次にどの業界にいけばいいのか分析できません。まずは、女性がSEやプログラマを辞める理由の上位を見てみましょう。

・結婚する
・子供ができた
・親の介護が必要になった
・職場の人間関係に悩みがある
・現在の仕事内容に不満がある
・残業が多い

こうしてみると、女性の場合は、仕事とは関係ない理由で、転職をする人も多いことがわかります。仮に産休や育児休業がしっかりあるような大手でも、残業が多いことや、仕事が激務であることが結婚や出産後の仕事の継続を妨げています。

また、今はSEやプログラマは人材不足なので、募集をしてもなかなか採用できません。そのため、今いる最小限の人数で仕事を回しているので、女性だからといって特別待遇をされたり、残業を拒否したりすることが難しい状況でしょう。

派遣社員だと時間的に融通が利く

時間的な問題でSEを続けられないのであれば、勤務形態を変えるという方法もあります。SEは女性が働きやすい派遣社員としても、求人の多い職種です。

派遣社員は時間管理がきっちりとしているので、正社員のようなサービス残業のようなものはありません。残業は求められることもありますが、きっちりと残業代が支払われる仕組みになっています。

そのため、正社員ではなく派遣社員や契約社員として仕事は時間内だけと割り切って働く、という生き方も十分に女性として活躍できる方法です。SEとしてのスキルに自信があるのなら、独立してフリーで働くという選択肢もありえます。

部署移動で対処できないか

子供ができて、今までのように勤務できなくなったために、転職を考えているという人も多いでしょう。会社に不満があるわけではないけれど、残業の多いSEは続けられないという場合は、社内で部署を異動させてもらうという手もあります。

子供ができたのを機に、希望を出して総務や経理に異動させてもらったという女性も多いです。経理や総務の仕事は、業種を問わず必要な仕事で、女性に向いている仕事です。

部署移動によって簿記や経理などのスキルを身に付けた上で、今までのSEとして培ったパソコンのスキルがプラスされれば、万が一会社が倒産したり、リストラなどで失業しても、次の転職活動が楽になります。

スキルに自信があるならフリーランスも

今いる会社で仕事に対する評価が正当にされていない、と感じているのならフリーランスとして活動するというのも一手です。

会社を立ち上げて独立となると仕事以外にも事務作業や営業なども加わるためかなり周到に計画しないと苦しくなってしまいますが、フリーランスであれば自分の好きなときに仕事ができるというメリットもあります。

SEとしてのパソコンスキルを活かして、自宅でパソコン教室を開催するという選択肢もあります。地域のネットワークや高齢者、最近では意外に若い人でもスマホは得意でもパソコンは触ったことがないという人もいるのでターゲットを絞れば可能性があります。

自宅で作業すれば、通勤に時間を割くことがなくなるので家庭を持つ女性や育児に労力を割きたい人などに有利です。自分でやる分、責任は重くなりますが、やりがいは増えます。人とのコミュニケーションも取りたいけれど、パソコンも好きという人に向いています。

SE以外の仕事をしたいなら

SEやプログラマの仕事の内容が合わなくて、転職したいと考えているなら、新しい資格を取ってから辞めたほうが転職がスムーズにいくケースが多いです。

パソコンに向かって、黙々と作業するのが向いていないと感じているなら、人と接する仕事がいいでしょう。人と接する仕事で、大きなやりがいを見いだせる仕事には、保育士や介護士、ケアマネージャーなどがあります。

通信教育でも取得可能な資格なので、仕事をしながら勉強することもできます。子供ができたり、離婚したりしてから新たに看護師学校に通い、資格を取って働いている人もいます。

SE並みの給与を求めるなら看護師

やはりSEは仕事が大変な分、収入的には高い部類に入ります。そのためSEを辞めて違う職種に転職すると、収入が大幅に減ることが多いですが、看護師なら高収入が望め、収入面の悩みをクリアしやすいです。

看護師になるには学校に通わなければならないので、その間無収入になり、学費も必要ですが、ブランクがあっても復帰が容易で将来的には安定が望める職種です。

人間関係で悩んいるなら外資系

日本人独特の人間関係やお客さん先との関係でSEがイヤになっているなら、外資系への転職も考えてみましょう。仕事の後のお付き合いが煩わしいなら、いい意味でドライな外資系に入れば、悩みの解消に繋がるでしょう。

ただし、いい意味でドライな分、日本に比べてシビアな面も多いです。日本的な企業に比べて理不尽な扱いはされませんが、リストラなどは容赦ないのでそこは注意する必要があります。

また外資系では時間内に、求められた仕事を、的確に終わらせるのが優秀な人という見方があります。自分のスキルやメンタルに自信がある人でなければ、挫折する可能性も高いです。

SEだった強みはPCスキル

今までどのようなシステムに携わっていたかでも異なりますが、SEで数年働いていたならある程度高いパソコンのスキルがあると思います。パソコンスキルは、業種、職種を問わず活かせます。どの業種に転職するにしても、これをアピールしない手はありません。

転職したい時期から逆算して就職活動を始めますが、応募するためには、まず書類をかかなければなりません。まず、最初の履歴書を書く時に、自分のスキルや経歴を積極的にアピールしましょう。

希望する会社で求人が出ていなくても、いつ募集がでるかわかりません。すぐに、応募できるように、書類に書く内容をまとめ、会社の特徴別に分類しておきましょう。待機児童が多い地域では、子供を保育園に入れることができずに、やむなく退職せざるを得ないということもあります。

会社の人事異動で、不本意ながらSEの職務に付いているという人もいるでしょう。SEを辞めたい理由が、会社にあるのか、仕事にあるのか、家庭にあるのかで、転職方法も転職先も変わってきます。

SEと関係ない職種でも、少しでもいい条件で転職するためには、今あるスキルをうまくアピールすることが大切です。

SEやPGを辞めて異業種を望むなら転職エージェントを活用

SEやプログラマを辞めて異業種に進出したいなら、転職エージェントに相談するのも方法の一つです。

転職エージェントは、転職のプロがあなたの希望を聞いて適切な企業を紹介してくれるので、あなたのスキルならどのような業種が考えられるか、逆に転職が可能なのかなど細かに教えてくれます。

とくに異業種転職は的を外すとどこからも採用されないという最悪の事態も考えられるので、ここはプロに頼った方がスムーズにいくでしょう。

連絡は基本的にはメールを使うので会社にバレる心配もなく、早く転職先を決めたい場合でもうまくスケジューリングしてくれます。転職エージェントの料金は相手先の企業が負担するので無料ですべてのサービスが受けられます。

はじめて転職活動をする人は、大手のリクルートエージェント、DODAの2社に登録して、中小規模の専門系のエージェント1社に登録すればベストです。転職エージェントの担当者がすべて自分のスタイルに合うわけではないので、そのなかから自分が活動しやすいエージェントを選ぶのがいいでしょう。

1社だけだと基準がないので、なんとなくコンサルタントに引きずられて思っていたのと違う会社に転職してしまった!ということもあります。必ず複数の転職エージェントに登録して選択していきましょう。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする