年収が下がっても転職した方がいい場合とは?転職はトータルで考えた方がよい理由

転職をする際に誰だって年収が上がった方がいいにきまっています。むしろ年収アップのために転職をするという人だって多くいます。

しかし、転職をしたからといって必ずしも年収が上がるわけではありません。年齢が高い場合や、前職ですでに年収が高く業界的に高年収である場合、転職先の企業の給与規定などによっては年収が下がる場合もあるのです。

年収はもちろん大切ですが、転職はお金がすべてではありません。人間関係だったり、会社の方針だったり、業務の辛さなどから転職する場合も多くあります。

そこで、今回は転職で年収が下がる場合と年収が下がっても転職をした方がよいケースについて説明します。

転職して年収が下がることもある

転職したら年収が上がることが理想で、実際に年収を上げるために転職をするという人がほとんどでしょう。

しかし、まだキャリアが浅く実績や経験を十分にアピールできない20代の人や30代でもスキルアップが十分でない人、とにかく今の会社を辞めたいがためにどこでもいいからと転職してしまった人などは年収が下がるというケースもあるのです。

また、転職を繰り返して自分を高く売り込めない人も年収が下がる傾向にあります。何度も転職し続けていると、こらえ性がない、すぐ辞めるというレッテルを張られるため妥協した転職しかできなくなる恐れがあります。

転職で年収が下がってもトータルで考えるべき

転職で年収を上げたいのは当然ですが、転職は年収だけがすべてではありません。年収をあえて下げることで転職先の選択肢が増えたり、内定率があがったり、行きたかった業界に転職できるなどいいこともあるのです。

プライベートな時間が増える

前職では残業が多く、その分年収が多かったという場合には残業の少ない会社に移ることで年収は下がりますが、プライベートな時間を増やすことができます。

プライベートの時間が増えることで、副業をしたり(可能なら)、婚活をしたり、仕事帰りに遊びに行く、勉強をして資格を取るなど仕事以外の時間を持てるというメリットもあります。

仕事以外の時間をどう使うかはあなた次第ですが、年収が下がったとしても考え方次第では大きな価値を生むということもありえるのです。

やりがいのある仕事

今の業界からかけ離れた業界に転職すると、今までの経験が無駄になってしまうので一般的に年収は下がることが多いです。

しかし、自分には向いていないと考えている職にしがみついて高給をもらっていてもこの先続けられなかったり、業界的に斜陽で先がなかったりするなら一時の年収ダウンを覚悟して別の業界に飛び込むという考え方もありでしょう。

特に給与面でははかれない「やりがい」のある仕事なら、少しぐらい辛くとも平気という人は多いでしょう。

辛い仕事から解放される

どんなに給与が高くとも、つらい仕事で体調を崩したりうつ病になったりしては仕事をする意味がなくなってしまいます。

病気をしてまで続ける仕事はありません。今の仕事を脱出して転職するためにも年収にはこだわらずにとにかく別の会社に逃げることが最優先といった場合もあります。

たとえ年収が下がったとしても、病気で働けなくなってしまえば給与は0になってしまいます。あなたの体を一番に考えた方が将来的には正解でしょう。

体験談:年収は2/3でもノルマから解放されストレスの無い職場へ転職

私は大学を卒業してすぐにとある車の販売店に勤めました。大手メーカーの車を扱っているため、給料も同世代の人たちに比べれば良い方でした。ただ新人のときにはそれほどでもありませんでしたが、年齢が上がるにつれて厳しい販売ノルマを設けられるようになりました。

ノルマを達成するために休日を潰してお得意さんとゴルフに行くこともあり、なんとかしても売らなければ、上司から叱責されることも多々ありました。ある日、胃の調子が悪く病院で検査したところ、ストレスによる胃潰瘍になっていました。

プレッシャーに耐えられず転職を決意

会社のノルマやプレッシャーに耐えられなくなって35歳の時に転職を決意しました。今までの過酷さにかなり嫌気がさしていたので次に選ぶ職場は営業以外のところにしようと決めていました。

全くの別業種で今までの経験も活かせないため、給料や待遇はもちろん採用もなかなか難しいのではないかと覚悟していました。それでも、販売業に戻る気はありませんでした。

ところが、自分の想像に反してインターネットで見つけた転職サイトを利用して、失業保険が切れる前に小さな車の整備工場に転職することができました。

転職がスムーズにいった理由

転職がスムーズにいった理由としては、営業職をしていた頃にお客さんから聞かれた時のために簡単な修理について勉強していたのが良かったことと、転職サイト経由で面接や履歴書の書き方をサポートしてもらったためだと思います。

給料は前職の3分の2ほどに落ちてしまいましたが、もともと車をいじるのは嫌いではなかったですし、職場の人たちと毎日笑顔で働けるのが嬉しいです。何よりも月末に感じていた言い表せない嫌な緊張感と、プライベートと健康を犠牲にしていた日々に比べれば、今の方がはるかに充実しています。

年収は確かに下がりましたが、充実感とやりがいを得ることができたので私にとっては転職は成功だったと思っています。

転職で年収が下がっても将来的に収入アップする場合も

転職で年収が下がってしまってガッカリしても、実は将来的に見れば年収はむしろ上がるといったケースもあります。

例えば、現在の職場では磨けないスキルを取得できる場合です。最初は経験も実績もないため、年収は下がりますが、スキルが上がってキャリアアップすればその会社で年収が上がることもありますし、スキルを取得した状態で転職すれば、今度は年収が上がっていくという場合もあります。

このことから、一時的に年収が下がっても労働環境やスキル、経験といった将来のキャリアプランが上手く構築できるのなら転職をするメリットは十分にあるといえます。

まとめ:一時的な年収ダウンより将来的な年収アップを目指そう

どうせ転職するなら、今よりも待遇がよく年収も上がることが最高の結果だということは誰もが思う事でしょう。しかし、年収だけを気にしすぎると年収以外の良さに気ずかない危険性もあります。特に重要なのは将来のキャリアプランです。

今の会社が年収がよかったとしても、会社が倒産したらリストラされたら、どこにも転職することができなくなるといった仕事をしている人も多くいます。特に今は、どんな大企業でも倒産やリストラが絶対にないとは言えない状況です。将来的にも仕事を続けられるのは、あなたのスキルや経験次第です。

たとえ一時的に年収が下がったとしても将来的には年収が上がっていく、もしくは年収以上の価値がある転職をした方がいいでしょう。

転職で年収アップをしたいなら転職エージェントを活用

転職で年収アップを目指したいなら、転職エージェントを利用するのが王道です。

転職エージェントのサポート受けると、転職先が決まった後にキャリアコンサルタントが転職先企業に年収アップを交渉してくれます。必ず年収アップするとは限りませんが、企業が妥協できるギリギリのラインまでは頑張ってくれるので、一人で転職活動するよりは年収アップの可能性は高いでしょう。

また、面接や書類が苦手だとしても採用されるためのノウハウを伝授してくれるので1人で転職活動をするよりも転職に成功する確率が高くなります。

連絡は基本的にはメールを使うので会社にバレる心配もなく、早く転職先を決めたい場合でもうまくスケジューリングしてくれます。転職エージェントの料金は相手先の企業が負担するので無料ですべてのサービスが受けられます。

はじめて転職活動をする人は、大手のリクルートエージェント、DODAの2社に登録して、中小規模の専門系のエージェント1社に登録すればベストです。転職エージェントの担当者がすべて自分のスタイルに合うわけではないので、そのなかから自分が活動しやすいエージェントを選ぶのがいいでしょう。

1社だけだと基準がないので、なんとなくコンサルタントに引きずられて思っていたのと違う会社に転職してしまった!ということもあります。必ず複数の転職エージェントに登録して選択していきましょう。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする