正社員からアルバイトや派遣社員になるリスクとは?メリットやデメリットを紹介

会社に従事している人の多くは正社員として雇用されていますが、最近では人件費の抑制や経費削減の観点からアルバイトや派遣社員として勤務している人が増えてきていると言われています。

そして正社員として働いている人の中にも、家庭や育児などの理由からアルバイトや派遣社員に雇用スタイルを変更したり非正規社員として転職活動を行っている人も少なくありません。

正社員からアルバイトや派遣社員になるのは比較的簡単ですが、アルバイトや派遣社員から正社員に戻るのは意外に大変です。

そこで、今回は正社員からアルバイトや派遣社員になる際にどのようなリスクがあるのかを紹介します。家庭の事情でアルバイトや派遣社員になることを検討しているなら一度確認しておいた方がいいでしょう。

正社員からアルバイト・派遣社員になるメリット

正社員からアルバイトや派遣社員になるメリットとしては時間や仕事の拘束や責任から逃れられる点がかなり大きいです。

アルバイトや派遣社員だと契約としてきちんと時間が決められていることがほとんどなので、必要以上に拘束することもできませんしサービス残業のようなものも基本的にはありません。

そのため、正社員からアルバイトや派遣社員になる人の多くは育児が必要な女性ということからも時間の自由さが一番のメリットということがわかります。

正社員でなければ残業はほとんどない

特に残業に関して正社員の場合はサービス残業を強いられる業種もありますが、アルバイトや派遣社員の場合は残業代を請求できる業種が多く、そもそも残業を回避できる場合が多いとされています。

派遣であっても、派遣業者との取り決めで〇時~〇時まで、取り組む業務なども決められておりそれ以外の時間や業務は契約違反となるので簡単に指示できません。

そのため自分がやりたい仕事や自由な時間がほしい人など、色々な理由でアルバイトや派遣社員を希望する人が増えています。

正社員からアルバイト・派遣社員になるデメリット

正社員から非正規社員になるのはデメリットが多く、リスクを背負った選択とも言えます。

そのため正社員からアルバイトや派遣社員になるのは慎重に考えた方がいいでしょう。以下のアルバイトや派遣社員になるデメリットを見て、それでも正社員から変えたいという決意がある場合だけにした方がよさそうです。

福利厚生がない

正社員からアルバイトや派遣社員になったときに最も大きなリスクとして考えられているのが「福利厚生」です。

社会保険や寮などそれぞれの会社にはいくつかの福利厚生がありますが、これらの支給は正社員を対象としています。(長期のアルバイトや派遣社員には社会保険が必要なケースもあります)

福利厚生の例としては、家賃補助、社員寮、社員食堂、資格取得支援、保養所、社員旅行、クラブ活動、企業年金などで大手の企業ほど充実している傾向があります。

アルバイトの場合は福利厚生がついているところもありますが、派遣社員の場合は派遣会社から支給されるため派遣先の会社のものは利用できません。

賞与(ボーナス)の有無

そしてもうひとつのリスクとして指摘されているのが「賞与」です。一般的にはボーナスと呼ばれ給与とは別に支給されます。こちらも支給対象は原則として正社員のみとされています。

アルバイトや派遣社員の場合は常に一定の給与が支給されるだけなので1年間での総支給額にも大きな違いが出てきますし、収入面でも差が出てくるので安定性が保てないデメリットが生まれるのです。

雇用の保護

そして正社員とそれ以外で最も大きな違いというのが、雇用の保護でしょう。正社員は会社に手厚く守られているため多少のトラブルや失敗があっても雇用を続けることができます。

法的にも正社員は正当な理由がなければ辞めさせることができないのです。そのため、一時的な増員が必要な時ににアルバイトや派遣社員を入れて業務に対応する会社が多いのです。

アルバイトや派遣社員は簡単に辞めさせることができる

忙しい時期を抜けて必要がなくなればアルバイトや派遣社員は簡単に辞めさせることができます。契約として業務内容や時間は守られていますが、会社としてアルバイトや派遣社員の雇用を守るという意識はあまり強くないのです。

そのため万が一会社の業績が悪化してリストラが検討された場合、まず候補として上がって来るのがアルバイトや派遣社員である点もリスクとなっているので注意が必要です。

住宅ローンやクレジットカードなどの社会的な信頼度

正社員を辞めてしまうと社会的な信用も失うことになります。正社員というとやはり雇用は守られているので、銀行やローン会社も長期的な支払い能力があるとみなします。

そのため、正社員だと住宅ローンやクレジットカードの審査に通りやすく、アルバイトや派遣社員だとこれらの審査に通りにくくなるということがあります。

もし正社員を辞める場合には、辞める前にクレジットカードや各種のローンを組んでおいた方がいいでしょう。

正社員からアルバイトや派遣社員になるリスク:まとめ

正社員を辞めてアルバイトや派遣社員になるということは、時間的な制約から解放されるというメリットの一方で福利厚生や賞与がなくなり、雇用が不安定、社会的な信用も低くなるというデメリットも同時にあることを覚えておいてください。

そのため、家庭の事情でどうしてもという場合でなければ正社員の席をカンタンに手放さない方がいいでしょう。一度アルバイトや派遣社員になると正社員に戻るというのは、正社員→正社員へ転職するよりもハードルが高くなります。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする