【転職の準備】将来転職するために今のうちにするべきこと

業界に未来がない、このまま同じ仕事を続けていても昇給が期待できないなど理由はいろいろですが「いつかは転職したい」と考えている人は多くいます。

かといって、ただ漫然と仕事をしているだけでは、いざ転職しよう!と考えたときに自分を高く買ってもらえず年収アップできない、高評価されずにどこにも内定がでないといった事態に陥ってしまいます。

ではいつか転職をするために今のうちにやっておくべきことはなんでしょうか?

20代なら仕事に対する基礎的なスキルが必要

ひとくちに転職といっても、希望者が20代と40代とではその対策法も大きく異なります。

それは会社にとって、即戦力を期待する40代に比べて、20代ではもっと幅広い経験を通じた成長する「のびしろ」に期待があるからです。

転職先の企業はある程度の即戦力を希望しますが、20代前半~中盤ならばそこまで厳しく業界の仕事の経験を求めません。

その人の仕事に対する姿勢や、基本的な社会人としてのマナー、そして人柄(会社になじめるかトラブルを起こさないか)などが重視されます。

新卒と違って中途採用となる場合には、転職希望者であれば、ある程度の基本的なマナーや考え方は知っているものとして省かれることもめずらしくありません。

参考記事
20代女性が転職するにはキャリア形成や将来を見据えることが大事!チェックすべきポイントとは
20代・第二新卒は転職エージェントを活用すべき!転職エージェントのメリット

20代中盤以降は初歩的な仕事から一歩先へ

20代中盤から30代前半ぐらいになると、初歩的な仕事の仕方からは卒業しなくてはなりません。初歩的な仕事の仕方とは、全て詳細に説明を受け、注意点や補足までを教えてもらい受け身のまま仕事に取り組むことです。

新人時代に多く見られる仕事の受け方ですが、転職を考えるならこの仕事の受け方を続けていてはいけません。社会人経験を重ねた20代中盤以降であれば、仕事を受けたら自分から質問や問題点を指摘し、改善点を提案したりしながら、やり遂げます。そうなれば「新人」というレッテルも卒業です。

さらに、営業企画や新規プロジェクトに参加したりリーダーシップを取れるようになるには、方向性や予算、その他の条件をもとにして「仕事を作る」ことが必要です。方向性という目的が与えられているので、これまでの経験や知識、新たに仕入れた情報を駆使して具現化していくことが腕の見せどころです。

この辺りの仕事が20代中盤以降でできれば、新しい会社でも十分に活躍が期待できるでしょう。つまり、いずれの職種を選んだとしても、20代からの10年間で「仕事を作る」ところまで移行できなければ、せっかく転職しても初歩的な仕事を1から教わる新人のような扱いに戻ってしまいます。

転職を考えているなら自分で「仕事をつくる」ことが大切

転職を希望しているのであれば「自分で仕事を作る」ようになっていることが大切です。それこそが転職を成功されるポイントとなるのです。

「仕事をつくる」ようになるには、仕事のノウハウを身につけたり資格を取得するといいでしょう。専門的な知識や経験が増え提案や改善ができるようになります。

ノウハウというのは、仕事を行う上で押さえておくべき大切なポイントで、業界により内容は異なります。新人ではじめて仕事をする上での基礎的な知識、用語、やり方などの包括的な内容などがそうです。

仕事のノウハウが付けば難しいこともこなせる

突然起こるトラブルや条件が困難な仕事ほどノウハウの応用が重要になります。場合によってはコミュニケーションやプランニングなどの能力が問われることもあり、経験を貯めてノウハウを知らないと対処することができません。

また業界での必要な資格を取得することで、幅広い基礎知識が証明できる他、制限された業務を行うことが認められたりします。

業界によっては、資格がないとその業界の仕事をすることさえできない場合もあるのでとれる資格があるならできるだけ取得しておくことが必要です。

「仕事を作る」上で、これから進みたい業界が決まっているのであれば、そこで重要視される資格を取得することで転職する際のアピールにもなります。採用する会社にとっては、仕事への意識が高い希望者として、転職がスムーズに進むことになるでしょう。

転職への意識を明確化しておく

「仕事をつくる」ことで転職への基礎的な能力を得ることはできても、なかなか転職に踏み切れないかもしれません。

そんなときには、転職する理由を明確化することで意識を高めることができます。

なぜ転職をするのか?転職した後にはどうなりたいのか?ここを明確にしておくと、するべきことも見えてきます。

例えば、なぜ転職したいのか? に対して将来的に今働いている業界が斜陽産業だからという理由の場合を考えます。

今の業界が不安なら、どういった業界ならば安心できるのか? 今の業界の仕事内容に関連する業界はどこか?などを調べておくことで、いざ転職をしようと考えたときにスムーズに活動を始めることができます。

業界や企業の動向をリサーチしておく

転職の意識を明確化してチャレンジしたい業界、応募したい企業などが具体的になればさらに一歩先に進むことができます。

業界や企業をリサーチするのです。異業種であれば、業界に特化した新聞や雑誌、業界紙、同業種であっても業界についてさらにリサーチすることで業界についてさらに詳しくなることができます。

業界に詳しくなると、転職の際に業界のことに詳しいかったり勉強をよくしているという理由で面接が有利になります。

他の応募者で業界について長い期間勉強している人など多くいませんので、転職までの期間が長ければ確実に有利に働きます。

すぐに転職しないなら転職サイトやエージェントに登録しない方がいい?

転職をしよう!と決断したら転職サイトに登録したり転職エージェントに相談するのは今や当たり前になっていますが、では今すぐに転職するかどうかわからない場合には転職サイトへの登録や転職エージェントに相談するのはいいのでしょうか?

結論から言うと、転職サイトや転職エージェントへの登録は必須です。転職サイトはどんな求人があるのか?狙っている業界の求人は多いのか?など業界研究につかえるからです。

また求人を見ることで、どのような資格が有利なのか?どのような人材が求められているかなどもわかります。

転職エージェントも業界情報を得るために必須

転職エージェントも業界の情報を得るために有用です。転職エージェントは登録したからといってすぐに求人をガンガン紹介されるわけではありません。

まずはカウンセリングといって、どのような業界に転職したいのか?自己分析はできているかなどエージェントと話すことになります。

そこで希望の業界のことや、転職可能なのか?転職するとしたら何が必要なのか?などをエージェントから情報を引き出すことができます。

もちろん、まだ転職は早いかな?と思えば転職しないという選択も可能なので登録だけはしておいても損はありません。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする