会社を辞めるか残るべきか判断できるたった一つの方法とは

今の仕事が嫌だなぁ、転職した方がいいのかなぁと誰でも一度は考えますよね。

しかし、実際に転職に踏み切るのは時間や気力をかなり必要とするので「会社は辞めたい、でも転職もちょっとなぁ」という人が多いでしょう。

仕事を変えるというのはそれだけ大きな決断になるので簡単に決断を下すことはできません。では、会社を辞めるべきか、辞めないべきかはどうやって判断すればいいのでしょう。

そこで、今回は会社を辞めるか、辞めないかを判断するための方法について紹介します。

辞めるタイミングの判断がわかれば、転職したときに後悔することが少なくなりますよ。

会社を辞めるべきか辞めないべきかの判断方法

まずは会社を辞めるべきか辞めないべきかを判断する方法です。これは自分の現在の状況と気持ちをしっかり整理するところから始めてください。なぜ会社を辞めたいのか、辞めたらその後どうしたいのかを考えておくことです。

勢いで会社を辞めてから「こんなはずではなかった!」と後悔する方は非常に多いです。そういった人たちは自分がなぜ辞めたいのか?辞めた後どうしたいかをよく考えていないために、また同じ失敗をしてしまうのです。

会社にどんな不満があるのか?

次に考えるべきことは会社にどんな不満があって辞めたいのか、という点です。たとえば、仕事内容が自分にまったく合っておらず、苦痛でしかないとしましょう。これは状況としては深刻です。基本的に同じ会社に勤めていれば仕事内容は変わらないことが多く、このまま仕事を続けていても解決されない問題になるからです。

それならばまったく違う業種に転職するのも良い方法の1つになります。

逆に、特に明確な理由はないものの、ただただ仕事が面倒などの理由で辞めたいと感じている場合、転職をしても結局同じ状況になってしまう可能性があります。なぜ辞めたいと思うのか、どんな不満があるのか、この点は転職をするうえで非常に重要な要素です。

正しい判断をするためにも、一旦自分の気持ちを整理して、抱えている問題をいくつかに分類してみる方法もあります。そのポイントとはなにかを紹介します。

1.自分では解決しようのない会社の持つ根本的な問題
2.根本的な問題だが自分で解決できる可能性がある
3.一時的な問題だが自分では解決ができない
4.一時的な問題で同時に自分で解決できる可能性がある

転職以外に解決方法がないのは会社の問題

仕事で抱える問題は、おおよそこの4つに分類できるはずです。この中で自分ではどうしようもなく、転職をする以外には解決できないというのは

1.自分では解決しようのない会社の持つ根本的な問題

です。自分で解決できないとなると、会社側が何かを対策をしてくれるか、自分が我慢し続けるしかありませから、精神的にも辛い状況が続きます。一時的な問題であればしばらくの間耐えれば良いと考えることもできますが、そうでなければ今の仕事を続ける限りつきまとう問題です。

こうした問題を抱えている場合、会社を辞めるという判断も必要になるでしょう。逆に、自分で解決できる問題の場合、自分が問題解決に動くことで今の仕事を続けつつ、労働環境を大きく変えられる可能性もあります。

会社を辞めることでかえって後悔してしまったり、状況をさらに悪化させるリスクも生まれるわけです。会社を辞めるべきか辞めないべきかは、問題の質を踏まえながら考えるようにしましょう。

自分で解決できるなら会社を辞める必要はない

2.や4.の自分で解決できる可能性がある問題の場合は、解決する努力をしてみます。例えば給与が安い場合は、バイトをする、副業をする、資格をとる、残業をもっと頑張るなどで解決できないのか? 人間関係の問題なら、部署移動や関係改善の努力をすることで解決できないか検討します。

自分で解決できるかもしれないのに、転職で会社から逃げようとすることはあまり好ましいことではありません。やはり転職は環境が変わったりエネルギーを使うので気軽にできることではありません。

自分で解決できる問題の場合は会社を辞めない、自分で解決できない問題の場合は会社を辞めて転職活動をするという基準で見てください。

そうはいっても、個々の問題の内容や詳細で変わってきます。自分では解決できると思っていても根が深くなかなか解決ができなかったり、解決は無理だと思っていたことでも会社に相談したらあっさり解決してしまったということもありえます。

まずは、どちらのケースでも自分で解決できないか試してみることはしてみるべきです。それでもダメならそのときはじめて転職を考えても遅くはありません。

ウツなどの病気になりそうな場合はすぐ転職

会社を辞めるかどうかの判断は、「自分で解決できるかどうか」がポイントと説明しましたが例外があります。

うつ病などの病気や激務で体を壊しそうなときにはスグにでも辞めるべきです。病気になったり、体を壊してしまうと会社を辞めてもスグに次の会社で働けなくなってしまうことがあるためです。

辞めようかどうか迷っているうちに、どんどん病気は悪化してしまいます。病気になると公務員でもない限り会社は守ってくれません。すぐに行動を移すようにしてください。

実際に転職を考えるならどう行動すべきか

では次に、実際に転職を考えるならどう行動すべきかを考えてみます。既に別な会社から声をかけられている、というなら別ですが、仕事を辞めるなら別な仕事を見つけなければなりません。

新しい仕事を見つけるのは会社を辞めてからではなく、会社を辞める前に見つけておくのが理想です。そのためにも転職エージェントなどの転職サービスを活用するのがおすすめです。

転職エージェントには数多くの求人が集まっており、人材を募集したい企業と転職したい人を結びつけてくれます。転職を具体的に考えるなら、仕事を辞める前からこうしたサービスを活用した方がスムーズに転職できます。

転職エージェントでは面接対策をしてくれたり、履歴書の書き方を指導してくれたり、面接日の設定をしてくれるなど、忙しく働きながらも転職活動がしやすいように動いてくれるのです。

これなら仕事を続けながら理想の職場を見つけることも十分に可能です。逆に、こうした転職サービスを使わないとなるとすべてのことを自分でやらなければならず、負担も大きくなります。

適職を診断してくれるサイトも

また、転職サイトの中には自分にはどんな仕事が合っているのか、その点を診断してくれるところもあります。転職を考えているものの自分に合った仕事がよくわからない、そんな方には便利なサービスになるでしょう。

自分でも思わなかった意外な適性が見つかる可能性もあり、転職に役立ちます。充実したサービスを提供してくれる転職サイトは、いまや転職に欠かせない存在となっています。自分の置かれた環境を整理することで、会社を辞めるべきか辞めないべきかを判断できるようになります。

もし会社を辞めるべきだと判断し、転職に向けて動き出すなら転職サイトも活用しましょう。そうすることでよりスムーズに転職を目指すことができ、新たな職場選びに失敗する可能性も減らせます。

スムーズに転職したいなら転職エージェントを活用

退職を決断してスムーズに次の会社に転職したいなら転職エージェントを活用するといいでしょう。

転職エージェントは、転職のプロが今までの経験や多くの企業の情報からあなたに合った企業についてのアドバイスや指針を教えてくれます。今までの自分が気づかなかった自分の良さや、武器になる職歴などもあるかもしれません。

また、面接や書類が苦手だとしても採用されるためのノウハウを伝授してくれるので1人で転職活動をするよりも転職に成功する確率が高くなります。

連絡は基本的にはメールを使うので会社にバレる心配もなく、早く転職先を決めたい場合でもうまくスケジューリングしてくれます。転職エージェントの料金は相手先の企業が負担するので無料ですべてのサービスが受けられます。

はじめて転職活動をする人は、大手のリクルートエージェント、DODAの2社に登録して、中小規模の専門系のエージェント1社に登録すればベストです。転職エージェントの担当者がすべて自分のスタイルに合うわけではないので、そのなかから自分が活動しやすいエージェントを選ぶのがいいでしょう。

1社だけだと基準がないので、なんとなくコンサルタントに引きずられて思っていたのと違う会社に転職してしまった!ということもあります。必ず複数の転職エージェントに登録して選択していきましょう。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする