転職に失敗してすぐ辞めてもいい?短期間に別の転職先を探すリスクと採用されるポイント

がんばって転職が成功してバリバリ働くぞ!と気合を入れて働き始めたものの数か月で「あれ…なんかこの会社違う…」と不安になってしまうという人もいるのではないでしょうか。

中には、面接時に説明されたことと実際に働いてからが全然違う!といった、会社自体に不信感をもってしまうことさえもありえます。しかし、転職して短期間でまた転職するのはマズイかな?転職自体も大変だし、なによりも短期間の転職では採用されないんじゃないだろうか。と考えるのが普通です。

自分勝手に何度も転職をすると採用されるのが難しくなりますが、ポイントさえ抑えておけば短期間の転職は必ずしもダメではありません。今回は、転職してから短期間に別の転職先を探すことのリスクと転職が可能になるポイントについて解説します。

転職後すぐに辞めるリスク

転職をしてスグに辞めることが良くないと思われているのはなぜでしょうか?それは、短期間に転職を繰り返すと辛抱の足りない不真面目な人と思われるためです。

うちに入社してもまたスグに辞めるんでしょと思われると、なかなか採用してもらえなくなります。その他にも転職後すぐに会社を辞めることのデメリットがあります。

再転職に不利になる

やはり短期間で辞める人は、なにか本人にも問題があるととらえられることがあります。いかに先方の企業に問題があったからといっても、十分に調べていない、少しのことで我慢ができないなどと思われることがあります。

次の職場に影響が及ぶ

あなたの経歴は上司や場合によっは他の社員にも知られる可能性があります。そうなると、短期間で転職を繰り返す人とみなされることもないとはいえません。

再就職が困難になる

新卒や転職回数が少ない場合やスキルや業界の経験が豊富な場合などには問題になりませんが、年齢が高くなるにつれて再就職が難しくなることもあります。

一般的に、年齢が上がる、転職回数が多いと転職活動はそれだけ不利になるので、このような場合は慎重に考える必要があります。

転職グセが付く場合がある

あなたの意識の問題だけですが、簡単に転職できてまたスグに転職できてしまうと「なんだスグに仕事は見つかるし問題ないや」と考えて転職を気軽に行うようになるかもしれません。

転職がスムーズにいったとしても、それはタイミングや運などの要素もあるので転職を簡単に考えない心構えは大切です。

1年未満でも転職してOKな場合


一般的には、数か月で退職してしまうと転職に不利になるので最低限1年は我慢した方がいいというのが定説です。

しかし、職場環境が悪く残業も激しい上に残業代も出ない、人間関係が悪く心身ともに疲れて病気になりそうなどその会社にいることが著しく意味がないことなら辞めて転職した方が有意義なこともあります。

特に病気になってまで我慢していると、転職さえできなくなってしまうので、いくら短期の転職が好ましくないと言われても辞めざるをえません。

退職の理由がハッキリ言えれば問題ない

私は以前、中堅企業の採用担当も兼ねていたのですが、短期間での転職については短期間で転職をした理由が妥当なら問題視はしていませんでした。それについては他の面接官も同じ意見です。

短期の転職の理由がハッキリしていて納得できる説明ができるならば、条件だけをみて不採用にする理由がないんです。なぜなら書類から面接に通しただけで企業側はある程度「採りたい」と思っているからです。

じゃあ納得できる理由ってなんなの?といわれるとその人その人のケースで変わります。親が病気になって近くに住む必要があったのでも、転職したが説明された内容と実際の業務が違かったなどいろいろあると思います。

ポイントは前向きに仕事をしたいという理由だと納得されやすいということです。お金や残業代が…人間関係が…という理由は納得されにくいのでウソでも業務に関連させた理由にした方がいいでしょう。

短期離職でも転職を成功させるには

短期で離職する場合は、やはり転職先に短期で転職した理由について厳しく突っ込まれるのは避けられません。どこの会社でも入社してまたスグに辞められたら困るどころか、入社させた人の責任になってしまうからです。

そのため、人柄、誠実さを重点的に見ようとします。面接で短期離職を乗り切るには、先に説明したように、

1. 聞いていた内容と違ったためスキルアップに支障をきたす
2. 自分の情報収集力や判断力が甘かったためと正直に反省する

のどちらかしかありません。どちらかいいかはケースによります。スキルを必要とするような職種なら1の方がいい場合もありますし、あまりスキルアップは関係ないような仕事内容なら正直に自分の甘さを反省した方がうまくいく場合もあります。

また、短期転職の理由以上に志望動機をハッキリさせることも大切です。以前の会社では転職に失敗してしまった理由が志望している会社では可能であることが説明できれば、今度はそう簡単にはやめませんというアピールになるのでうまくいく可能性が高まります。

今度こそ転職で失敗しないためには

転職して短期に再度転職することは、可能とは説明しましたがやはり失敗であることは間違いありません。今度同じように失敗すると転職の転職も短気で辞めることになり、これはさすがにどこの会社でも「学習能力がない」と判断せざるをえません。

再度同じ失敗をしないためには、転職先の企業を入社前によく見極めなければなりません。

志望先の企業を最大限調査する

短期転職で失敗しないためには、志望先の企業についてよく調査することです。企業のホームページをすみずみまで確認して怪しいところはないか、予測できる業務内容はどんなことかなどを調べます。

社内の雰囲気や社員の不満などを調べるには口コミサイトが便利です。特定の人の意見なので絶対的な指標にはなりませんが、ある程度の参考にはなると思います。

VORKERS
https://www.vorkers.com/

転職会議
https://jobtalk.jp/

カイシャの評判
https://en-hyouban.com/

面接で仕事内容を確認

面接は企業があなたを選ぶだけの場ではありません。採用される側が企業に対して疑問に思う事や、仕事の内容、期待している役割などを確認するお互いの意識合わせの場でもあるのです。

選ばれる立場だと卑屈になることはまったくありません。どのような仕事をするのか、労働時間は、労働環境はどうか?などわからないことはすべて聞いておいた方が確実です。

聞きにくいからといって不安なことを聞かないでいると、実際に入社してから話が違うとなって再度転職になると企業にとっても、あなたにとっても不幸なことです。

面接時に社内の様子を確認

社内の雰囲気や働く人の態度などは実際に入社するまでわかりません。しかし面接時に社内を少し見せてもらえたり、社員の人に会わせてもらえることもあります。

やりがいをもって働いているか、目が死んでいないか、雰囲気は良いかなどチェックできるところは確実にチェックしておいた方が失敗を避けられます。

内定承諾前に労働条件を書面でもらうように依頼

面接時に聞いたことと実際に働いて違うことだらけ!という事態を避けるためには、労働条件を書面で明記してもらうしかありません。

書面でもらっても、平気で裏切る会社はありますが条件違いをある程度牽制することもできますし、万が一裁判などになったときに効力があります。

内定通知書はきちんと確認し、不明点早急に確認

労働の条件違いを避けるためには、やはり書面で提示してもらうのが確実です。書面で明記してもらうと言った言わないという不毛な争いを避けることができます。

もし、これらの書面を要求するのが難しいならば転職エージェントを通じて交渉してもらうことも可能です。

転職エージェントを活用するとさらに失敗が少なくなる

ここまですべてできるのなら新しく入社する企業に不安もなくなるでしょう。でも実際には、せっかく内定をもらったのに要求ばかりで大丈夫かな?という気持ちにもなります。

そういう場合は、転職エージェントを活用することです。エージェントに依頼して内定通知書や労働条件の書面をもらうこともできます。

こちらからは、いいずらい給与交渉や条件面の交渉なども請け負ってくれるので一人で転職活動をするよりもはるかに不安がなくなります。

また、転職エージェントは企業の裏情報や内部の情報に詳しい場合もあるので、あなたが不安に思っていること、絶対に妥協できない点を伝えておくとその心配がある企業を避けることもできます。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする