選り好みすると就職できない? 仕事はきちんと選ぶ方がいい理由とは

やりたいと思える仕事がなかなか見つからない、もしくは希望する会社に内定できないから仕事につけないという人がたまにいます。

そして、それに対して「仕事をえり好みしているから就職できないんだ」という人もまたいます。確かになんでもいいから仕事をするなら仕事にはつけますよね。実際にハローワークだって、転職サイトだってたくさん求人を出しているんですから。

でも、仕事は選り好みした方が結局は得なんです。仕事は選り好みした方がいい!その理由について解説していきます。

選り好みをした方がいい理由

選り好みをした方がいい理由としては、やりがいの問題、会社との向き合い方、自分との向き合い方の3つに集約されます。では詳しい理由についてみてください。

選り好みしないと結局続かない

仕事を選り好みした方がいい理由の一番大きな理由は、適当に選んで妥協した仕事だと仕事に身が入らないので結局長く続かなということです。

とにかく仕事に就きたいから選り好みせずに応募して働いている…でもやっぱり合わない…やる気がない…やめたい…となることが多いのです。

もちろん長く続ければ、それでいいということではありませんが、長く続ければ昇給があったり、退職金が増えたり、経験やスキルが増えたりといいことはたくさんあります。

適当に入った会社でも、やってみたら以外に楽しい仕事だった、自分に向いていた!という人も中にはいるでしょう。しかし、それは単にラッキーだっただけです。自分で調査せず、自分がどんなことをしたいのか、どんな会社に入りたいのかを十分に考えないと仕事を頑張ろうという意欲を出すのに時間がかかってしまいます。

では、自分で選り好みして入った会社は絶対にやる気がでていつまでも頑張れるのか?というとそうでもありません。会社は入ってみなければわからないことはたくさんあります。

人間関係が悪かったり、理不尽な仕事ばかり押し付けられる、会社に先が見てないなど、自分の意欲だけではどうにもできないことも多々あります。しかし、自分で入りたいと思って入った会社と入れそうだから応募したという会社では最初の意欲がまるで違います。

選り好みしないと志望理由がいえない

仕事を選り好みするといい理由として、面接のときに

「当社をなぜ希望されましたか?」

という質問にすぐに答えることができます。自分で選り好みして応募したので、この会社のいいところ、気に入ったところ、自分ががんばれると思ったところがたくさんあるはずです。

給料が高そうで、休日が多いなど条件で決めたという場合でも言い方を変えるだけで立派な志望動機になります。

それよりも、入れそうなところはどこでもいいやという意識でいると結局会社のこともよくわからないし、調べない、そうなると面接でも矛盾だらけで結局不採用になる確率が高くなってしまいます。

選り好みして初めて自分が見えてくる

仕事の選り好みがいい理由の3つ目として、自分をもう一度見つめなおすことができるということがあります。就職や転職をする際には、どういう会社で働きたいのか?この先はどのようにキャリアアップして、人生設計をどうするのか?について考えなければなりません。

キャリアアップや人生設計を考えずに適当に仕事を探してしまうと、40代、50代になってなんの経験も知識もなくリストラされてしまったら二度と希望するような職にはつけなくなってしまいます。

すなわち、年を取ってから少しの選択さえ許されなくなってしまう可能性すらあるのです。

選り好みとは、自分がどうしたいのかをもう一度考え直し、企業を研究した結果です。自分の能力や経験を無視して無理な企業選択をするのは無茶ですが、しっかりと地に足をつけて選んだ会社なら選ばないよりもメリットが大きくあるのです。

選り好みは大まかな枠だけを決める

選り好みはした方がいいといっても、どうみても無謀な選り好みというのもあるのは確かです。やったこともないのに、特殊な技能と経験が必要なところばかりを応募したり、理想とプライドだけ高く妥協を一切しないようならなかなか就職が決まらないでしょう。

選り好みをしてもいいのは、大まかな枠だけです。この業界、この職種をがんばりたい、プライベートを大切にしたいから休日の多いところ、忙しくとも給与が多いところなど、なにかを犠牲にしつつ自分が譲れないものを決めておくのが正しい選択の仕方です。

それでは採用されないという場合

年齢や経験などから選り好みをしていては採用されないという人もいると思います。その場合は、企業と自分とのかい離を縮めるしかありません。

特に転職活動は、企業は即戦力を求めます。あなたのスキルやキャリアが足りない場合、企業にとっては不要な人材ということでスキルやキャリアを求めない業種、職種にシフトしなければなりません。

自分のスキルを客観的に判断できない場合は転職エージェントを

転職をしたい人限定ですが、自分のスキルと企業が求めるスキルのかい離が埋められない場合は、あなたを客観的に判断してくれる転職エージェントを活用するといいでしょう。

転職エージェントは無料で登録できる上に、転職における相談や希望する企業を非公開の求人などから最適なものを選んでくれます。

特に在職中であれば、転職活動をする時間も限られているので転職に関わるアポイントや転職先の大まかな選別など細かい作業はプロにすべてお任せしてしまうのが効率よく転職活動をするポイントです。

仕事を選り好みしつつ転職に失敗しないためには、転職エージェントを活用するのが一番いい方法です。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする