会社で挨拶をしない人、その心理と対処方法は?

職場で挨拶をしても挨拶を返してくれない…一度なら聞こえなかったのかな?と思いますが、何度も続くと「嫌われてる!?」「なんかしたかな?」と不安になりますよね。

そして、朝にその人を見かけるとすごーくイヤな気分になります。私も以前の職場で経験があります。社会人にもなって、挨拶もできない人がいると子どもというか病気なのか知りませんが、「挨拶ぐらいしろよ!」って心の中で思っています。

そんなイラっとする心を少しでも軽くするために、今回は挨拶をしない人は、なにを考えていて、どう対処するのがベストなのかを解説します。

実は挨拶しない人は結構いる

大抵の人は挨拶をすれば返してくれます。これは、社会で生きるために必要なことで小さいころからの躾が影響しています。しかし、挨拶をしない人というのは必ず一定割合でいることも確かです。

私の体感では50人に1人ぐらいです。同じマンション内で挨拶しない人、同じ職場ですれ違っても挨拶しない、朝来てもスッと自分の席につく人いろいろいます。といっても本当に少数です。大抵の人は気持ちよく挨拶してくれます。

両親の躾で挨拶を重要と教えられないという人はいるのかもしれませんが、幼稚園、小学生、中学生と学校や地域で挨拶の大切さは子供のころから教えられているはずなんですけどね…どうしてこうなってしまったのでしょうか。

あなたが挨拶されない理由

では挨拶しない人はどういう心理なんでしょうか?単に常識が無いだけなのか、あなたが嫌われているのか…実は挨拶しない人には一応理由があるのです。

あなたが嫌われている

いつもは挨拶してくれていたのに急に挨拶しなくなったような場合、あなたが相手になにか嫌われてしまうようなことをしてしまって、怒っているということがあります。飲み会での失言、会議やちょっとした世間話の中で気に障ることを言ったなど、思い当たるフシがないか考えてみてください。

嫌われているかどうかチェックするには、他の人への態度を見ることです。あなただけなのか、何人かなのか?それとも、たまたま気が付かなかっただけなのか、一度挨拶されなかったからといって嫌われている!と早とちりしないように気を付けてください。

挨拶の必要性を感じていない

挨拶が面倒、子どものころから挨拶を習慣化していない人は一定数いるようです。こちらも、あなただけでなく職場の誰にも挨拶していないのか、あなただけなのかを観察してみてください。ほとんどの人に挨拶していないようだったら、このケースでしょう。

勘違い(すれ違い)

挨拶されない! と思っていたが、実は挨拶をしていたというケースもあります。声が小さい、会釈だけ、去った後にぼそっと言う人もいるので本当に挨拶をしていないのかを確認してみてください。

また、自分が挨拶しているときは確認が難しいですが誰かとすれ違ったときなどにその人を観察すると実は挨拶しているにかどうかがわかります。

あなたに挨拶されないと勘違いしている

以前は挨拶していたのにされなくなったケースとして、あなたの挨拶に気づかなかった、もしくは挨拶したけど挨拶を返されなかった場合に、「じゃあこっちも挨拶しないよ」と思ったのかもしれません。

これは確認のしようがありませんが、あなたとその人の間でなんらかの誤解や理解不足がある場合もあることを覚えておいてください。

知らない人だから

同じ会社だけど、部署が違うなど接点がないと「知らない人だから挨拶しない」という人はいます。こういった人は、内気で傷つきやすいので知らない人に挨拶して勘違いだったら、恥ずかしいといった人見知りの人に多い傾向があります。

目上の人には挨拶するけど下には挨拶しない

体育会系でありがちですが、目上の人には挨拶するが下の人間には挨拶をしなくてもよいと考えている人もいます。上司だったり、先輩だったり、あなたに挨拶しない人が上の立場である場合はこういったケースもあります。

病気の可能性

ウツ傾向であったり、仕事に追われていて疲労がピークの場合挨拶している余裕はありません。自分のことで精一杯だからです。また、劣等感が強かったり他人と関わることを極端に恐れている人は挨拶をイヤがる傾向にあります。

挨拶されない人へどう対処する?

挨拶されないと、今後どうしたらいいのか悩みますよね。挨拶してもまた無視されるとショックだし、挨拶したくないならこちらも挨拶しない方がいいのかな?なんて考えてしまいます。

挨拶は返されると思っているから腹が立つ

挨拶をされないでカチンとくる、不快な気持ちになるのはなぜでしょう?それは、相手も挨拶して当然と思っているからです。挨拶をなぜするかというと、対象の人との緊張状態を緩和するためです。お互い会ったときに挨拶をするまでは緊張状態が発生するのが普通です。

でも、挨拶されたり挨拶を返されたりするとホッとしますよね。挨拶を返されることはそれほど重要ではありません。自分が挨拶できればいいのです。挨拶は、お互いにするのが当然という意識から挨拶は自分が気持ちよくなるためにするといった意識に変えると気が楽になります。

挨拶しない人は対人スキルが低いためプライベートが大変です。みんなに「なんだあいつ」と思われたり、時には説教されることもあります。そんなかわいそうな人なので、あなたがそんな人に合わせて心を痛めたり、不安に思う必要はありません。

また、あなただけに挨拶しない人の場合、職場であなたが挨拶しているのに相手が挨拶していないのを他の人が見るとどう思うでしょうか? みんな挨拶しない方を「あの人なんだろう?」と思うようになります。

あなたは、変わらず挨拶し続ければ周りはわかってくれます。誰がおかしな人なのかを。

それでもイヤな場合

無視されて挨拶し続けるのはキツイ!自分にはできない!という人もいるでしょう。やっぱり、挨拶して返ってこないと意思が強い人でないと難しいですよね。その場合は、会釈だけすればいいと思います。会釈をしておけば、最低限の挨拶になるので失礼ではないでしょう。

お互いに、まったく無視しているよりもおかしくないし、なによりあなたが「一応挨拶している」と思えるので気がラクになります。無視し続けるのもツライですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする