職場で自分への陰口が!つらくなる前に早めに対処しよう

職場で自分への陰口を聞いてしまったらどうしますか? 普通の人ならかなりショックでとても悲しくなってしまいますよね。

一度たまたま聞いてしまったとしてもダメージは大きいのに、さらに何度か聞いてしまった、言われているような雰囲気があるなどエスカレートしてしまうと、最悪の場合、うつ病や心因的な病気になって職場にも行けなくなってしまいます。

そうならないためには、どうしたらいいでしょう。

今回は、職場で悪口をいう人の心理と陰口を言われないための対処方法について解説していきます。

職場で陰口を言う人の心理

職場で陰口を言われてしまうとショックでやる気が起きなくなってしまいますが、まずは陰口を言う人の心理を知ってください。なーんだ、こんなことで陰口をいうのかとあなたが悪いというよりも陰口や悪口をいう人の方が問題があるということに気づくでしょう。

嫉妬からの陰口

女性の多い職場では嫉妬からくる陰口が最も多く起こりがちです。女性の場合、男性よりもグループをつくることが多かったり、他人と自分を比べることが多いので嫉妬による陰口が起こるのです。

そういった嫉妬による陰口を受けやすいのは、ある程度普通なのに輝いて見えたり、その人の力ではない理由で幸せそうに見えてしまう場合です。

その人の力ではない理由とは、例えば彼氏や旦那さんがステキだったり、旦那さんが家事や育児にとても協力的、仕事においても男性社員に助けて手伝てもらえるなど、その幸せは「他人の力でしょ」と思われてしまうと嫉妬を受けやすくなります。

批判や批評好き

男性に多い傾向がありますが、自分のことは置いておいても、とにかく人のすることを批判、批評することが好きな人がいます。

このタイプの人間は、意識していなくとも自分と誰かを比べることで自分の有意なところ、自分の良さをアピールしているのです。誰かに認められたい、ほめられたいという自己承認欲求が強いために陰口をたたきます、

現状が不満な場合

陰口を言う人の心理とししては、自分が認められていない認められたいという自己承認欲求が満たされていない場合に起こることがあります。

職場であれば自分は毎日頑張っているのに、あの子は頑張っていないのに私よりも認められていると思えば不満から陰口をたたくことになります。

自分を守るため

グループの結束を固める、自分にやましいことがある、仕事ができないために他力が必要など、自分の弱い部分を隠すためにあえて自分以外の誰かを標的にして陰口をいう人がいます。

自分以外が矛先になれば、自分の無能さは隠すことができるので安心できるのです。ただ、本当に隠せているかはわかりません。みんな知っていてあきれているということもあります。

陰口を言われても立ち直るヒント

実際に陰口をいわれてしまった場合に立ち直るのは大変ですが、そのままガッカリとへこんでいても仕方がありません。できるならば、気にしないというのが一番いいのですが、それも難しいので陰口を言われても立ち直るためのヒントをお教えします。

悪口をいう人に問題があることを認識する

自分に非がないのに陰口を言われたなら、陰口をたたく人に問題があると考えることです。職場で明らかになにか問題があるのなら、直接注意すればいいのです。陰でコソコソいう必要はありません。

嫉妬や劣等感、あなたを悪く言うことで自分を認めさせたいという打算があるのです。あなたが気にする必要はまったくありません。

イヤなことは時間が解決する

人間は忘れることのできる生き物です。もしすべての記憶が薄れずに残っていたら、悲しいことショックなことがいつまでも残り続けて生きてはいけないそうです。

陰口を叩かれたことは、ショックで悲しいことですが時間が経てばイライラして気持ちも落ち着いてきます。 陰口を言う人にいちいち付き合っていたら、あなたの貴重な時間が無駄にされてしまいます。

陰口は仕方のないものと割り切って別のことに時間を使うようにすると時間とともにイライラ、ムカムカが薄れていきます。

全ての人に好かれないと割り切る

人間は、ほめられたことよりも批判されたことの方が強く印象に残ります。すべての人と相性よく生きることはかなり難しいことです。

あなたがかかわった人すべてを満足させることはまずムリです。いろいろな考え方の人がいて、必ず正しい人などいません。

陰口を言われたことは、理不尽なことでなければ受け入れて自分の中で消化します。陰口を言っていた人については、その人の主観なので仕方がないと割り切りましょう。

言われたことを反省して改善する

陰口で言われていることが、明らかにあなたに非があって改善すべきものなら反省して改善することでモヤモヤを取り除くことができます。

気づかなかった自分の悪い点を気づかせてくれて感謝とともに、あなたが今よりももっと人間的に成長することができるヒントととらえてしまいましょう。

仕事を忙しくする

陰口でビクビクしてしまうというのは、ある意味、時間的に余裕があるということです。仕事を一生懸命やっていたり、スキルアップの勉強をしていると職場にいる時間はあっという間に過ぎてしまいます。

人間はイヤなことがあった場合、別の記憶で上書きすれば次第に薄れていきます。モヤモヤと頭で考えるほど忘れられなくなるので、できるだけ陰口を引っ張らないように精力的に活動しましょう。

陰口をたたかれないための自己防衛の方法

陰口をたたかせないためには、自己防衛することも必要です。自分では気づかないうちに自慢をしていたり、誰かを見下したりしていると陰口をたたかれるスキを与えてしまいます。

過度な自慢をしない

どこどこに行った、彼や旦那さんに〇〇してもらったなど自分では自慢に思っていなくとも、聞いている人からするとイライラすることもあります。

また、自分ではグチだと思っていても自慢ととられることもあります。自慢話は嫉妬や陰口の格好の標的になりがちです。それでは職場で話もできないと思うかもしれませんが、陰口を叩かれないようにしたいという場合には自分の話には十分に注意することが必要です。

陰口をたたくグループに入らない

もともと陰口が好きなグループというのは、そういう人間が集まっています。そのグループに関わっていると、あるきっかけで逆にあなたがターゲットにされることもあります。

また、単に聞いているだけという場合でも陰口グループの仲間とみなされることもあります。陰口を叩く人とは普段から距離を置いて安易に共感しないようにすることも大切です。

共感力を高める

女性は共感によって敵と味方を区別するような傾向があります。職場のコミュニティが面倒でわずらわしいと思っても、ある程度は話に耳を傾けて共感するようにしましょう。

適度な距離を置きつつ、たまに話を聞いて共感することで陰口のターゲットになりにくくなります。

陰口への対処法:まとめ

職場だけではなく、どこの組織にでも陰口や悪口をいう人というのは存在します。明らかにあなたに非があって自分でもわかっている場合は堂々と謝ってそれで終わりにすればいいのです。

あなたには悪いところがさっぱりわからない誹謗中傷の類には、気にしないことです。職場での人間関係は浅く、辞めればそれで終わりです。

その程度の関係なので深く気に病むこともありません。できるだけ気にしない、一人でも構わないという余裕を持つことが大事です。

どうしても人間関係で苦しいなら転職するのも方法

陰口や嫉妬などの人間関係がわずらわしく、職場にいても苦痛を感じるぐらいなら転職活動を行ってもいいでしょう。でも、転職も難しいし…と考えているぐらいなら、まずは転職活動を開始してみると意外にスムーズにいくものです。

転職をスムーズに行いたいなら、転職エージェントを活用するのがベストです。転職エージェントは、転職のプロが今までの経験や多くの企業の情報からあなたに合った企業についてのアドバイスや指針を教えてくれます。

面接や書類が苦手だとしても採用されるためのノウハウがあるので1人で転職活動をするよりも転職に成功する確率が高くなります。

連絡は基本的にはメールを使うので会社にバレる心配もなく、早く転職先を決めたい場合でもうまくスケジューリングしてくれます。転職エージェントの料金は相手先の企業が負担するので無料ですべてのサービスが受けられます。

はじめて転職活動をする人は、大手のリクルートエージェント、DODAの2社に登録して、中小規模の専門系のエージェント1社に登録すればベストです。転職エージェントの担当者がすべて自分のスタイルに合うわけではないので、そのなかから自分が活動しやすいエージェントを選ぶのがいいでしょう。

1社だけだと基準がないので、なんとなくコンサルタントに引きずられて思っていたのと違う会社に転職してしまった!ということもあります。必ず複数の転職エージェントに登録して選択していきましょう。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする