上司や先輩の飲みの誘いを角を立てずに上手に断る方法

自分の上司があまり好きではなかったり、お酒の席では尊敬できない、そもそも自分はお酒が嫌いなど理由はいろいろありますが、上司や先輩から飲みの誘いを受けたときに上手に断る方法は意外に難しいものです。

あまりに下手な断り方をすると、いくら好きではなくともイヤな気分にさせてしまって今後の仕事に影響がでてしまうこともあります。

そこで今回は、上司や先輩から飲みに誘われたときにお互いに気まずい雰囲気にならず今後も仕事をスムーズに行うことができるような断り方を長期と短期にわけて具体例を入れて説明します。

ポイントはイヤな気持ちにさせないこと

自分が誰かを誘ったときのことを考えてもらえば早いと思いますが、やはりキツイ断り方をさせると「二度と誘うか!」とムカッとしてしまいます。

今後も会社で付き合っていくのですから、いかにイヤな気持ちにさせないで断るかが重要になってきます。

イヤな気持ちにさせない断り方とは、「誘ってくれたことに感謝をする」「今回は不本意にも行けない」ということを出せばいいでしょう。

NGな断り方は曖昧な返事

完全に「行きません!」なんて完全に拒否するような断り方をする人はいないと思いますが、他にもNGな断り方があります。

それは、行く気がないのに期待を持たせることです。友達どうしでよくある「行けたら行く」ではないですが、「仕事が終わらないので..行けるかどうかわからない」「都合がつけば」といった、あやふやな返事は誘った側としても一番困る返答です。

上司の誘いを上手に断る具体的な言い方

では上記のポイントを踏まえて実際に断る具体例を見ていきましょう。

とにかく今回だけは断りたい場合

別の日なら平気だが、とにかく今回は誘いを断りたい場合は一番簡単です。家族を引き合いに出すとなかなか強引にできません。

体調が悪いと断る人もいますが、自分が丈夫で強引な上司だと「それぐらい大丈夫」「飲めば治る」など無茶な理論で食い下がられることがあります。

具体的には以下のような言い方で断ることができます。関係性などから、言い方は普段自分が話している感じに変更してください。あまりに丁寧すぎると逆に無礼になることがあります。

「誘っていただきありがとうございます。行きたいのですが、子どもと妻が熱を出してしまって私が面倒を見ないければならないので、次の機会に誘ってください。」
申し訳ありません。とても残念ですが、今日、田舎から家族が上京してきて私が迎えに行かなくてはならないので次回にさせてください。

今回だけでなく常に断りたい場合

お酒が苦手で飲みに行きたくない、上司と二人はセクハラや説教がいやで行きたくないといったいつでも行きたくない場合には、家庭の問題を上げるか体調不良しかありません。

ポイントしては、じゃあ明日は?いついつならと次の一手を出させない理由がいいでしょう。「しばらく飲みに行くのは無理そう」「いつなら行けるようになるのかはっきりとわからない」といった理由が無難です。

具体的に長期にわたって飲みの誘いを断れそうな理由としては以下のような例があります。

健康診断で肝臓の数値が悪かったため医者からお酒を止められているのです。
妻の体調が悪いので、ここしばらくの間は私が夕食の支度をしているので早く帰らないといけないのです。
両親が病気になってしまい毎日朝早く病院まで車で送ってから出社しているのです。
妹が病気なので、毎日その子供を保育園に迎えにいかなくてはならないのです。

といった理由なら上司も「仕方がない」と思ってくれるでしょう。ただし、人によっては理由に突っ込んでくる人や、後日心配して理由のことについて様子を尋ねたりされることもあるので、設定を忘れないでやりすごす必要がでてきます。

断りすぎにも注意が必要

このように、飲みの誘いを断るパターンというのはいろいろな理由が考えられますが、あまりにも毎回断ってしまうと職場の人間関係が悪くなる可能性も否定できません。

誘う方も嫌がらせで誘っているわけではありませんし、毎回断られるのも精神的にキツイという人もいます。あまり乗り気ではない、もともと好きではないのでどうしても行きたくないというなら仕方がありません。

その場合は、誘いを断ったことを心を込めて謝りましょう。 心がこもった謝罪なら「仕方がないな」という思いをもってもらえるかもしれません。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする