会社の方針や仕事に不満がある場合、早めに転職した方がいい?

会社の方針や、仕事のやり方に不満が高まってくると「こんな会社は辞めてやる!」「いい会社はないかな?」と思いがちです。しかし、勢いで転職をしてしまっては、後悔してしまうかもしれません。

この記事では会社の方針や、仕事のやり方に不満があり転職をしたいと感じてしまったときには、まずなにをすべきなのかを解説します。

会社に不満でもスグに転職すべきでない

会社の方針や、仕事のやり方に不満を持ってしまうと、ついつい他の会社へと逃げてしまいたくなるものです。

・自分の仕事の進め方を会社が許さない
・自分はさまざまなことに挑戦したいのに、会社側は消極的
・周りの社員と価値観が合わない

といったように入社した会社によっては、方針などに不満を持ってしまうものです。しかし、だからと言って、スグに転職をしてはいけません。

衝動的に転職をしたところで、必ずしも素晴らしい転職先と出会うことができるとはいえません。転職活動とは、とても複雑なものです。素晴らしい転職先と出会うためには、順序立ててじっくりと転職活動を進めることが大切なのです。

自分で改善できる点を考える

もしかしたら、自分自身が改善することで、会社の方針を受け入れることができるかもしれません。

人間関係を考えてみてください。例えば、自分と合わない性格の人がいるとします。たとえ、自分と性格が合わないとしても、相手の性格を受け入れることで、円滑な関係を維持することができますよね。

また、自分自身の悪い点を改善することで、さらに円滑な人間関係を維持することができるかもしれません。

これは、会社と労働者についても、似たように考えることができるのではないでしょうか。

・会社の方針をなんとか受け入れてみる
・仕事のやり方に不満を持つ前に、一生懸命に取り組んでみる
・価値観が違う社員の意見を尊重してみる

自分自身が改善をすることで、状況を変えることができるかもしれません。もしかしたら、意識を変えることで今の会社に対する不満が少なくなり、仕事を続けてようという気持ちに変わることもあるでしょう。

それでも不満が続くのなら、転職活動を始める

会社のやり方を受け入れても、自分自身を改善しても、くすぶった不満が続いてしまうことはもちろんあります。もし、それでも不満が続いてしまうのなら、その時点で転職活動を始めてください。

会社は、あなたのためには変わってくれません。つまり、あなたが、自分自身を改善するなど工夫をしたのにも関わらず、不満が続いているのなら、今後も不満は続くことが考えられるのです。

確かに、今の会社に不満があると、「早く転職してしまいたい」という気持ちから、焦ってしまいたくなるでしょう。しかし、そこはグッと我慢して、順序立ててじっくりと転職活動を進めてください。

転職活動を進めながらも、今の仕事は全力で

転職活動を決意しても、今の仕事を続けながら、転職活動をすることになるでしょう。もちろん、退職して転職活動をするよりも、現職と併行して転職活動をしたほうが、採用されやすくなります。しかし、現職と転職活動を併行してしまうと、今の仕事を疎かにしてしまいやすいので注意が必要です。

・転職活動に疲れてしまう
・今の会社に対する苛立ちが、やる気を損ねてしまう
・「どうせ転職するんだから、今の仕事は関係ない」という気持ちになってしまう

などと言った要因から、今の仕事が疎かになってしまいがちになります。しかし、現職と転職活動を併行するとしても、今の仕事は全力で取り組まなければいけません。
第一に、転職活動をしているとしても、あなたは今の会社の一員なわけです。

会社の一員である以上は、全力で仕事に取り組むのは当たり前のことだと言えるでしょう。

また、転職活動を進めたものの、「やっぱり現職に留まる」という人は、意外にもたくさんいるものです。もし、現職と転職活動を併行して、今の仕事が疎かになってしまい、周りの空気が悪くなっているとしましょう。

この状況で、気分良く現職を続けることができるでしょうか。おそらく、居心地が悪いなかで、仕事を進めなければならなくなるでしょう。転職活動をするものの、「現職に留まる」という可能性もあるわけですから、今の仕事も一生懸命に努める必要があるのです。
 

自分に合う方針の会社へ応募する

会社の方針や、仕事のやり方に不満があるから、転職をしたいんですよね。であるならば、「方針が自分に合う会社」「仕事のやり方に共感できる会社」などに転職することが大切です。

・方針が自分に合う会社
・仕事のやり方に共感できる会社

などが理想ですが、転職活動の段階で、「方針が自分に合うか」「仕事のやり方に共感できるか」を確認し辛いことも現実です。「方針が自分に合うか」は、企業ホームページの経営方針などを見れば、ある程度は理解することができます。

「仕事のやり方に共感できるか」については、求人票などをじっくり読んだりすることが大切です。また、転職エージェントを活用してみるのも、1つの手です。転職エージェントとの面談において、「自分が希望する会社方針」「自分が希望する仕事のやり方」を、転職エージェントに伝えておくのです。

そのようにすれば、転職エージェントは、「あなたに合う方針の会社」「あなたに合う仕事のやり方を実践している会社」に近い会社を紹介してくれます。

面接で質問をしてみてもいい

会社の方針や仕事のやり方が合うかどうか確認するには、面接で質問してしまっても大丈夫です。面接の最後には、「質問はありますか?」と聞かれるはずです。この、「質問はありますか?」の後であれば、自然に「方針」「仕事のやり方」について聞くことができるでしょう。

・「貴社の経営方針を伺ってもよろしいですか?」
・「求人票に書いてあった○○の仕事内容についてですが、具体的にはどのように進めてゆくのでしょうか?」

聞き方としては、こんな感じでしょうか。面接の最後の「質問はありますか?」は、入社後の思い違いをなくすためにあると考えてみるといいでしょう。このように考えれば、疑問に思っていることを、惜しむことなく質問することができるはずです。

会社の方針や仕事に不満がある場合:まとめ

たとえ、会社の方針や、仕事のやり方に不満があるとしても、スグに転職をしてはいけません。焦って転職活動を進めても、自分の思い描く転職には、なかなか辿り着くことができないでしょう。

まずは、現職の不満を受け入れることができないのか、自分自身が改善できる点がないのかを考えてください。

それでも、現職への不満が続くのなら、転職活動を始めてみてもいいでしょう。ただし、何度も言うように、転職活動に焦りは禁物です。転職活動を始めた後は、じっくりと転職活動を進めるようにしましょう。

転職先においては、「方針が自分に合う会社」「仕事のやり方に共感できる会社」が望ましいですね。面接において「方針」「仕事のやり方」を聞いておくと、入社後の思い違いを防ぐことができるかもしれませんよ。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする