やりたい仕事が見つからない人の失敗しない転職先の選び方3つ

今の仕事に不満や不安があって転職を考えるときに、自分がやりたい仕事ってなんだろうと思い悩むことは誰にでもあることです。

やりたいことが見つかれば、

毎日楽しく仕事できる
スキルアップのための勉強もやる気がでる

と仕事する意欲もわいてくるでしょう。

でも、自分がやりたい仕事を見つけるのは簡単ではありません。今まで生きてきて思いつかないということは、そこまで強烈に「やりたい!」と思えることがなかったのです。

それを頭の中でなにがやりたいのだろう?と思い悩んでもカンタンには見つからないのです。それどころか、そもそもやりたい仕事というのは見つけるものではないのです。

今回は、自分がやりたい仕事が見つかっていないけど転職したい、でも転職で失敗したくないという人へそういった場合の転職先の選び方について紹介します。

1.自分に向いている仕事を探すには

今のところ、「特にやりたいことがないんだよな~」と思っていても転職先を適当に選んでしまうと

仕事が合わなくてまた転職を繰り返してしまう
やりがいを感じなくて毎日を無為に過ごしてしまう
意欲がないのでスキルアップもできない

なんてことにもなりかねません。

とはいっても、やりたいことはスグには見つからないので続けやすい仕事を選ぶということが妥協案になります。

仕事を続けやすくするには、自分の苦手なことイヤなことを除外することです。性格的に自分が苦手な職業というのは誰でも必ずあると思います。

例えば、人前に出るのが苦手なのにイベントの司会なんてできませんし、長時間じっと座っていることが苦手な人は事務職やプログラマーなどは長く続かないでしょう。

ばっちり自分に合った仕事を見つけ出すことは難しくとも、ある程度の自己分析をすることで大まかな適職を見つけることは可能です。

まずは、自分が向いていない仕事を消していきましょう。自分が苦手な仕事を見つけるには、消去法で探すことが手っ取り早いです。

自分が苦手な仕事や業務について紙に書き出してみましょう。

例えば、以下のように仕分けることができます。最低でも苦手なことについての自己分析だけはしておきましょう。転職してからこんなはずではなかったという事態を避けることができます。

じっと座っていることが嫌い
→ 事務職、経理系、IT系などは避ける

初対面の人と話すのが苦手
→ 営業系、小売り業、飲食業などは避ける

夜遅くまで起きていることが苦手
→ 夜勤のある仕事や店舗で夜遅くまで営業しているところは避ける

2.スキルアップできる仕事を選ぶ

特にやりたいことがないが、とにかく今の職場を辞めて転職したいと考えている場合にはスキルアップできる仕事を選ぶと今後なにかあったときに有利になります。

転職をして給与が下がるというのは、大抵の場合「別業種」の転職です。自分が経験を持つ分野の仕事ができれば即戦力として会社に貢献できると考える企業は多いので給与が上がることや、最悪でも大幅に下がるということはありません。

その際に気を付けることは、どこでも通用するスキルが大切です。入った会社だけの特別なスキルでは、転職したときに役に立たないので転職も苦労するし、給与を上げることも難しくなってしまいます。

3.転職前と同業種、同業界を選ぶ

業界や業種の仕事がどうしても合わないなどの特別な理由がない限りは、転職先には同業種、同業界を選んだ方がいいでしょう。

やはり、転職で一番重視されるのは即戦力かどうかです。中途で採用するということは、その会社の足りていない場所を埋める意味が大きいのでスグに戦力になる人は強いのです。

転職で年収が下がる人というのは、別業種で新しい仕事に移る人。企業としても新人と同じ扱いになってしまうので前職と同じ給与は出せないということになってしまいます。

継続してスキルアップするためには、業界の経験が大切なので業種を変えることはできるだけ避けた方がいいでしょう。

やりたいことは仕事として楽しいとは限らない

「やりたいことを仕事にしたい」と考える場合、気をつけなければならないのが、実は仕事としてではなく「プライベートだから楽しい」ということがあります。

例えば、子どものころプレステなどのゲームが楽しいから「ゲームを作る会社に就職したい!」と言い出す子どもは多いです。

しかし、実際にゲーム会社に就職できたとしてもその人が楽い!と感じる仕事はゲーム会社の中でも限られており自分が望んでいたような仕事ができるとは限りません。

また、趣味で野菜作りが好きだからと農業の道に進んでも、趣味のレベルとは違う職業としての野菜作りなので趣味とは違う工程、難しさがあり仕事としてやってみると大変なばかりで楽しくないということもよくあることです。

まとめ

やりたいことがない、でもとにかく転職したい場合には、やりたいことがなんなのか探し始めると泥沼にはまってダラダラと仕事を続けてしまうこともあります。

その会社でスキルアップができるなら続けて頑張ることもアリですが、モチベーションも上がらずイヤな仕事を続けるのも人生において無駄な期間となってしまいます。

天職は探して見つかるものではなく、意識しなくともあるときにハッと見つかるものです。やりたいことを探しても見つからないなら、今はまだ機会ではないとわりきって今の仕事のスキルアップをつづけた方が将来的にも有意義でしょう。

やりたい仕事が見つからない人は転職エージェントを活用しよう

やりたい仕事がどうしても見つからない場合、自分の今までの職歴から、どのような仕事が向いているのか転職エージェントにアドバイスをもらうのも方法の一つです。

転職エージェントのキャリアコンサルタントは転職のプロなので、あなたに合った企業についてのアドバイスや指針を丁寧に教えてくれます。今までの自分が気づかなかった自分の良さや、武器になる職歴から適している仕事を見つけてくれるかもしれません。

面接や書類が苦手だとしても採用されるためのノウハウを伝授してくれるので1人で転職活動をするよりも転職に成功する確率が高くなります。

転職エージェントとの連絡は基本的にはメールを使うので会社にバレる心配はありません。転職エージェントの料金は相手先の企業が負担するので無料ですべてのサービスが受けられます。

はじめて転職活動をする人は、大手のリクルートエージェント、DODAの2社に登録して、中小規模の専門系のエージェント1社に登録すればベストです。転職エージェントの担当者がすべて自分のスタイルに合うわけではないので、そのなかから自分が活動しやすいエージェントを選ぶのがいいでしょう。

1社だけだと基準がないので、なんとなくコンサルタントに引きずられて思っていたのと違う会社に転職してしまった!ということもあります。必ず複数の転職エージェントに登録してその中から最終的に信頼できる転職エージェントを選択しましょう。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする