転職活動を始めてみたが特に応募したい案件がない!そんな時の転職活動の進め方

転職活動を始めたはいいものの、実際に転職サイトやハローワークを探してみてもいまいちピンとくる会社がなく応募したい求人が見つからないということもあるのではないでしょうか?

ただ、いくら応募したい求人が見つからなかったからといって、闇雲に応募する求人を決めてはいけません。そこで、今回は転職活動を始めたはいいものの、応募したい求人が見つからなかった場合の、転職活動の進めかたについて紹介します。

そもそもあなたは本当に転職したいのか?

まず、転職活動をこれ以上進める前に、「本当に転職をしたいのか」ということを、自分に問いかけてみましょう。実際に、それほど本気で転職したいと思えないために、好条件や高待遇の企業ばかりを追い求め結局応募したい求人が見つからないというパターンは多々あるものです。

仮に、それほど本気で転職したいと思っていないのにも関わらず、転職活動を続けても、うまく転職活動を進めることはできないでしょう。そのため、まずは「本当に転職をしたいのか」ということを、自分に問いかけることが大切なのです。

応募したい求人が見つからない場合の転職活動のススメ

本当に転職はしたいが、応募したい求人が見つからない人は、ぜひこの先も記事を読み進めてください。この先は、応募したい求人が見つからない人に向けて、「どうすれば上手に転職活動を進められるのか」を紹介してゆきます。

きっと、真剣に素晴らしい転職を実現したいと考えているのであれば、有益な情報を得ることができるでしょう。

「なぜ転職したいのか?」ということを、考え直してみる

まずは、単刀直入に、「なぜ転職したいのか?」ということを、自分に問いかけてみましょう。「なぜ転職したいのか?」ということを、自分に問いかけることで、「自分が転職活動を行う意味」を大まかに理解することができるはずです。

・現職が不満だから
・将来へ向けてキャリアアップしたい
・新たな職種で心機一転チャレンジしたい

のように、転職をしたいと思えた動機は、必ず持っているはずです。
そんな、「なぜ転職したいのか?」に対する答えを、ぜひとも導き出してみてください。

適職診断を受けてみる

「どのような職種を選択すればいいかわからないから、応募したい求人が見つからない」という人もいることでしょう。この場合は、適職診断を受けてみることをおすすめいたします。

・事務職が適職
・営業職が適職
・農業が適職

このように適職診断を受けることで、自分の適職を把握することができるはずです。もしかしたら、「こんなのが自分の適職なの?」と、意外な結果が出ることもあるかもしれません。

もちろん、適職診断の結果通りに、転職活動を進める必要はありません。ただ、自分の適職を知っておくことで、ときには自分の可能性を広げることができる場合もあるのです。
 

事務が適職の友人

ちなみに、私の友人は、適職診断で「事務職が適職」という結果が出ました。今まで営業職一辺倒でしたので、「自分は事務職が適職だなんて…」と、少し驚いていたものです。

ただ、「事務職が適職」という結果を機に事務系資格をたくさん取得し、事務職への転職を実現させました。その友人は、今でも事務職に携わり、充実した毎日を送っています。

得意なことや保有資格を整理する

・得意なこと(子どものころから現在まで)
・保有資格

上記2点を、整理してみてください。例えば、「得意なこと」「保有資格」を箇条書きにしてみると、整理しやすいものですよ。「得意なこと」「保有資格」は、仕事にダイレクトにつながることがあります。例えば、大学進学において希望学部を決めるときは、「得意なこと」を大きく参考にするのではないでしょうか。

それと同じで、求人を決めるときにも「得意なこと」は大きく参考にできる場合があるのです。また、「資格を持っている」ということは、その分野において一定の知識や技術があるということです。

きっと、「資格は就職につながることがある」ということは、あなたも理解していることでしょう。つまり、あなたが保有している資格に関する職種は、採用を得やすい可能性があるのです。

ぜひ、「得意なこと」と「保有資格」を整理して、どんな求人に応募すればいいのかを考えてみてください。
 

子供のころに好きだったことを思い返してみる

子どものころに好きだったことは、心の軸となり、大人になった今でも備わっていることが多々あります。そのため、子どものころに好きだったことは、大人になって改めて行ってみても、スムーズに取り掛かれることがよくあるのです。

ぜひ、応募したい求人が見つからないときには、「子どものころに好きだったこと」を思い返してみてください。もしかしたら、「子どものころに好きだったこと」が、応募する求人を見つけるヒントになるかもしれません。

・読書
・料理
・パソコン
・釣り
・スポーツ

などのように、人それぞれ、子どものころに好きだったことがあるはずです。ぜひ、子どものころに好きだったことを見つけたら、それに関する求人を見つけてみてください。「どうせ今からでは、スポーツ選手にはなれないし…」なんて考えはナンセンスです。

別にスポーツ選手にならないとしても、グッズ制作の会社、データ分析の会社、球場運営の会社など関連する企業は多くあります。まずは、好きだったことに関わる企業はどんなところがあって、どんな求人が出ているかを調べてみましょう。諦めるのはその後でもできます。

読書が好きで出版社に就職した知り合い

 
ちなみに、私に相談をしてくれたとある人は、子どものころに読書が好きだったそうです。結局、その人は小さな出版社に入社し、充実した毎日を送ることに成功しています。「子どものころに好きだったことを参考に求人を見つけて、充実した毎日を送れた」といういい例でしょう。

今までの職務経歴を整理してみる

今まで働いてきた内容は、列記とした職務経歴です。転職活動において、職務経歴が採用を大きく左右することは、いうまでもないでしょう。つまり、あなたの職務経歴書を評価してくれる求人に応募をすれば、採用される確率を高めることができるのです。

今一度、自分の職務経歴を整理してみてください。

・仕事内容
・成果や実績
・評価された点

自分の職務経歴を整理したうえで、特に「仕事内容」「成果や実績」「評価された点」に焦点をあててみましょう。この、「仕事内容」「成果や実績」「評価された点」は、特に転職活動の選考において、大きく評価を左右します。

ぜひ、「仕事内容」「成果や実績」「評価された点」と、世の中の求人を照らし合わせて、自分がより評価される会社を見つけてください。

親や友人に相談をしてみる

自分の考えだけに頼っていると、どうしても主観的になってしまいます。そのため、ときには親や友人に相談をして、第三者の意見を参考にするのも重要です。もしかしたら、自分では考えてもいないような、「自分の意外な一面」を知ることができるかもしれませんよ。

・向いていると思う職種
・向いていると思う職場環境

特に、上記2点については、ぜひとも聞いてみたいですね。親や友人に相談をしてみることで、客観的な意見を聞けることでしょう。主観的な考えに頼りきってしまうと、思考が一方向に向きかねませんからね。ときには、親や友人といった、第三者の意見も重要なものですよ。

最後に

応募したい求人が見つからないとしても、焦る必要はありません。「転職したい」という気持ちさえあれば、モチベーションを保つことができ、いずれは応募したいと思える求人と出会うことができるはずです。

また、この記事を参考にすることで、応募したい求人の見つけかたを知ることができたはずです。ぜひ、読んで終わるのではなく、応募したい求人を見つける行動を起こしてみてください。

転職活動においては、行動することが大切です。「転職したい」と思っている以上は、「今できること」をきちんと考えて、行動をしてみてください。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする