採用率が格段にアップ!転職に避けては通れない企業面接の対策方法

転職を決意した時に真っ先に頭をよぎるのは企業の面接でしょう。どんなにあなたのキャリアや実績が素晴らしく自信があっても相手の採用担当者にそれが上手くアピールできなければ実績がないことと変わりありません。

特に自力で転職活動を行っていると、どのような質問が来るのか転職の際の面接のポイントはなんなのかわかりません。

今回は、転職の時の面接対策の方法や転職エージェントの活用法などを紹介します。

自己流の面接対策では転職までの時間がかかる

転職エージェントを使わずに転職サイトなどを活用して自分で転職活動を行っている人が陥りやすいのが、面接に慣れないために転職活動の時間がかかりすぎてしまうということです。

転職の面接は新卒のときの面接とは質問内容や雰囲気、面接の方法などが異なることが多いので、最初は面接に慣れないので数件面接を受けてからようやく採用されるポイントがわかってくるということです。

そのやり方では、第一希望の会社の面接が最初だったら、うまく自分をアピールできずに不採用となってしまうかもしれません。誰でも慣れないうちは、転職の面接に戸惑ってしまうことが多いのです。

自己流の面接対策ではひとりよがりになってしまう

転職の面接に慣れていない場合、なまじ現在の職場で社会を経験しているので「今まで自分の経験したことをPRしなければ」とか「応募する会社の良いところを上手く伝えよう」という考えに陥ってしまいがちです。

しかし、その考えは大変危険です。

大抵は伝えるべき事がまとまらず、自分の事だけを長い時間と話してしまい、面接官に良い印象は与えません。面接に大切なのは、[何故転職を考えたのか]という事と、[何故この会社を志望したのか]を簡潔にわかりやすく伝える事です。

これも自分ひとりで考えても、うまくアピールできているのか?そのようなアピールの仕方で相手の心に響いてくるのかがなかなかわからないものです。

エンジニアなどの技術職の人は特に面接対策に注意

面接対策で泥沼に陥りやすいのがエンジニアの方です。エンジニアだと過去の実績やキャリアなど技術力があれば問題ないと思いがちです。しかし、転職の面接の場合、本人の仕事での実績や技術力はもちろんのこと、会社の一員としてやっていけるのか社交性や協調性なども重視しています。

あなたが、転職の面接に慣れていないために、担当者からの質問に対してトンチンカンな答え方をしたり、応募した会社に入って頑張りたい!というアピールが十分にできないために不合格になるということはよくあることなのです。

転職エージェントで面接対策

そこでおすすめするのが転職エージェントを利用することです。転職エージェントは大抵が面接対策を行なってくれるので、まずはぶっつけ本番ではなく先に面接の練習をすることができます。

また、企業を紹介してくれるコンサルタントの方は数ある企業の特徴をある程度把握しています。この企業は人間性を重視する、この企業はこういう質問があるなど想定される質問を知っていることもあります。

そんなキャリアコンサルタントの方と一緒に面接の対策が練れるのはとても心強いです。しかも、キャリアコンサルタントと面接対策を行うメリットはそれだけではありません。

面接対策における最高のメリットがあります。それはずばり…

[自分の受け答えを客観的に見てもらえる]

というところです。

どんなに自分1人で面接シュミレーションを行ってもどこが良くてどこが悪いのかを指摘してくれる人がいません。そのため、先ほど書いた通り[自分の事だけを長々と話すだけ]の状態に陥りやすいのです。

面接に合格するためのノウハウが豊富

転職エージェントのキャリアコンサルタントは企業を紹介するプロであると同時に、企業に合格させるプロでもあるのです。今まで様々な企業を見てきた多くの経験は並ではありません。

だからこそ、転職希望者を面接に合格させるノウハウを持っているのです。自分の受け答えを人に見てもらうほど有効な面接対策はありません。それが面接のプロなら尚更です。安心して転職エージェントに面接対策を任せましょう。

面接対策として本番を想定したシミュレーションも

当然、本番を想定した面接シュミレーションも行います。キャリアコンサルタントとの面接シュミレーションは厳しいです。今までの経験から、聞かれたらイヤだなと思う事や、自分では想像もしていなかった質問も投げかけてきます。

いきなり想定外の質問がきてしまうと誰でも頭の中が真っ白になって、フリーズしてしまうでしょう。でも落ち込まないで大丈夫です。あなたの目的は転職エージェントにいいところを見せるのではなく企業の中途採用に合格することです。

転職エージェントとの面接練習ではワザといやらしい質問やフリーズするような質問を本番では落ち着いて対応できるように投げかけてくれているのです。

ひとまず自分が社会人だった事を忘れ、担当者の方と面接の練習をして下さい。ゆっくり一つ一つの質問に対して練習していけば、自信もつきますし、自分自身を見つめ直すチャンスにもなります。

是非、転職エージェントを利用して自分を見つめ直し、自身満々で転職に臨んでみてはいかがでしょうか。”

面接に同行してくれる転職エージェントもいる

私は採用側でも、応募側でも経験がないのですが転職エージェントのキャリアコンサルタントによっては、面接に同行してくれるというところもあるようです。転職エージェントが同行してくれると、なんとなく一人じゃないという安心感と困ったときにフォローしてくれるなどのメリットがあります。

しかし、同行してくれているからと頼りきってしまったり、困った質問をフォローしてくれるように頼むようなしぐさをしてしまうと相手側の企業から「頼りない人だ」というレッテルを貼られてしまうこともあります。

なにより、転職の面接ぐらい一人で来いというような企業もあるので、転職エージェントに同行してもらうかどうかはよく考えた方がいいかもしれません。

面接対策に強いおススメの転職エージェントとは

現在はどこの転職エージェントでも面接対策は行っています。やはり、転職エージェントというのは、転職者を合格させないとビジネスになりませんので、なんとか合格できるようにサポートをするのが当たり前なのです。

では、面接対策に特に強いおすすめの転職エージェントとなると、これははっきりと断言ができません。

なぜなら、面接対策というのは各転職エージェントでマニュアル的なものはありますが、各キャリアコンサルタントの力量にかかっているためです。

そのため、口コミで「あそこの転職エージェントの面接対策はよかった!」という良いものがあっても必ずしもあなたが口コミで評判の良い担当者になるとは限らないのです。

転職エージェントの選び方の王道

ではどのように選ぶかというと、転職エージェントの選び方の王道で攻めるしかありません。現在の転職エージェントの活用の仕方は、大手の転職エージェント2社と専門性のある中小規模の転職エージェント1社に登録することです。

その3社に登録して、それぞれの担当者がついてある程度のやり取りを行ったら、自分と相性の良い転職エージェントに絞って活動をすればいいのです。

やはり、転職エージェントのキャリアコンサルタントには自分との相性があります。最低限の接触でどんどん案件を紹介してくれる人を好む人、親身になってサポートしてくれる人を好む人など好みが異なります。

それを1社だけに限定すると、そのとき付いたキャリアコンサルタントと転職活動を行わなければならず、相性が良ければ問題ありませんが、相性がよくなかった場合には活動がうまくいかないということもおきてしまうのです。

そのため、求人が多くどの業界でもサポートできる大手の転職エージェントとと専門性のある中小の転職エージェントを織り交ぜて活用する必要があるのです。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする