転職したいけど活動が面倒ならハロワと転職エージェントで上手くいく

今の会社では先がないし「いいかげん転職しなきゃ」と、転職はしたいものの、実際に転職活動をするのは面倒。なかなか行動に移せないという人は結構多いです。

そういう場合は、ハローワークと転職エージェントを活用すると転職活動がスムーズに進みます。では、なぜ転職活動を面倒に感じている人は、ハローワークと転職エージェントを活用すべきなのでしょうか。

プロのもとで転職活動ができる

ハローワークと転職エージェントのスタッフは、毎日のように転職希望者の支援をしています。そして、数多くの転職希望者の転職を成功させた実績があります。そのため、スムーズに転職活動をするための進め方についてのアドバイスもしてくれます。

1人で我流に転職活動を進めてしまった場合、今の活動の方法でいいのか?希望している会社は妥当なのか?他にも選択する余地はあるのか?などを判断できず非効率な転職活動になりかねません。

1人で我流に転職活動を進めてしまうと
・適職を判断することができない
・企業ウケする応募書類を書けない
・上手な面接の受け答えかたがわからない

転職エージェントに任せるだけでも、転職活動は勝手に進む

転職エージェントに登録をすると、まず最初に面談を受けることになります(電話だけのことも)。転職エージェントとの面談では、「あなたのこと」「現職のこと」「転職先の希望」などを聞かれます。

転職エージェントとの面談で聞かれる主な内容
・あなたのこと(休日の過ごしかた・自覚している長所短所・仕事の価値観など)
・現職のこと(仕事内容・勤務形態・やりがいを感じる点など)
・転職先の希望(希望職種・理想の働きかた・不安なことなど)

面談の内容は、転職エージェントのもとで転職活動を行う際の、大きな参考データとなります。したがって、なるべく正直かつ具体的に答えるようにしましょう。面談が終わると、後は転職先決定に向けて、転職エージェントがあなたを誘引してくれることでしょう。

・あなたの希望に近い求人の紹介
・面接の設定
・応募書類(履歴書&職務経歴書)の添削
・面接練習

このように転職エージェントに任せておけば、転職活動はスムーズに進んでいくはずです。転職エージェントに任せておけば、勝手に転職活動が進むので「面倒」で進まないということはなくなります。

求人量が多いハローワークにも登録をすべきである

転職エージェントにすべて任せれば安心ではありますが、もしあなたが転職エージェントに断られてしまったり、中小企業や零細企業まで幅を広げたいと思っているなら、ハローワークに登録するのも一人で活動するよりは面倒がなくなります。

確かに、中小企業や零細企業と聞くと、なんとなく不安なイメージを抱いてしまうものです。しかし、中小企業や零細企業に勤めつつ、充実した毎日を送っている人はたくさんいます。

最終的に、中小企業や零細企業への応募を避けることは、全く問題ありません。ただ、求人票を見る前から、中小企業や零細企業を避けてほしくはないのです。中小企業や零細企業の求人票を見てみるだけでも、将来の可能性の幅を広げることにつながることは間違いないでしょう。

ハローワークの担当者を決めるといい

担当者が決まっていないと、「ハローワークに行く→求人検索機を使う→興味のある求人を紹介してもらう」の繰り返しになってしまいます。これでは、「面倒な転職活動」になってしまいますね。

ハローワークを利用する際には、担当者を決めておきましょう。やはり、ハローワークの担当者がいるということは、効率的な転職活動につながりやすいものですよ。
例えば、ハローワークの担当者から、「おすすめ求人」を紹介してもらったなんて話は、よく聞くものです。

ちなみに、私も転職活動の際に、ハローワークの担当者がいました。私(男)は、事務職を希望していたのですが、「女性採用を前提とした事務職求人」も結構あるんでよね。そんななかで、私のハローワークの担当者は、「男性でも採用されやすい事務職求人」を探すことに力を入れてくれました。

先述したように、ハローワークのスタッフは転職のプロです。そんな、転職のプロであるハローワークの担当者が、あなたの転職活動を効率化させてくれれば、「面倒な転職活動」を避けることにつながるはずです。
 

ハローワークと転職エージェントの利用を疎かにしない

ここまで、「ハローワークと転職エージェントを活用すれば、面倒な転職活動から逃れることができる」と紹介してゆきました。ただ、本当に面倒くさがりな人は、ハローワークや転職エージェントの利用すら、疎かにしてしまうんですよね。

しかし、ハローワークや転職エージェントさえ面倒というならば、そもそも転職自体できなくなります。確かに、「登録」「定期的に出向く」「面接」という行動も、しなくて済むならしたくないものです。

しかし、転職をするということは、生活が大きく変わるということなのではないでしょうか。転職が生活を大きく変えるわけですから、転職活動において「ある程度の行動」をしなければならないのは、仕方のないことです。
 

ハローワークや転職エージェントからの提案はじっくりと考えよう

ハローワークや転職エージェントを利用していると、さまざまな提案をしてもらえることでしょう。そんな、ハローワークや転職エージェントのスタッフからの提案に対しては、じっくりと考えるようにしてください。

・「適職診断を受けてみてはどうですか?」
・「希望給料をもう少し下げてみると、応募できる求人の幅が広がりますよ」
・「○○職への転職を考えてみると、採用されやすいですよ」

など、ハローワークや転職エージェントからは、さまざまな提案をしてもらえるはずです。もちろん、最終的には自分の決断を優先すべきでしょう。しかし、ハローワークや転職エージェントのスタッフから提案をされているということは、「転職のプロから提案をされている」ということなので転職に成功する可能性は格段に高くなります。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする