地方への転職を効率的に行うには?抑えるべきポイントを解説

長く都会で働いていると、疲れてしまって地方で生活した方が過ごしやすいんじゃないかと思うこともありますよね。

都会から、地方へ転職する場合にネックになるのが求人の探し方。

自分の地元に戻るのなら土地勘があるのでなんとかなりそうですが、まったく知らない土地は転職活動が難航します。

土地勘も無いし、都心部に比べて求人情報自体が少ないので、自分が希望する条件の転職先を見つけるのに手こずってしまうのです。

今回は地方に転職する場合に、どのように求人を探したら良いのか、効率的な転職活動の方法を解説します。

効率的な転職活動のやり方を知っておけば、無駄な転職活動を続けて失敗した!とならずに済みますよ!

地方への転職で抑えるべきポイント

地方への転職での重要なポイントは、

・転職先への交通手段
・自分の譲れない条件の決定

の2つを抑えておけば大丈夫です。

転職先への交通手段を調査

地方の会社は、駅から遠かったり、バスなどが通っていなかったりして、便利な場所に立地していないことがほとんどです。

地方といっても都市部の駅に近いところなら車がいらないこともありますが、外回りなどはほとんどが車をつかいます。

また、バスや電車などの、公共の交通機関があっても、1時間あたりの本数が少ないために通勤が簡単ではありません。

実際に私の地元にある会社は車がないと通勤できません。電車も一応あるのですが本数が少ないので通勤に使っている人はほぼいないのが現状です。

可能なら一度場所をチェックする

転職希望の会社をチェックすることが可能なら、一度自分で車を使って、場所を確認すると通勤のイメージが湧きます。

良い求人があって、面接の日が決まったら、出来るだけ自分の車で行けるようにするのがオススメです。

公共の交通機関であるバスなどは、時間通りに来ないケースがあるので、遅刻のリスクが高いです。

自分の譲れない条件を決めておく

地方の求人を探すときには、都心部と違って、案件数が少ないので、自分の希望にピッタリ合う仕事を見つけるのは簡単ではありません。というかほぼありません笑

求人探しをする際には、どこが譲れないポイントなのか?どこなら妥協しても良いのかなど、あらかじめ考えておくようにしておくといいでしょう。

特に給料や待遇面は都心部より下がることが多いですし、仕事内容もバリエーションが少ないです。

一人で幾つもの仕事をこなす必要があったり、求人情報で説明されていないような仕事内容をしなければいけない時があるので覚悟はしておかなければなりません。

物価が安いので給料減は気にならない

地方への転職は給料が少ないので、割に合わないように感じることもあるかも知れませんが、地方は家賃などの生活費が安いので、あまり給料が低いのは気になりません。求人を探すときには、土地の物価を考慮に入れながら、給料をチェックするようにすると良いでしょう。

地方への転職はエージェントを活用が常識

地方への転職は、かなり情報が少ないので自分のチカラだけで転職をしようとするのはかなり無謀なことです。

そこで、地方へ転職するときに役立つのが、転職エージェントです。

転職エージェントには、大手が運営しているものと地方に特化したものの二つがあり、それぞれに特徴があります。

大手の転職エージェントは、地方の求人を多く持っている上に転職関係のサポートを手厚くしてくれます。地方に特化している転職エージェントは、地元ならではの求人を持っていたり、地元の企業と密着していて融通が利きます。

転職エージェントは大手と地方特化両方を使う

転職エージェントを上手に使うには、大手と地方特化の両方のエージェントに登録することがコツです。転職エージェントは一つだけしか登録できないわけではありませんので、複数登録して担当者と相性の合うところに絞っていくのがいいでしょう。

都心部に住んでいると、地方の転職エージェントとすぐに面接が出来ないケースがあります。遠距離で面接が難しい場合は、電話やインターネット電話での打ち合わせが、多くなるので面接に行けないけどどうしよう…という心配はいりません。

転職エージェントを選ぶコツ

幾つかの転職サイトや転職エージェントは、高収入案件や、IT系の案件など、得意分野を持っています。キャリア相談が出来たり、推薦状などを作ってくれたり、面接対策をしてくれたりとサポートが充実している転職エージェントも多くあります。

自分がどんなサポートを必要としているかを規準にして、転職エージェントを選ぶと良いでしょう。ほとんどの転職エージェントは無料で登録できるので、転職のためにフル活用して下さい。

大企業からベンチャー企業までを、広く網羅している大手の転職エージェントは、必ず一つは含めておくと良いでしょう。

転職エージェントは地方の面接の調整もOK

転職エージェントを利用すると、面接日や時間をセッティングしてくれます。あなたが、その地方で仕事が合ったりする場合にも、同じ日に面接が出来るようにセッティングしてくれます。

地方での面接の場合、都心部から幾つかの会社の面接のために何日も通うのは、時間の面でも費用の面でも負担が掛かります。転職エージェントなら、各企業に掛け合って、面接日を同じ日にしてくれるので、何度も地方へ足を運ぶ必要がありません。

今している仕事を休む日も、1日や2日だけで十分でしょう。

転職エージェントは地方の企業をよく知っている

転職エージェントの担当は、既に地方の企業の仕事内容や仕事環境をよく知っています。自分の希望業種や、今までのキャリアに合う求人を、ピックアップしてくれるので、一人で転職活動を行うよりも転職が成功しやすいです。

地方に転職する場合の求人の探し方は、通勤手段を考慮に入れることが大切です。給料も都心部の仕事に比べて下がりますが、生活費も同じように下がる場合もあると覚えておいて下さい。急いで転職先を見つけたいときには、転職エージェントを利用すると、効率よく転職活動が出来ます。

ハローワークでも地方転職の支援を行っている

都市部から地方へ転職する場合には、ハローワークでも支援を行っています。

「ハローワークなんて今時…」と思うかもしれませんが、地方ではハローワークが強いところも多く中小で採用にお金をかけたくないようなところも多いため、転職エージェントよりも企業数は多く、掘り出し物の企業も埋まっています。

もちろん、ブラックだったり、空求人もあると思いますが地元の評判なども影響を受けやすいので都会ほどひどいところは少ないでしょう。地方に関してはハローワークも十分活用できます。

厚生労働省 地方就職支援コーナー
https://www.mhlw.go.jp/www2/topics/seido/anteikyoku/chihou_idou/sien01-1.htm

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする