精神的に楽な仕事とは?楽しく働ける会社に転職するには

人間関係や上司との関係など仕事においてストレスになることはたくさんあります。誰だって、できることなら、精神的に楽な仕事に就いて、あまりストレスを感じることのない毎日を送りたいと考えるでしょう。

今回は、精神的に楽な仕事とはどんな仕事でどのような点に注意すればいいのかを紹介します。「今の仕事は辛い」「精神的に楽な仕事に就きたい」と考えている人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

パターン化されている仕事は、精神的に楽である傾向が高い

自分1人の決断が会社の利益を大きく左右したり、その時々によって仕事の進め方を変えなければいけないような仕事は、ストレスがたまりやすいものです。一方で、パターン化しやすい仕事は、楽な精神状態で進められる傾向が高いと言えます。

・毎日の仕事の流れが、概ね同じである
・詳細なマニュアルがある
・人と関わることが少ない

このような仕事はパターン化しやすいです。やはり、パターン化されていることで余計な神経を使わなくてもいいため、楽な精神状態で進めやすいのではないでしょうか。

具体的な精神的に楽な仕事

では具体的に精神的に楽な仕事というのは、どのようなものがあるでしょうか。勘違いしないで欲しいのは、今回ご紹介するのは精神的に楽な仕事であって、必ずしも仕事自体が楽で誰にでもできるという意味ではありません。

事務職

事務職の場合は、ワード・エクセル・電話応対さえ行えれば、ほとんど一人前として扱われます。おそらく、どの職場の事務職も、ワードとエクセル業務が主なのではないでしょうか。(コピーなどの雑務もありますが、ワードとエクセルよりは断然簡単であるはずです)

・ワードで書類を作る
・エクセルで表計算を行う
・顧客からの電話に出る

と言った具合ですね。もちろん、ワード・エクセル・電話応対は、初心者の段階ですと、難しく感じてしまうものです。しかし、ワード・エクセル・電話応対などは、覚えてしまえば、あとは簡単です。ワード・エクセル・電話応対と、どの業務も、比較的パターン化しやすいものです。

つまり、事務職の仕事は、覚えてしまえば、その後は比較的簡単に進めることができるのです。ただし特殊な職場の事務やスタッフ対応が多い事務の場合は、人間関係も多いことがあるので必ずしも精神的に楽とはいえないこともあります。

配送職

時間に追われるような配送職は、精神的に楽ではない傾向にあります。しかし、比較的時間的に余裕があって追われることのない配送職であれは、そこまで精神的な辛さを感じることはないでしょう。

・きちんと配達をすれば、会社に貢献していることになる
・人と関わることが少ない(私の場合はポスティングがメインであったため)
・配達自体1人で行うため、職場内の人間関係トラブルも起きにくい

などが、配送職が精神的に楽であると感じる要因です。ただし、先述したように、時間指定配達サービスなどを行っている会社は、時間に追われてしまうこともあるので、精神的に辛さを感じやすいといえるでしょう。

製造職

製造職は、自分がすべきことを覚えてしまえば、その後は仕事がパターン化されやすいでしょう。ちなみに私は、家具に使われる部品のようなものの製造を行っていました。確かに、覚える前は大変でしたが、毎日することは同じでしたので、仕事を覚えてしまえば、精神的な辛さを感じることは少なかったです。

また、製造職は、社内社外ともに、人と関わる機会が少ないんですよね。そのため、人間関係トラブルも、起きにくいのではないのでしょうか。ただし、覚えるまでが大変すぎるモノを作る職場や、精密な技術を必要とする職場もあります。

このような職場は、1人1人に大きな責任感が生じやすく、精神的に辛さを感じてしまう人も多いようです。

「精神的に楽」な職種は、薄給の可能性が高い!?

「楽な仕事は給料が低い」とよく言われますよね。もちろん、傾向ではありますが、「楽な仕事は給料が低い」という傾向は、確かにあります。特に、「誰でもできる楽な仕事」は、より給料が低くなってしまう傾向にあるでしょう。

一方で、「楽ではあるが誰もができない仕事」は、給料が高くなる傾向にあります。

・専門知識を必要とする仕事
・資格を必要とする仕事
・豊富な経験や技術が重要になる仕事

などは、誰もができるわけではないので、楽な仕事であっても、給料は高くなる傾向にあるでしょう。例えば、「誰でもできる仕事内容がメインの一般事務」は、給料が低くなる傾向にあります。一方で、「簿記検定合格レベルの知識を必要とする経理事務」は、誰もができるわけではないので給料が高くなる傾向にあるのです。

ただ、誰もができるわけではない仕事に従事すると、それだけ責任感は強く感じないといけません。仮に、あなたが大きく失敗をしてしまうと、会社の損出にダイレクトにつながってしまうかもしれませんからね。「精神的に楽な仕事」につきたいなら薄給は覚悟して「誰でもできる仕事」に携わるべきなのかもしれません。

「営業は辛い」って聞くけど、実際にはどうなの?

「パターン化されている仕事は、精神的に楽である傾向が高い」と、先述いたしました。そう考えると、営業職はパターン化されている仕事ではないため、「精神的に辛い」と考えるのが自然ですよね。

営業職は、自分の裁量が、会社の利益を大きく左右します。また、臨機応変に、仕事を進めてゆかなければいけません。このように考えると、「営業は辛そう」と感じてしまうものでしょう。

しかし、「パターン化されている仕事は、精神的に楽である」というのは、あくまでも傾向の話です。また、「営業が辛い」というのも、傾向的な話です。実際に、営業職に従事していても、そこまでストレスを感じることなく、仕事をしている人もたくさんいます。

会社環境も、精神的に楽であるかに大きく直結する

ここまでは、主に職種の視点から、精神的に楽な仕事について考えてきました。しかし、精神的に楽であるかは、職種の選択も大切ですが、会社の選択も大切です。仮に「この仕事は精神的に楽である」と見込んで転職をしたとしても、転職先企業の環境が劣悪ですと、精神的に辛さを感じてしまうことでしょう。

・人間関係
・労働時間(残業や休日出勤の有無)
・出世競争

などなど、会社のさまざまな環境によって、精神状態は楽にも苦しくもなるものです。そのため、きちんと「この会社では精神的に楽な状態で働けるのか」という観点も大切にして、転職活動を進めてゆくべきでしょう。

どんな仕事も、ある程度はストレスを感じてしまうもの

確かに、社会人生活において、精神的に楽であることは、重要なのかもしれません。しかし、生きている以上は、ある程度のストレスは感じてしまうものでしょう。つまり、どのような仕事に携わったとしても、ある程度のストレスを感じるのは仕方のないことなのです。

だからこそ、ある程度のストレスに対しては、きちんと解消する術を持つことも重要なのではないでしょうか。

・休日に楽しめる趣味を見つける
・仕事が終わったあとに立ち寄れる、居心地のいい飲食店を見つける
・ストレス解消法について書かれた本を読んでみる

という具合に、ある程度のストレスには対処できるように工夫をするしかありません。
 

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする