仕事ができない人でも転職で逆転できる!次の会社で絶対に失敗しない方法

「自分は仕事ができない」「この仕事には向いていないかも」と、会社を辞めたい、転職したいと日々悩んでいる人も多いと思います。もし、あなたが「仕事ができないから辞めたい」と考えているのなら、積極的に転職を検討すべきです。

あなたの「仕事ができない」というのは、もしかしたら、単に仕事内容やその会社自体にあなたが合っていないだけなのかもしれません。そういった場合、転職することで生き生きと仕事に取り組めるようになるかもしれないからです。

そこで、この記事では「仕事ができないから辞めたい」と考えている人に向けて、どのように転職すべきか、次の会社ではどうすれば失敗しないかを紹介します。

仕事や職場には向き不向きがある

「仕事ができないから辞めたい」と考えてしまうと、どうしてもネガティブな感情を抱いてしまいがちです。

・「俺って社会の役に立たないのかな」
・「転職っていっても、受け入れてくれる会社があるのだろうか」
・「これから社会人としてやっていく自信がない」

という具合に、「仕事ができないから辞めたい」と考えてしまうと、さまざまな負の感情を抱いてしまうものです。

しかし、安心してください!

あなたのように「仕事ができないから辞めたい」と考えてしまう人は、意外なほどに大勢いるんです。仕事や会社に挫折している状態でネガティブな感情を消すことは難しいかもしれませんが「自分と同じ境遇の人は大勢いる」ということだけは、理解しておいてください。

「自分と同じ境遇の人は大勢いる」ということを、理解しているだけで、心の負担を軽くすることができるはずです。

今の仕事を続ける気がないのなら、転職をすべき

では、「仕事ができないから辞めたい」と考えた場合、どうすればいいのでしょうか。やはり選択肢として「転職を考える」べきなのは間違いありません。もちろん、心機一転して、今の仕事を続けるという選択肢もあります。

しかし心が折れてしまっている今の状態では転職して環境を変えて気持ちをリフレッシュした方が「1からまた頑張る!」という気持ちになりやすいのではないでしょうか。

転職活動はうまく進まない場合も多い

しかし心機一転、転職してがんばろうと思っても「仕事ができないから辞めたい」という転職動機の場合、転職活動はうまくいかない可能性が多いにあります。なぜなら、前職で「仕事ができない」という精神やスキルで積極的に欲しがる会社はないからです。

やはり「仕事ができないから辞めたい」というのが志望動機である人は、言いかたは悪いですが、誇れるスキルや職務経歴がない場合が多いんです。誇れるスキルや職務経歴がない場合は、どうしても転職活動がうまく進まないということになってしまいます。

なぜ「今の仕事」を選んだのか

転職活動を進めるにあたり、応募企業を選択してゆかなければなりません。仮に、応募企業の選択を誤ってしまうと、転職後が辛い毎日になりかねないでしょう。では、あなたはなぜ「今の会社」を選んだのでしょうか?

・「なんとなく」
・「給料が高かったから」
・「憧れていた業界だったから」

などなど、人それぞれ、今の会社を選んだ理由があるはずです。しかし、現にあなたは、「今の会社を辞めたい」と考えていることを、忘れてはいけません。つまり、今の会社を自分で選んだのにも関わらず、「今の会社を辞めたい」と考えているのです。

もし、今の会社を選んだときと同じような基準で、応募企業を選んでしまうと、再び「辞めたい」と考えてしまう可能性も多いにあります。今の会社を選んだときの基準や心境を、今一度思い返してみてください。

そして、今の会社を選んだときの基準や心境の甘さが、「今の会社を辞めたい」という考えにつながっているとしたら今回の転職活動では、そこを確実に改善しなければなりません。

現職の失敗を分析して、転職後は再発しないようにする

仕事で挫折してしまった場合、「仕事ができないから辞めたい」と思った理由が必ずあるはずです。転職活動においては、自分自身で「仕事ができないから辞めたい」と考えている理由を、理解しておくことが大切です。

・人間関係がストレスになり、職場で本領を発揮できない
・自分が思っているような仕事内容と違った
・過労が重なり、パフォーマンスを維持できない
・仕事が覚えられない、仕事での能力が不足している

などなど、必ず「仕事ができないから辞めたい」と思える理由があるはずですので、必ず見つけてみてください。そして、「仕事ができないから辞めたい」と思える理由を見つけたら、応募企業の選択においては、その理由が生じにくいと思える会社を選択することが大切です。

・人間関係がストレスになり、職場で本領を発揮できない
→人数が少ないアットホームな会社へ応募する

・自分が思っているような仕事内容と違った
→適職診断を受け、自信を持って「適職」だと思える職種へ応募する

・過労が重なり、パフォーマンスを維持できない
→自宅から近い会社や、残業が少ない会社に応募する

という具合に、「現職の仕事ができないから辞めたい」と思える理由が生じにくい会社を、応募企業として選択してください。

転職理由と志望動機は、説得力のあるものを用意する

転職活動における面接において、転職理由と志望動機は、必ず聞かれるといっても過言ではありません。したがって、転職理由と志望動機をまとめておき、面接時にちゃんと伝えられるようにしておくことが大切です。

いくら転職理由と志望動機をちゃんと伝えるといっても、馬鹿正直に伝えたら不利になることもあります。例えば、「私は今の会社の仕事ができないため、転職を決意しました」といったところで、不利になることは目に見えているでしょう。

転職理由や志望動機は、「採用を引き寄せるもの」を用意しておく必要があります。この、転職理由や志望動機については、ネットや書籍を参考にすることで、きちんと用意することができるはずです。必ず、面接の前には、転職理由と志望動機を用意しておくようにしましょう。

次の会社で失敗しない転職方法:まとめ

この記事では、「仕事ができないから辞めたい」と考えている人に向けて、どのように転職すべきかについて紹介しました。仕事ができないから辞めたい」と考えており、今の仕事を続ける気がないのであれば、転職を検討すべきでしょう。

ただ、「仕事ができないから辞めたい」というのが転職動機の人の場合、やはり転職活動がうまく進まない場合が多々あります。そのため、「転職活動がうまく進まないのは、立派な社会人になるための試練である」と捉えて転職活動に挑むことをおすすめします。

また、「仕事ができないから辞めたい」と思える理由をきちんと見つけて、その理由が生じにくい会社へ応募することも大切です。面接においては、転職理由と志望動機は、ほとんどの確率で聞かれます。したがって、面接前には、「説得力のある転職理由と志望動機を用意しておくこと」が大切です。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする