今の仕事がいやなら異業種へ!異業種への転職が成功する6つのポイント

自分の働いている業界にやりがいを感じていなかったり、業界自体の先が見えなかったり、職業的に向いていないと感じている…理由はさまざまですが別の業種に転職しようかな…と、あなたは考えていることでしょう。

気持ち的には異業種へ転職したいと考えていても「果たして内定をもらえるのか」「初めてでやっていけるのか」と普通はためらってしまいますよね。実はあなたが知らないだけで異業種へ転職できる可能性は意外なほどに高いのです。

そこで、この記事では異業種への転職を成功させるためのポイントについて紹介します。

異業種へ転職できる成功のポイント

転職は受け入れ先の企業も即戦力や前職の経験を期待しているところもあるので、異業種へ転職するというのは通常は厳しいものがあります。しかし、絶対に無理ということはありません。それどころか、職歴や面接でうまくアピールできれば年収アップや転職先で期待されることも可能です。

志望動機が明確

志望動機は、転職において採否を大きく左右するものといっても過言ではありません。例えば、いくら現職での実績があるとしても、志望動機でやる気がないと感じられてしまうと、採用されることはないでしょう。

一方で、現職での実績に自信がないとしても、志望動機でカバーして採用を勝ち取ったという例も珍しくありません。

これらは同業種での転職でもチェックされることです。異業種へ転職する場合は、より顕著になります。おそらく、会社側は、異業種に転職してこようとしているあなたを見て、さまざまな角度から不安に思うはずです。

・「同業種への転職のほうが楽なのに、なぜ異業種に転職しようとしているのか」
・「気が変わりやすい人なのかな。もしかしたら、またすぐに転職されるかも」
・「きちんと仕事を覚えて、戦力になってもらえるかな?」

という具合です。しかし、そんななかで、面接官を説得することができるものが、志望動機なのです。特に、異業種への転職においては、やる気を感じさせることがとても重要なのです。

現職での経験を活かす

いくら、異業種へ転職するとしても、「現職での経験を活かす」ということは大きな武器になります。

いくら、あなたが若いとしても「即戦力になれる」と応募先に判断されれば、とても優位に転職活動を進めることができます。ぜひ、そんな「現職での経験を活かすことができる」という点をアピールしてみてください

・履歴書
・職務経歴書
・面接

といったように即戦力アピールをする機会は、たくさんあります。
特に、職務経歴書には現職での経験をA4用紙にびっしりと書くことができます。

書類選考の段階で、即戦力アピールしたほうが、より採用に近づくことができるでしょう。そのため職務経歴書は特にしっかりと書いたほうがよいでしょう。

転職予定の異業種への資格がある

現職の経験を活かすことができる=即戦力になる
ということを、先に記載しましたが、この即戦力アピールは資格を持っていることで、より効力を持たせることができます。

資格を持つということは「その分野についての一定の技術や知識がある」ということなので、即戦力アピールに大きくつながるということは当たり前のことです。ただ、今から資格をとろうとするのは、現職を続けている状態で資格の勉強を行うので、なかなか難しいでしょう。

現職に勤めている以上は、その仕事を疎かにするべきではありません。しかし、もし資格取得のための時間を作ることができるのなら「転職したい異業種に関連する資格の勉強」を行った方がいいでしょう。

仮に、資格取得ができていなくても、資格の勉強をしていることが評価されることもあります。「まだ合格はしていないのですが、○○の分野までの学習は終えて、理解できています。○月までには合格できる予定です」という具合にアピールすれば、戦力になると感じる会社は少なくないはずです。

ビジョンがしっかりとしている

説得力のある将来の「ビジョン」をアピールすることができれば、より採用に近づくことができます。転職活動において評価されるビジョンとは、「転職したら何をやりたいのか」と「それを実現できる根拠」です。

ビジョンは、応募書類の段階でアピールするのはもちろんのこと、面接においても、自信を持って口にできなければいけません。

評価されるビジョンを考えるのは、難しいことです。
しかし、より転職活動を優位に進めるためにも、評価されるビジョンをスラスラといえるようにしておいてください。

そもそも、異業種に転職したいと考えているということは、「その業種に興味や関心がある」ということです。であるならば、「転職したら何をやりたいのか」と「それを実現できる根拠」は、何となくは浮かんでくるはずです。

あとは、それを説得力のある文章にして伝えられるように、まとめればいいだけです。

「異業種」への転職でも「希望職種」は現職と同じ

例えば、今まで営業職に従事していたとしましょう。この場合、例えば異業種への転職であるとしても、希望職種が営業であれば、採用される可能性は高まります。つまり、異業種への転職ではあるが、同じ営業職を希望しているから、採用されやすいということですね。

興味のある業種があって、どうしてもその業界で働いてみたいと考える人は、多いことでしょう。もし、希望職種にこだわりがないのでしたら、希望職種を現職と同じ職種にしてみてください。たとえ、異業種への転職だとしても、希望職種が現職と同じであれば、「戦力として活躍してもらえる」と評価されやすいものですよ。

あなたの年齢が若い(20代)

異業種への転職において、若いということは確実にプラスに働きます。いくら、即戦力であると評価されたとしても、異業種からの転職である限りは「教えることも多いだろう」と会社側は考えるものです。

・中堅以降(35歳以降)の人が、異業種から転職してきても、「教えたところでもう歳だし、長くは活躍してくれない」と思われがち
・若手(20代~30前半)の人が、異業種から転職してきた場合、「まだ若いから、教えて熟知してくれれば、長く活躍してくれる」と思われる

もしあなたが20代で異業種転職を望んでいるなら早いうちにした方が確実に転職できる可能性は高いといえます。

異業種への転職:最後に

あなたが、異業種へ転職を考えている理由は、なんですか?
今一度、「なぜ自分が異業種への転職を考えているのか」と、自分に問いかけてみてください。

・興味のある業種であり、その業種で働きたいと真に思うから
・自分の趣味が行かせる業種であるから
・その業種こそが、自分が社会貢献できる場であると感じたから
・現職が嫌で、今の業種から離れたいから
・なんとなく

絶対に忘れてもらいたくないことは「せっかく異業種への転職を考えたのだから前向きに行動をする」ということです。

あなたが今、その業種に対して少なからず「いいな」と思っているからこそ、異業種への転職を考えているはずです。この「いいな」という気持ちは、やる気を芽生えさせてくれます。 また、「いいな」という気持ちは、将来のビジョンを描くことにも役立ちます。

異業種への転職活動において、やる気とビジョンはとても重要です。
ぜひ、やる気とビジョンについて真剣に考え、新しい道を切り開いてください。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする