仕事の評価は簡単には上げられない!転職先で仕事の評価を上げる方法

自分では精一杯働いて会社に貢献していると思っていても思ったほど会社側から評価されないことってありますよね。

いくら自分では頑張っているつもりでも、会社から正当な評価をされないと仕事のやる気がなくなってしまいます。

「自分の働きを評価されたい」と考えるのなら、思い切って会社を変えて正当な評価をしてくれる会社を探すべきです。

しかし、本当に「仕事で評価されない」という理由だけで、転職をしてしまっても問題ないのでしょうか。

今回の記事では、今の仕事で評価をされない原因を考え、どうすれば仕事で評価されるようになるのかを解説します。

会社から評価されることで、年収アップや昇進、転職のしやすさが変わってくるので、自分をアピールする術を身につけてください。

仕事で評価されない原因を考えてみる

「仕事で評価されない」と感じているのなら、「なぜ仕事で評価されないのか」という点をまず考えてみることが大切です。仕事で評価されないからといって、その原因を理解せずに転職をしてしまうと、転職先でも同じ原因で評価されないかもしれません。

今の仕事に合っていない

そもそもあなたの資質が「今の仕事に合っていない」ということがあります。これは「仕事で評価されない原因」のなかでも特に多い理由です。どうしも向いていない職業というのはあります。仕事に合っていないければ、やる気もでないので仕事で評価されないのは仕方のないことかもしれません。

確かに、「今の仕事に合っていない」と聞くと、自分が悪いような気もします。しかし、「今の仕事に合っていない」という状況にいる人は、周りにもたくさんいるのです。決して、あなたが悪いわけではなく、偶然的な状況に過ぎないなのです。

代表的な原因:会社に評価体制がない

仕事で評価されない理由が、「会社に評価体制がない」という場合も非常に多くあります。例えば、大企業は周りに大勢の社員がいるため、あなたを評価しやすいですよね。反対に、零細企業の場合は、周りに少数の社員しかいないため、あなたを評価することは難しいのです。

評価制度のない会社
・小企業や零細企業
・大手でも少人数の部署
・ベンチャーなど歴史の浅い会社

などは、会社に評価体制がなく、仕事で評価されにくいという状況にもなりかねない可能性が高いでしょう。

上司と折り合いが悪い

あなたを評価する人間とあなたの相性が悪くギクシャクしている関係だと、正当に評価されないという場合があります。

これは単に上司があなたを嫌っているから、評価を落とすという場合もありますが、根本的に相性が悪い場合だと仕事のやり方や言動など、あなたの行動のいろいろなことが目に付くのでどうしても評価が悪くなってしまいます。

仕事で評価されたいのなら、転職するのが自然な道

上司と折り合いが悪い場合は、部署移動や評価者が変わることで評価も変わることが多いですが、そもそも上司の評価をそのまま受け入れている会社なので、あなたの評価が大幅に変わるという期待もあまり持てません。

そうなると、仕事で評価されたいと考える場合には、転職をするのが自然な道になります。「現職で評価されない原因」を理解していれば、評価されやすい転職先を見つけることができるはずです。

それぞれの原因で転職先を決める

例えば、「職種が合っていない」というのが、「現職で評価されない原因」であるとしましょう。この場合は、適職診断を受けてみてはどうでしょうか。適職診断を受けることで、自分の適職を理解することができ、自分に合っている職種への転職を実現させることができるはずです。

自分に合っている職種へ転職することができれば、評価されやすい状況を作ることができますよね。

ただし、先述したように、「評価体制がない会社」というのも存在します。そのため、求人票を閲覧する際には、「この会社はきちんと評価してくれる体制にあるのか」という点も、考えることが大切です。

仕事で評価されるには、新たに転職先で頑張る必要がある

評価されやすい転職先に入社することができたとしても、そこで頑張ることができなければ、やはり評価されることはないでしょう。

・どうすれば利益につながるかを考え、実際に実行し利益を上げる
・部下の教育に力を入れ、有能な部下をたくさんつくる
・上司の思惑をきちんと理解し、それに応えられるように尽力する

など、仕事で評価されるには、頑張る必要があります。特に、社員が多い会社ほど、評価されるためには人並以上(周りの社員以上)の努力することが大切でしょう。 

評価されやすい仕事に転職するのは自然なこと

実際に、私の周りにも、評価されやすい環境を求めて、転職を実現させた人はたくさんいます。

現に、あなたは「仕事で評価されない」ということで悩んでいます。しかし、転職をすることで、「評価されやすい仕事に就ける」という可能性も持っています。であるならば、「評価されやすい仕事に就ける」という目標を目指して、転職活動を進めてみてもいいのではないでしょうか。

現職に留まりながら転職活動を進めれば、転職活動を辞めても現職に留まることができます。きっと、転職活動を進めてみると、「転職活動は思っているよりも気楽だな」と思うことができるはずです。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする