派遣でもやり方次第で将来に活かせる!派遣社員のメリットとデメリットを紹介

正社員になれないから仕方なく派遣社員として働いていると「将来が不安…」「正社員になれるんだろうか…」と考えてしまいますよね。

しかし、派遣社員は必ずしも正社員にあぶれた人が仕方なくなるものではありません。働き方の一つの方法として、正社員へのステップアップとして派遣を活用している人も大勢います。

この記事では、派遣社員のメリットとデメリット、派遣社員というキャリアを将来にどう生かしていくべきかについて紹介します。派遣社員として単に仕事をこなすだけではなく、将来的な展望を考えることで派遣社員でいる不安を和らげることができますよ。

派遣社員のメリット

それではまず、派遣社員のメリットについて考えてみましょう。

正社員としては入りにくいレベルの会社で働ける

これは、個人の能力的に正社員として就職することは無理でも、派遣としてならそう言ったレベルの高い会社で働くことのできるという事です。新しいスキルの習得や、普段垣間見ることのできない世界を見ることができるのは、大きなメリットです。

給料の未払いリスクがほとんどない

派遣社員にとっての給料は、会社と社員個人間だけに存在する契約ではなく、必ずそこに契約会社が入っています。ですので、給料の未払いという事はほとんど起こりませんし、仮に起こったとしても派遣会社の方で適切な処理がなされます。

次の仕事が見つかりやすい

派遣社員の契約が満了した場合、他の仕事を見つけなければいけなくなりますが。
しかし、この場合も派遣会社の方で仕事を紹介してくれるので、仕事を探すことは自力で探すより容易になります。

責任が軽い

派遣社員の場合、当然正社員よりも仕事における責任は小さくなります。仕事上のトラブルやミスによるリスクマネージメントは、正社員よりもぐんとやりやすくなるのは間違いありません。

仕事の相談相手がいる

正社員と違って、派遣社員には派遣会社という大きな仕事上の相談相手が存在します。トラブルなどの際も、社内で相談するしかない正社員違い、公正な第3者として派遣会社に相談できることは想像以上のメリットと言えます。

時間の管理がきっちりとしている

派遣社員はその会社の社員ではないため、サービス残業をさせることはできません。あくまで派遣会社から借りている人材なのです。そのため、決められた時間、決められた内容の労働しかできず、サービス残業などは契約違反のためできないのです。また残業はある場合もありますが、必ず残業代は支給されます。

派遣社員のデメリット

では続いてデメリットを見てみましょう。

不安定さ

やはり正社員と比べた派遣社員のデメリットの大きな一つは、この不安定さにつきます。正社員でない以上、派遣社員は、派遣先の企業と折り合いが悪かったり不適格だと認定されてしまうと、契約を切られてしまうデメリットを常に抱えることになります。

3年以上勤務することは難しい

いかに、その仕事に適性があっても、また勤務先になじんだとしても、派遣社員のままで3年以上の勤務をすることはかなり難しくなってきます。ですので、一生の仕事というものは派遣社員のままではほぼ不可能です。

昇給や賞与はほぼない

まるでありえないという事ではありませんが、派遣社員に昇給や賞与はほとんどないと言って間違いないでしょう。

立場が弱い

派遣社員と言っても、正社員に比べ仕事が極端に簡単だったりするわけではありません。しかし、やはりそこには責任軽さからくる、立場の弱さというのは当然存在します。もちろんそれを気楽と捉えるのであれば問題ありませんが、仕事上における立場の弱さは、負い目や引け目に感じられることが多いのです。

派遣社員のメリットデメリットに見る特徴

さて、派遣社員のメリットとデメリットについてみてきましたが、そこには共通するものがあります。それが、派遣社員というものの存在の自由度です。メリットにおいては、責任の軽さなどの立場としての自由度であったり、契約会社という第3者をはさむことによって生まれる所属の自由度として反映されます。

しかしそれは同時に、デメリットとして、不安定さや給与面の待遇、立場の弱さにもなってくるわけです。これはある意味表裏一体のもので、どちらかをなくすという事はできません。この高い自由度があるからこそ生まれる様々なメリットデメリットをどうとらえるかが、派遣社員としてどう働くかにつながってくるのは言うまでもありません。

派遣社員から将来につなげるには

派遣社員のメリットもデメリットも、その自由度に根本が存在することがわかってきたと思います。そうです、その自由度こそが実は派遣社員の一番の特徴。そして、現在正社員として就職することが困難な人にとっては、この派遣社員の持つ自由度は、今後の正社員を目指すうえで大きな武器へとなり得るのです。

ここではその実例を見てみましょう。

派遣社員としてスキルを磨く

たとえば、あなたが正社員として就職することに自信を持てない原因が、そのスキルにあるとします。だとすれば、派遣社員として働くことで、あなたはそこでスキル磨きをすればいいのです。

メリットでも紹介したように、派遣社員としてならば、正社員としてはどう頑張っても無理だと思えるような会社で働くことができます。様々な業界で、その内情と仕事の流れを知る事もできるでしょう。そんな経験、その、派遣社員と積み重ねてきたすべてが、あなたの中でスキルに変わっていくのです。

派遣社員として適職を探す

派遣社員は、正社員と違って様々な職を経験できます。もしあなたが今まで正社員になろうとしてなれなかった原因に、いまいち就職活動に対するモチベーションが持てない現実があるなら、この適職探しがその活路を開くかもしれません。

様々な職を経験し、様々な仕事の現場を見ることで、あなたがどうしてもその道で生きていきたい職に出会う可能性は少なくありません。また、あなた個人の性格や特性にピッタリくる職業も、きっとあるはずです。

そのような職に巡り合い、高いモチベーションをもって就職活動を行った結果、晴れて正社員になれたとしたら、適職でない仕事を嫌々続ける正社員よりもむしろ、幸せなことかもしれませんよ。

参考記事
派遣社員から正社員になるには?スムーズに職を変えるためのポイントとは

派遣社員のメリットとデメリット:まとめ

いかがでしたか。確かに契約社員というものは、不安定で一生の仕事となる物ではないかもしれません。しかし、その契約社員として重ねた経験や、蓄積させたスキルは、きっと今のあなたをより成長させてくれることは間違いありません。

正社員になれずにいる現状で、契約社員になる事を躊躇する前に、まずは踏み出してみてはいかがですか。働き方が多様になった現代においては、むしろの道を通った方が、いきなり正社員になるよりも将来的にプラスになることだって大いにあり得るのですから。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする