仕事で精神的に限界…今の状態から脱出するにはどうすればいい?

もし、仕事で精神に限界をきたしているのなら、今の仕事からは逃れるのが得策です。そして、今後の方向性としては転職活動を進めるのが自然でしょう。この記事では、仕事で精神的に限界を感じている人に向けて、どうすべきかの方法を提案します。

精神的に限界なら今の仕事を離れるべき

人生を生きるうえでの大前提として、精神的に限界を感じるものがあるのであれば、原因を取り除くべきです。今の仕事が原因で、精神的に限界を感じているのであれば、今の仕事からは逃れることを考えるべきなのです。

いくら、人生の大部分を占める仕事であるとしても、その仕事が原因で精神に異常をきたした状態が続いてはいけません。

・仕事が原因で、著しいストレスを感じる
・仕事が原因で、食事をとっても味を感じることができない
・仕事が原因で、夜に眠ることができない

などなど、もし、仕事が原因で精神に限界を感じているのなら、仕事を辞めることを考えるべきでしょう。確かに、生活をしていくうえで、仕事が大切であることはいうまでもありません。しかし、仕事以上に、健康のほうが大切であるはずです。

精神に限界を感じているということは、心の健康が危うい状態であるといっても、過言ではありません。であるならば、仕事を続けることよりも、心の健康を気遣うほうが先決なのではないでしょうか。

精神科や心療内科に通う

精神的に限界を感じているのであれば、精神科や心療内科に通ってみるのも、1つの手でしょう。確かに、精神科や心療内科と聞くと、敷居が高いイメージを抱いてしまうかもしれません。しかし、敷居が高いイメージは、あくまでもイメージに過ぎません。

きっと、精神科や心療内科に通ってみることで、あなたの心の状態を、親身に診察してくれることでしょう。また、精神科や心療内科には、「仕事が原因で精神に限界を感じている人」も多く訪れています。つまり、精神科や心療内科の先生は、「仕事が原因で精神に限界を感じている人」を多く診ている実績があるのです。

「自分と同じような境遇の人を、先生は多く診ている」と考えると、とても心強くなることができるのではないでしょうか。

精神的に限界なら転職は避けられない

今の仕事を辞めたいと考える場合、転職活動を進めることは避けられません。今の職場で精神的にきつい原因を分析し次の転職先では、同じことで悩まないような職場にいくことが大切です。

・どのような職種が自分には合うのか
・どのような職場環境が自分には合うのか
・どのような職場に勤めれば、精神に限界を感じにくいのか

など、さまざまな観点から、転職について考えてみてください。このように、さまざまな観点から、転職について考えることで、自分にとって幸せな転職を実現させることができるはずです。また、具体的に転職活動を行動に移してみてもいいですね。

・転職サイトに登録をする
・求人票を閲覧する
・転職エージェントに登録をする

これらのことなら、今すぐにでも取り掛かることができるかもしれません。もしも、具体的な行動をする余裕があるのであれば「転職サイトに登録をする」「求人票を閲覧する」「転職エージェントに登録をする」などを行ってみてもいいでしょう。

具体的な行動をとっておくことで、実際に本格的に転職活動を進めるときに、スムーズに取り掛かることができます。

精神的に限界になった理由を理解する

転職活動を進める前には「なぜ精神的に限界になってしまったのか」という点をきちんと理解しておいてください。

・人間関係
・劣悪な労働環境
・職種が自分に合わなかった
・会社の方針が合わない

このように「なぜ精神的に限界になってしまったのか」という点が必ずあるはずです。「なぜ精神的に限界になってしまったのか」を理解することで「自分が精神的に追い込まれやすい状況」を把握することができるはずです。

そして「自分が精神的に追い込まれやすい状況」が生じにくい会社へ応募をすることで、転職後に精神の限界を感じにくくなります。

転職活動は仕事をしながら?辞めてから?

「いざ転職しよう」と考えた場合、どうしても付きまとってしまう問題が、「現職を続けながら転職活動をするか?」「辞めてから転職活動をするか?」という点です。

現職を続けながら転職活動をする

・職歴に空白期間が生じない
・転職活動において、企業ウケがいい
・採用が得られなくとも収入を維持できる

辞めてから転職活動をする

・職歴に空白期間が生じてしまう
・転職活動において、企業側から懸念を抱かれる
・採用が決まらない場合不安になる

このように「現職を続けながら転職活動をする」ことには、メリットがたくさんあります。一方で、「辞めてから転職活動」をする場合、デメリットがたくさんあるのです。そのため、可能であるならば、メリットがたくさんある「現職を続けながら転職活動をする」という選択をしたほうがいいでしょう。

そうはいっても、先述したように仕事よりも、健康のほうが大切なのは違いありません。もし「現職を続けながら転職活動をする」という選択をすることで、健康を害してしまうのなら、「辞めてから転職活動」という選択をしても仕方がありません。

いくら、「辞めてから転職活動」に多くのデメリットがあるとはいえ、健康を害してしまっては元も子もありませんからね。例えば、転職エージェントや主治医(通院している場合)などに相談をしてみても、的確な答えをもらえるかもしれません。

辛いということは立派な社会人に近づくチャンス

仕事で精神に限界を感じてしまった場合、どうしても感情はネガティブになりがちです。

・「どうして俺なんかが、こんなに辛い思いをしないといけないんだ…」
・「周りはバリバリ働いているのに… 置いていかれている気がする…」
・「この先、やっていける自信がない」

確かに、仕事において、精神に限界を感じないで済むのなら、それに越したことはないでしょう。しかし、現にあなたは、仕事において、精神に限界を感じてしまっているのです。であるのなら、それを受け入れるしかないのではないでしょうか。

長い長い、社会人人生です。誰もに、試練がやってくるはずです。そんな、「誰もにやってくる試練が、たまたま今やってきただけ」と考えることができれば、少しは気が楽になります。そして、そんな試練を受け入れることができれば、より立派な社会人に近づくことができるでしょう。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする