激務で給料が安いなら抜け出すしかない!激務と薄給ならどっちがマシ?

激務で薄給の職場に所属しているのなら、そんな職場に長くいる必要はないかもしれません。転職が可能ならそんな会社から抜け出すことで、せめて激務か薄給のどちらかだけにはできるでしょう。

では、どのようなことに注意すれば激務で薄給の会社から、抜け出すことができるのでしょうか。せめて激務か薄給のどちらかは回避したいですね。激務と薄給ならどちらの方がまだマシなのかは自分で考えておかなくてはなりません。

『激務』な職場は、『高給』である傾向が高い

一般的な傾向として激務な職場は、相対的に給料が高くなる傾向にあります。あなたの会社からは、仕事内容に見合った給料が支払われていますか?

・労働時間が長い
・体力勝負である
・離職率が高い

これらは、激務な職場に、よくありがちな状況です。やはり、人並以上に労働時間が長い職場は、それだけ給料が高くなる傾向にあるのです。また、激務な職場は、体力勝負であったり、離職率が高かったりするものです。

そのため、「すぐに辞めてもらいたくない」という思いから、給料を高くする会社もあるようです。

『楽な仕事』である職場は『薄給』である傾向が高い

反対に、楽な仕事である職場は、薄給である傾向が高いといえます。特に「誰にでもできる仕事」は、より薄給である傾向が強いといえます。

・労働時間が短い
・仕事が会社の利益に直結しない
・社員が辞めても、すぐに人が集まる
・仕事をする上で資格がいらない

などが薄給になりがちな、主な理由でしょう。とはいっても「楽な仕事は給料が低くなりがち」ということは、誰もがわかっていることです。

なにかを得るために、なにかを犠牲にするのは当たり前

例えば「多い給料」を得たい場合は、「激務」という犠牲を受け入れることで、「多い給料」を実現させやすいと考えることができます。反対に、「楽な仕事」を得たい場合は、「薄給」という犠牲を受け入れることで、実現させることができるかもしれません。

このように、社会人人生においても、なにかを得るためには、なにかを犠牲にする必要があります。もちろん、世の中には、「楽な仕事」でも「多い給料」を得ている人もいます。しかし、このような人も、なにかしらを犠牲にしているからこその結果なのです。

○確かに、「楽な仕事」なのに、「多い給料」を得ている人もいるが…
・一流大学に入るために、人並以上に勉強をした
・若いころは、資格取得と仕事との両立で大変だった
・一見、「楽な仕事」に見えるが、影では凄まじい努力をしている
・人脈やコネの力が強く上手く立ちまわれる

など、なにかを得ている以上は、なにかしらの犠牲を払っていることがほとんどです。

『激務』で『薄給』な職場は、自分を犠牲にしているだけ

なにかを得るためには、なにかを犠牲にしなければいけないことは確かですが、世の中には何も得られていないのにも関わらず、犠牲ばかりを払っている人もいます。

激務なのに薄給の職場で働いている

この、「激務なのに薄給の職場で働いている」は、まさに犠牲ばかり払っている状況なのではないでしょうか。このように、犠牲ばかりを払わなければいけない職場に勤めている場合は、抜け出すことも考えるべきでしょう。

激務かつ薄給の職場で働いているのなら、「本当にこの職場を続けるべきなのか」「将来もこの仕事を続けていけるか」という点を、考え直してみてください。

好きな仕事なら『激務』かつ『薄給』でも続けるべき

激務で薄給ならスグに会社を辞めたいところですが、続けるに値することもあります。それは、自分の好きな仕事ができる場合です。社会人になると仕事をしなければ生きて行けませんが、なにも楽で給与が高ければいいわけでもありません。

職場になにを大きく求めるかは、人それぞれです。自分がやりたいことで、仕事をしている時間が苦にならない、将来的に独立やスキルアップを視野にいれているので激務でもかまわないというなら無理に転職する必要はありません。

・給料の高さ
・プライベートな時間を確保しやすい
・仕事の楽しさ
・将来の展開を期待できる

というように、人それぞれ、職場に大きく求めるものは違うはずです。

「仕事の楽しさ」を求めることは毎日のモチベーションにつながりやすいため、仕事に求めることの上位にしてもいいでしょう。やはり、仕事は1日の大半を占めるので、仕事の時間が楽しいと、人生も充実しやすくなります。

今の仕事から脱出したいなら転職活動を進める

もちろん、今の仕事に嫌気が差しており、脱出したいと考えている人も多いことでしょう。この場合は、転職活動を進めていいでしょう。転職をして、より自分が活躍できる職場で働くことで、毎日を充実させることができるはずです。

転職活動をする場合には、「給料重視」であるのか、「仕事の楽さ重視」であるのかは、考えておいてください。しかし、例えば「給料重視」の人が、あまりにも高給の会社に転職してしまうと、やはり激務になってしまう可能性が高いでしょう。

難しいところですが、さまざまな視点から、転職後の生活を想像してみてください。転職後にどのような生活を送りたいのか考えることで、スムーズに応募企業を決めることができるはずです。
 

現職が激務だからこそ転職活動はきちんと計画する

「現職が激務だから転職をしたい」と考える場合、人並以上に、転職活動の計画はきちんと立ててください。当たり前ですが、現職の仕事と併行しつつ、転職活動も進めてゆかなければいけません。現職の仕事と転職活動との両立は、意外なほどに難しいのです。

・応募書類の制作
・面接日程の調整
・面接

など、転職活動において、行わなければいけないことは多くあります。さらに、このように転職で行わなければいけないことが多くあるなかで、今の仕事もきちんとこなさないといけません。だからこそ、きちんと転職活動の計画を立てないといけないのです。

転職エージェントの活用で効率よく転職活動を進められる

転職活動を進めようと考えているのなら転職エージェントを活用した方がスムーズに進められます。

・求人紹介
・応募書類作成のお手伝い
・面接アポの代行

このように、転職エージェントが与えてくれるサービスは、たくさんあります。特に、現職が激務だと限られた時間のなかで転職活動を進めなければいけないので、行き詰ってしまう人も多いようです。

例えば、あなたが仕事をしている間にも、転職エージェントは、あなたに最適な求人を探してくれます。また、なかなか日程が合わず、気まずくなりがちな面接アポも、転職エージェントが代行して行ってくれます。

ぜひ、現職が忙しいのなら、転職活動においては、転職エージェントを活用してみてください。きっと、1人で転職活動を進めるよりも、転職活動はうまく進むことでしょう。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする