再就職することが不安で怖い。ブランクが長い時に仕事復帰に向けてどうすればいい?

なんらかのきっかけで仕事を辞めてしまって、その後就職できずにブランクの期間が長くなると、不安を感じてしまいがちです。しかし、諦めずにじっくりと腰を据えて就職活動を行えば、いつか就職することは可能でしょう。

では、具体的にどのような就職活動を行えば、採用される可能性を高めることができるのでしょうか。

今までの現実を受け入れる

ブランクがあることに対して、悲観的な気持ちを抱いている人も多いことでしょう。確かに、ブランクがあることは、不利な就職活動につながりかねません。しかし、だからと言って、「ブランクがある事実」を変えることはできません。

ブランクを受入て就職活動するには、

ブランクはあるが、入社後はその会社の戦力になることをアピールする

しかありません。もちろん、世の中にはブランク期間が長いという現実を受け入れて、採用を勝ち取った人がたくさんいます。あなたも、きちんと就職活動を行うことで、採用をもらえる可能性は充分にあるのです。

ブランク期間が生じてしまった理由を理解する

ブランク期間が生じてしまった理由はなんですか? ブランク期間が生じてしまった理由を自分で十分に理解して、再就職後は二の舞を踏まないようにすることが大切です。

・職場での人間関係に悩んで退職し、その後再就職活動をする気が起きなかった
・衝動的に辞めて実家に戻ったものの、実家の居心地がよく、就職する気になれなかった
・責任重大な仕事を任されて、精神疾患にかかってしまった

ブランクができてしまった理由の中には、病気などで仕方のない場合もありますが、その場合でもしっかりと治療して再発しないようにしておくことが大切です。

どのような会社なら働くことができるのか

世の中にはたくさんの求人がありますが、そのような多くの求人のなかで、「問題なく働ける求人」を探す必要があります。例えば、ブランク期間が長いのにも関わらず、力勝負の仕事に就職してしまうと、体力が続かなくなって結局すぐに辞めてしまうということにもなりかねません。

きちんと、今の体や心の状態を理解して、「今の自分はどのような会社なら働くことができるのか」ということを考えることが大切なのです。

就職活動の計画を立てる

再就職に限った話ではないのですが、就職をするためには、計画を立てることはとても重要になってきます。特に、ブランク期間が長い人の就職活動ですと、不利な就職活動になりかねませんからね。だからこそ、きちんと計画を立てて、じっくりと就職活動を進めてゆくことが大切なのです。

時期的な目標を立てる

例えば、「○月○日までに転職先を決定する」といった具合に、時期的な目標を立てることをおすすめいたします。
なんとなく就職活動を進めてしまうと、不安になってしまいがちですからね。一方で、時期的な目標が定まっていれば、それに向かって突き進むことができるので、不安を和らげることもできるはずです。

目標を実現させる具体的な計画を立てる

例えば、「○月○日までに転職先を決定する」という、時期的な目標を立てたとしましょう。この場合は、「○月○日までに転職先を決定するためには、なにをすべきか」ということを考えることが大切です。

・求人票を見て、応募する会社を決定する
・応募書類を作成する
・ハローワークに登録をする

など、就職活動においてすべきことはたくさんありますね。このように、就職活動においてすべきことをまとめてゆき、「どうすれば目標を達成できるのか」と考えてゆくのです。

つまり、時期的な目標を立てて、「目標を達成するにはどうすればいいか」ということを考えてゆくということですね。このようにすることで、うまく就職活動を進めてゆくことができるでしょう。

就職活動への理解を深めると、計画を立てやすい

就職活動をする際には、就職活動について理解を深めるようにしてください。例えば、書籍やネットの情報を参考にしたり、ハローワークに相談をすることで、就職活動の理解を深めることができるはずです。

・就職活動の流れについて
・就職活動では、どんなことをするのか
・どれくらいの可能性で採用されるのか
・いい求人の見分け方

などなど、さまざまな角度から、就職活動についての理解を深めてゆくことが大切です。就職活動についての理解を深めることで、より計画を立てやすくすることができるでしょう。例えば、「なにをすればいいのか」など、転職活動についての理解が深まっていれば、簡単に考えることができるものですよ。

ブランクをフォローする履歴書を作成する

面接官や人事担当者は、ブランク期間の長い応募者に対して、さまざまな不安を抱いてしまうものです。

・「ブランク期間が長いのは、なにか本人に問題があるのでは?」
・「サボリ癖がついているのでは…?」
・「仕事観が衰えている可能性は高いな…」
・「またすぐに辞められてしまうのでは…?」
・「職場にうまく馴染んでくれるかな?」

という具合に、ブランク期間の長い応募者に対しては、不安が尽きないものです。だからこそ、書類選考の段階で、ブランク期間が長いことをフォローしてゆくことが大切なのです。

ブランク期間が長いのにも関わらず、その説明が書かれていないと、その時点で不採用となってしまうこともありますからね。ぜひ、履歴書の段階で、説得力のあるブランク期間の長い理由を記述して、ブランクをフォローできるようにしてください。

面接では「ブランクがある理由」を聞かれる!?

おそらく、履歴書にブランク期間が長い理由を書いたとしても、面接では「ブランクがある理由」を聞かれることでしょう。

・「なぜ、長い期間のブランクがあるのですか?」
・「働いていない期間が長い理由を教えてください」
・「ブランクがあるのには、なにか理由があるのですか?」

という感じに、おそらく面接では、「ブランクがある理由」を聞かれるはずです。したがって、「ブランクがある理由」を聞かれたときの答えを用意しておかなければいけません。

例えば、転職ガイド本やネットなんかには、「ブランクがある人向けの面接の受け答え」といった情報が掲載されていることもあるでしょう。また、ハローワークや転職エージェントのスタッフに、「ブランクがある理由を面接で聞かれたら、どのように答えればいいですか?」と聞いてみてもいいですね。

面接では自信を持って挑むようにしよう

「ブランクがある理由」を聞かれたときの答えを用意するなど、面接対策をきちんと行ったら、あとは自信を持って面接に挑むようにしましょう。「自信」というものは、顔や雰囲気に出てしまうものです。そのため、自信がない状態で面接に挑んでしまうと、なかなか採用を得ることはできません。

一方で、自信を持って面接に挑めば、採用に近づくことができるのです。そもそも、面接まで辿り着けたということは、一定の評価を受けているということですよ。だからこそ、純粋に自信を持って、面接に挑んでもらいたいのです。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする