合わない職場でストレスを感じるなら早めに会社を辞めた方がいい理由

どんなに給料がよくても、ホワイト企業であっても、自分と合わないと感じている職場でストレスを感じながら仕事を続けていくのは辛いですよね。

もしも、今の職場が合わないと感じているのであれば、どのように合わないのかを見極めたうえで会社に残るのか、転職をすべきなのかを検討しなくてはなりません。

この記事では、今の会社は自分には合わない、職場にストレスを感じているという人が、今後どのようにすればいいのかを提案します。

なぜ、職場が合わないと感じるのか

おそらく、あなたは「職場が合わずにストレスを感じている」からこそ、この記事を見ているのでしょう。ではなぜ、あなたは職場に合わないのでしょうか? この「今の職場が合わない理由」を、今一度考え直してみてください。

・人間関係が複雑である
・残業が多い
・職種に苦痛を感じる

人それぞれ「今の職場が合わないと感じる理由」を思い浮かべることができるはずです。それは、今抱えているストレスにもつながっているはずです。

今後、今の会社を辞めて転職活動をするとしても、「今の職場が合わない理由」を理解することなく転職活動を進めてしまうと「新しい転職先でも、また合わずストレスを感じてしまって辞めたい…」という状況になってしまう恐れがあります。

転職自体も、繰り返し過ぎると、「訳あり」と思われ、採用されにくくなってしまいますからね。だからこそ、転職活動を進めるのなら、次の転職先では長く勤められるようにしたいのです。

この、次の転職先では長く勤められるようにするためにも、「今の職場が合わない理由」をきちんと理解し、「自分がどんなことでストレスを感じやすいのか」ということを把握することが大切なのです。

転職をしないで済むのなら、転職はしないほうがいい?

転職をするということは、リスクを背負うということです。仮に、居心地のいい職場に転職することができれば、問題はないでしょう。しかし、居心地の悪い職場に転職をしてしまったら、「転職活動をした意味がなかった」と思ってしまうかもしれません。

・自分の思い描く職場環境と違った
・異職種へ転職したが、その職種も合わないと感じる
・転職先の人間関係が劣悪だった

などは、よく聞く転職後の悩みです。転職活動をするということは現職よりも悪い環境に身を置くかもしれないというリスクでもあるのです。そのため、転職活動をする際には、慎重になって進める必要があるのです。

例えば、転職エージェントを活用した人は、自分の思い描く転職を実現できる割合が多いです。どうしても、1人で転職活動を進めても、何をしていいのかわからなくなってしまいますからね。

一方で、転職エージェントという強い味方がいることで、心強い状態で、転職活動を進めることができるのではないでしょうか。もちろん「今の職場が合わない理由」もきちんと理解したうえで、転職活動を進めてください。

転職理由と志望動機は、きちんとまとめておきたい

転職面接において、必ず聞かれるといっても過言ではないものが、転職理由と志望動機です。

・「なぜ、転職を考えているのですか」
・「なぜ、当社を志望したのですか」
・「なぜ、○○職への転職を考えているのですか(異職種転職の場合)」

という具合に、聞かれることでしょう。当たり前ですが、この転職理由と志望動機を、きちんと答えることができなければ採用を勝ち取ることはできません。したがって、転職理由と志望動機は、きちんとまとめておく必要があるのです。

ただ、バカ正直に、転職理由や志望動機を答えても、採用はされないことでしょう。面接においては、嘘をつくことはいけませんが、バカ正直に答えることで、採用を遠ざけてしまうこともあるのです。

・「今の職場には合わないと思うので、転職を考えています」
・「今の職場の人間関係はストレスがたまるので、転職活動を進めています」
・「営業職は精神的に追い込まれるので、事務職への転職を希望します」

など、このようにバカ正直に答える応募者を、会社側は採用したいと思うでしょうか? ほとんどの会社は、「この人は入社後も問題を抱える可能性が高い」と評価して、採用を懸念してしまうはずです。

だからこそ、企業ウケのいい転職理由と志望動機を、きちんとまとめて、面接の際に答えられるようにしておきたいのです。ちなみに、転職理由や志望動機の作り方については、ネットや書籍を参考にすることで、有益な情報を手に入れることができるはずです。

ネットの場合は、大手転職サイトなどの情報を参考にすると、より有益な情報にたどり着きやすいものですよ。ぜひ、意中の会社への転職を実現させるためにも、転職理由と志望動機を、きちんとまとめるようにしてください。

ストレスが激しいなら今すぐ会社を辞めるべき!?

ストレスとうまく付き合ってゆけるのであれば、今の仕事を続けつつ、転職活動を進めてゆくのがいいでしょう。やはり、現職を続けながら転職活動を進めたほうが、企業ウケはいいものです。

・安定した収入がある
・入社後は簡単には辞めず、続けてもらえる
・仕事勘が鈍っていない

などと思ってもらえるため、現職を続けながら転職活動を進めたほうが、転職活動はうまく進みやすいのです。そのため、ストレスとうまく付き合っていけるのであれば、今の仕事を続けながら、転職活動を進めることをおすすめします。
 
ただ、今の時点でストレスを著しく感じているのなら、退職をしたり、休職をしたりと今すぐにでも対処をすべきです。確かに、現職を続けながら転職活動を進めたほうが、転職活動はうまく進みやすいものです。

しかし、ストレスを著しく感じているということは、心の健康が危うい状態です。転職活動のために、著しいストレスを我慢して現職を続けて、心の健康を害してしまっては、この先しっかりと働けません。

社会人にストレスはつきもの 自分なりの対処法を見つけたい

ただし、社会人生活を送る以上は、ストレスはつきものであることを忘れてはいけません。もちろん、著しいストレスを感じてしまうほどにまで追い込まれてしまうのは、問題のある状況でしょう。

しかし、社会人である以上、なにかしらのストレスが生じてしまうのは、当たり前です。したがって、社会人である以上は、自分なりのストレス解消法を見つけることが大切です。

・趣味を楽しむ
・居心地のいいカフェを見つける
・自宅にアロマを取り入れてみる

など、ぜひ、自分なりのストレス解消法を見つけてください。ちなみに、私の経験上で感じていることなのですが、睡眠にこだわってみると、ストレス解消につながりやすいです。

・寝具を上質なものにする
・睡眠前にはスマホを触らない
・寝室には仕事道具を置かない

などが、私が実践している、睡眠のこだわりです。やはり、睡眠は人生の多くを占めるからでしょうか。睡眠にこだわると、自然とストレスも感じにくくなるんですよね。ぜひ、あなたも「リラックスできる睡眠環境」を心がけてみてください。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする