年収500万円に届かないなら転職で実現すべき!今の会社では年収が上がらない可能性が高い

年齢にもよりますが、年収が500万円を超えるのは民間の企業の平均給与額を考えると、現在年収が500万円以下の人にとっては超えたいハードルといえるでしょう。国税庁によると、平成27年度の「民間給与の実態調査結果」では、男性サラリーマンの平均給与額は約520万円ということです。

参考:https://www.nta.go.jp/kohyo/press/press/2016/minkan/

これは、あくまでも平均なので520万円よりも多い人もいれば少ない人も当然います。ただ、結婚を考えたときに相手の女性も全国的な平均である年収500万円というのは大いに意識される数字てあり、500万円に達していない人にとっては目標とすべき数字なのです。

将来を考えると待っているだけでは実現できないかも

年収を上げるためには、今の会社に在籍しながら昇進をして昇給を待つというのも一つの方法です。しかし、いつか実現できるかもしれませんが早く年収アップが実現できれば婚活やマイホームをローンで購入するなどの人生設計がスムーズに進むことも確かです。

なにより職場の環境が同じ条件だとしたら、給与は多いほどいいに決まっています。

実は、転職をすることによって比較的早く年収500万円を達成できる可能性があるのです。この記事では、年収をアップさせるために、どうして転職がおすすめなのかを解説します。続けて、年収アップの確率を高めていく方法についても紹介していきます。

年収アップを希望するなら転職が早い

ある転職エージェントの統計では転職をした人の6割以上が前職の年収よりも転職後の年収が増えたというデータを公開しています。実際に転職によって年収がアップした事例はよく聞く話なので、条件はつきますが、基本的に転職をすると今まで以上の給料をもらえる確率は高いといえます。

そのために年収をアップさせたいときには、転職が手っ取り早い方法ということになります。特に現在は売り手市場なので多くの企業では人手不足が深刻な問題となり、自分の実績やスキルによっては、好条件で転職できる可能性が高いのです。

自分の価値が不安なら診断ツールを利用する

もし自分の実績やスキルが市場でどのくらい価値があるのか知りたい場合、転職サイトなどで自分の市場価値を診断できるツールがあります。そのような自己分析ツールを使って、自分の実績なら、どれくらいの年収がもらえるのかを確認してみると良いでしょう。

どんな職種を狙ったら良いの?

年収500万円以上を達成したいと思っても、やみくもに転職すればどこに行っても年収が上がるというわけではありません。では、年収500万円を達成したいときには、どんな企業を選んだら良いでしょうか。今までのキャリアもあるので、必ずしも以下の企業に転職できるわけではありませんが、参考として見てみてください。

 ・金融系の企業
 ・外資系の企業
 ・外資系のコンサルタント系企業
 ・IT系のベンチャー企業

以上のような業種や企業では転職による年収アップが大いに期待できます。年収が高い企業の代表格は金融系です。専門知識が必要な業界ですが、保険業界などを狙うと、営業職で中途採用される確率が高くて狙い目です。

次に外資系の企業は、学歴などは重視せずに、実力主義です。成果を出せば出すほど年収が上がっていくので、自分のスキルに自信がある場合には、年収を着実に上げていけるでしょう。プロジェクト責任者として経験を積んできたなら、外資兼コンサルタント企業では、大幅な年収アップが実現する可能性があります。

残業などは長い時間しなければならないですし、高い年収と引き換えに、相当のストレスにも耐えなければなりません。しかし、プロジェクトマネージャになることによって、500万円以上の年収を手に入れるのも夢ではありません。

IT系のベンチャー企業は、総じて年収が高い傾向があります。大手のIT系のベンチャー企業を狙うと、年収500万円、スキルや経験によってはさらに年収アップが期待できるでしょう。ただし、業界にいる人ならわかっているとは思いますが、年収が上がる分エンジニアとしての高い能力が求められたり、多くの残業時間が必要だったりします。

確実に年収をアップさせる方法

上記のような業種や企業に転職できれば絶対に年収が上がるというわけではありません。では、転職によって年収を着実に上げるには、どんな方法があるでしょうか。

 ・インセンティブ収入を得る
 ・色々な手当で事実上の年収アップを図る
 ・自分を雇うメリットをプレゼンする
 ・転職エージェントに年収交渉してもらう

インセンティブ収入を得る

外資系企業などに行くと、実績に応じたインセンティブ型の報酬となります。年功序列型の賃金システムが多い、日本企業とは違う点です。インセンティブタイプの賃金システムを採用している企業を選ぶと、年収アップを達成できます。

色々な手当で事実上の年収アップを図る

年収自体は今までの会社と変わらなくても、福利厚生や色々な手当で、実質的な年収がアップする場合があります。大きな企業ほど福利厚生が充実していることがあるので、住宅手当や家賃補助などの、支給の有無を確認しましょう。

自分を雇うメリットをプレゼンする

転職の際には何も考えずに面接を行うよりも、自分を雇うとどんなメリットが会社にあるかを、上手にプレゼンすると、年収が上がる可能性があります。ぜひ自分のスキルや実績をアピールすることと、年収アップの希望をセットにしてプレゼンして下さい。

転職エージェントに年収交渉してもらう

また、転職エージェントを利用すると年収交渉を行ってくれます。自分ではなかなか企業に対して年収交渉をするのは難しいと思いますが、転職エージェントはそれが仕事なのでダメ元でも交渉をかけてくれるでしょう。複数の企業から内定がでて複数の企業から入社を希望される人ならば、年収交渉によってさらに年収が上がることも期待できます。

女性の年収アップは難しい?

女性が年収アップを期待することは、不可能なのでしょうか。男性と違って、女性には妊娠や出産という、大きなライフイベントがあります。しかし、女性でも企業にとって魅力的なスキルや、プロジェクトの実績があれば年収アップの交渉が出来ます。

ほとんどの企業は、一定の割合で女性の社員を確保しておくことに、メリットがある事を知っているので、女性の年収アップは十分実現可能です。

年収アップの平均相場はどれくらい?

転職をした人たちは、どれくらい年収がアップしているのでしょうか。年収アップの平均相場は80万円前後です。転職をしたことによって、300万円の大幅アップを実現した人などもいることにはいますが、非常に少数派です。

企業もあなたの前職の年収を見ていて、そこから入社後の年収も検討しているので大幅にアップというのは、よほど優秀であったり、今までが異常に年収が低かったといったケースではないと難しいのです。また、専門的な知識と技術を持っていて、既に高い年収をもらっている人なども大きく年収が上がる可能性がありますが、それは特殊なケースと考えておきましょう。

年収が大きく上がるケース

年収が大きく上がる期待ができるのは、外資系企業やベンチャー企業です。ただ、転職したばかりの時に、そこまで年収が上がらなくても、少しずつ実績を積み重ねていくと給与は少しずつ上がっていきます。

特にベンチャー企業は実力によるところや会社の業績が大きく影響するので、会社が伸びていたり、あなた自身が会社からの信頼を大きく得ていたり、幾つものプロジェクトを成功させていったりすることで年収は上がっていくでしょう。

年収500万円に届かないなら転職で実現する:まとめ

転職した直後は、年収ばかりに気を取られるのでは無く、先ずは新しい会社でスキルアップしていくことに集中して下さい。数年後の自分をイメージしながら、実績を積んでいくようにしましょう。向上心を持って仕事をしていると、年収アップは後から付いてきます。

年収500万円は、今いる会社で出世を待っているより、転職した方が早く達成できるケースがあります。上手に転職をして、少しずつ年収アップを実現していきましょう。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする