20代女性が転職するにはキャリア形成や将来を見据えることが大事!

20代で女性が転職を考えるときには、将来どうなりたいかを十分に考えなければなりません。たとえば、結婚をして子どもは産みたいのか、結婚はしたいけど子どもはなしでバリバリ働きたいのか、その将来の展望によってどのようなキャリアを積むべきなのか違ってきます。

20代女性における転職活動だからこそ、チェックすべきポイントがたくさんあります。ぜひ、この記事を参考にして、悔いのない転職を実現させてください。

20代女性がチェックすべきポイントは2つ

20代女性が転職をするときにチェックすべきポイントは、大きく分けて2つあります。
1つ目は「キャリアについて」で、2つ目は「人生のイベントについて」です。

20代女性が転職するときにチェックすべきポイント

・キャリアについて→社会人として成長してゆける? 働きやすい職場? 昇給はどのくらい?
・人生のイベントについて→結婚・出産・子育ては問題なく行える?

20代女性の人が、転職活動を進める際には、「キャリアについて」と「人生イベント」についてをチェックすべきことが重要なのです。

20代女性がチェックすべきポイント ~キャリアについて~

まず、転職するときに20代女性がチェックすべきポイントとして、「キャリアについて」の観点から紹介いたします。「社会人として成長してゆきたい」「収入も上げてゆきたい」と考えている人は、ぜひとも参考にしてみてください。

給料や職場の雰囲気をきちんと見極めよう

転職活動においては、給料や職場の雰囲気を、きちんと見極めることが大切です。給料や職場の雰囲気が思っていたものと違うと、離職の原因になりかねませんからね。そのため、入社前の段階で、きちんと見極めておき、極力思い違いを防ぐことが大切です。

見極めたいポイント

・給料について→自分の希望する給料? 昇給は見込める? ボーナスは?
・職場の雰囲気について→自分の本領を発揮できる職場?

男女平等の観点から考えると、男女の給与に差はないのかもしれません。しかし、「女性の採用を前提としている求人」ですと、ほとんど昇給がない場合も多々あります。もちろん、給与額においては、求人票に書かれている額も大切です。

「将来もこの会社で問題なく働くことができるのか」という点からも、求人を見つめてゆくことをおすすめいたします。

雇用形態はどうなっているか?

男性に比べて女性は、「正社員じゃなく、契約社員や派遣でも問題ない」と考える人が多い傾向にあります。

・正社員
・契約社員
・派遣

などなど、転職活動において、雇用形態に悩む人は多いことでしょう。もちろん、その人の人生の選択において、「こうしなさい」と断言するべきではないでしょう。ただ、私の経験からいわせてもらうと、「正社員になれる可能性があるのなら、正社員を目指してもらいたい」というのが私の考えです。

というのも、「契約社員や派遣として転職したが、後悔してしまう女性」というのは、たくさんいるのです。また、統計をとったわけではありませんが、「結婚・出産・育児を経て働きたいときには、正社員のほうが有利なような気がする」という意見をよく聞きます。

契約社員や派遣として転職を考えている人は、「後悔してしまう可能性もある」ということを念頭に入れてもらいたいものです。

きちんとキャリアを形成させることができるか

今度、バリバリと仕事をしたいと考えていたり、高収入を得たいと考えるのであれば、「きちんとキャリアを形成させることができるのか」という点をチェックしたいものです。

・「バリバリと仕事をしたい」
・「高収入を得たい」
・「出産をして育児が一段落したら、職場復帰したい」
・「キャリアウーマンを目指したい」

などと考えるのであれば、ぜひとも「キャリアを形成させることができる会社」に入社してください。ちなみに、女性の採用を前提としている求人の場合は、「女性は結婚後は辞めるもの」と会社側が考えている場合もあるので、注意が必要です。

20代女性がチェックすべきポイント ~人生イベントについて~

ここでいう人生イベントとは、結婚・出産・育児のことです。女性である以上、結婚・出産・育児が、仕事の状況を左右してしまう可能性が多いにあります。したがって、20代女性である以上(結婚・出産・育児を今後迎える可能性があるのなら)、転職活動において、人生イベントの観点からもチェックしてゆかなければならないのです。

結婚・出産・育児に理解のある会社であるか

まず、結婚・出産・育児について、きちんと理解のある会社に入社する必要があります。もし、結婚・出産・育児について、理解のない会社に入社してしまうと、せっかくの人生イベントを台無しにしかねないのです。

・結婚
・出産
・育児

→「結婚」「出産」「育児」の3点について、理解のある会社に入社することが大切です。

とはいっても、「この会社は結婚・出産・育児について理解がある」と、入社前の段階で確信することはできませんよね。しかし、確信はできないとしても、「幅広い世代の女性がきちんと働くことができているか」「ママ世代も問題なく働けているか」という点を確かめることで、「結婚・出産・育児について理解がある可能性が高い会社」を見極めることはできます。

ここからは、「幅広い世代の女性がきちんと働くことができているか」「ママ世代も問題なく働けているか」について、詳しく紹介してゆきます。 

幅広い世代の女性がきちんと働くことができているか

幅広い世代の女性がきちんと働くことのできている会社は、「結婚・出産・育児について理解がある可能性が高い会社」だと考えることができます。20代~50代といった幅広い世代が、きちんと働けている会社というのは「結婚・出産・育児に携わった女性がきちんと働けている会社である」と考えることができるのではないでしょうか。

反対に、20代ばかりの会社というのは、「結婚・出産・育児を機に辞める人が多い傾向にある会社」であると考えることもできるはずです。

・会社のホームページやブログ
・面接時
・就職四季報女性版

などを活用することで、「幅広い世代の女性がきちんと働くことができているか」ということを知ることができるかもしれません。ぜひ、就職活動の際には、「幅広い世代の女性ががきちんと働くことができているか」という点を確認し、「自分が30代・40代・50代になっても働いている姿をイメージすることができる会社」に入社してもください。

ママ世代も問題なく働けているか

また、「ママ世代も問題なく働けているか」という点を確認することで、より「結婚・出産・育児について理解がある可能性が高い会社」を見極めることができます。ただし「ママ世代も問題なく働けているか」という点は、なかなか確認する方法がないんですよね。

・託児所があるかを確認する
・求人票に「子どもの急病時などには出社時刻を遅らせることができます」など、「ママに優しい会社」を謳っている
・口コミで確認する(ある程度規模の大きい会社の場合)

などが、「ママ世代も問題なく働けているか」という点を見極められる例でしょうか。もし、「この会社はママ世代も問題なく働けている」と確信できる会社があるのなら、積極的に応募をしてみてもいいのではないでしょうか。

転職エージェントを活用にすることで選択の幅が広がる

まだ、結婚もしていない状況ですと、面接で「育児をしながらでも働けますか?」といった内容の質問は、なかなかし辛いものですよね。そのようなときに、味方になってくれるのが、転職エージェントです。

転職エージェントは、あなたの希望や悩みを考慮しつつ、あなたに最適な求人を紹介してくれます。もちろん、転職エージェントとの面談は、面接とは全く関係ありませんので、「相談しにくい悩み」なども積極的に相談してもらいたいものです。

ぜひ、転職エージェントも大いに活用して、自分にとって素晴らしい転職の実現を目指してみてくださいね。

リクルートエージェント 総合評価: 4.56
国内最大手で登録求人数は公開、非公開合わせて10万件以上と群を抜いています。転職エージェントを活用するための、大手には必ずリクルートエージェントに登録すべきと言われるほど登録が必須です。担当者は相性などもありますが、口コミ、評判も高く人気のエージェントでいつも上位に位置しています。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
5.0点 4.7点 4.2点 4.8点 全国 4.1点
DODA 総合評価: 4.56
リクルートと並んで国内最大級の規模を誇るのがDODAです。転職活動が初めての人は、とりあえずこの大手2社と専門系の中小規模の転職エージェント1社に登録しておけばまず間違いがないでしょう。DODAの特徴は、案件の多さ、面接、担当者の質とどれもバランスよく揃っていること。後は担当者との相性だけが注意すべきところです。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
4.7点 4.6点 4.5点 4.4点 全国 4.6点
パソナキャリア 総合評価: 4.48
リクルートやDODAに比べると案件数や規模の面では劣りますが、パソナキャリアはなんといってもキャリアコンサルタントの質がよくサポートに定評があります。そのため、大手2社に中堅を混ぜるときには抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。特に履歴書・職務経歴書など応募書類添削サポートは業界随一と評判で派遣業も扱っているため、企業の内部事情にも詳しいという特徴があります。
案件数 面接対策 担当者の質 サポート
体制
対応地域 口コミ/評判
3.8点 4.9点 4.8点 4.7点 全国 4.2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする